ヒスパニックは人種か?〜スペイン語と中南米の歴史〜

ホモ・サピエンス生物種
https://ja.wikipedia.org/wiki/ヤノマミ族
広告

 アメリカ合衆国では、ヒスパニックという集団が存在する。しかし、俺らはヒスパニックが人種を表現しているのか、語族や文化を表現しているのかをはっきりと把握できない。以下では、俺はヒスパニックという集団を “東洋文明の視点” で君らに認識させる。

広告

ヒスパニックとは?

 俺の認識:ヒスパニックとは、モンゴロイド人種とコーカサス人種の中間種(中央アジア的中間種)である。

 ヒスパニックとは、モンゴロイド人種とコーカサス人種の中間種(中央アジア的中間種)である。さらに細分化すると、ヒスパニックとは、アメリカ小人種と地中海小人種の中間種である。アメリカ小人種はモンゴロイド人種の部分集合であり、地中海小人種はコーカサス人種の部分集合である。

地中海小人種の大部分はイベリア人(スペイン人)である。実際、ヒスパニックと呼ばれる人々はスペイン人のような容姿を持っている。ヒスパニックはモンゴロイド人種をスペイン人寄りにしたような顔を持つ。

人工と自然の区別

 アメリカ合衆国の人種分類はデタラメである。だから、彼らはヒスパニックをまるで人種のように扱う。しかし、俺の認識では、ヒスパニックという人種は存在しない。

奇妙なことに、白人は自然と人工を区別できない人々である。白人はアメリカ国民をアメリカ人と呼び、ユダヤ教徒をユダヤ人と呼ぶ。同様に、白人はスペイン文化を保有する中央アジア的中間種をヒスパニックと呼んでいる。

東洋人は自然(生物的事実)と人工を区別せよ。宗教や語族や文化や国籍は人工的な概念であり、生物的な事実でない。

歴史

 大虐殺時代(大航海時代)に、スペイン人はアメリカ大陸のモンゴロイド人種を虐殺して、モンゴロイド人種の雌を強姦した。その結果、スペイン人とモンゴロイド人種の中間種(中央アジア的中間種)が生まれた。一般的に、言語は父型が受け継がれるので、その中間種はスペイン語を受け継いだ。

その中央アジア的中間種の雄のY染色体はスペイン人由来であるだろう。中南米におけるコーカサス人種とモンゴロイド人種とネグロイド人種の混血は多様性と賛美されるべきでなく、虐殺と抹殺と黒人奴隷、そして強姦の結果である。当然、地中海人と白人による人種改良(人種交配)の結果でもある。

人種は混血によって生まれるか?

 人種は混血によって生まれない。人種は遺伝的な分岐によって生じる。むしろ、人種は混血によって浄化されて破壊される。

一部の人間が交配によってヒスパニックという人種が生まれたと主張するかもしれない。しかし、この種の主張は人種交配による人種浄化や民族浄化を正当化して、非常に危険である。もし新たな人種が交配によって生まれるならば、その時、悪意を持った人間は世界の人種を強制的に交配させて、新たな人種を作ったと主張するだろう。

しかし、実際に生じた歴史は遺伝子汚染であり、明確な人種浄化である。日常的には、もし白人が「俺らはスペイン人とアメリカ先住民を交配させて新たな人種を創造した」と主張するならば、俺らは違和感を覚えるだろう。なぜなら、彼らがやってきたことは人種浄化そのものであるのだから。