NIKEの広告と自称ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンの発言〜西側白人との中間種は歴史的な義務や責任を負うのか〜

ホモ・サピエンス生物種
https://ja.wikipedia.org/wiki/モーリー・ロバートソン
広告

 モーリー・ロバートソンはモンゴロイド人種とコーカサス人種の中間種である。彼は中央アジア的中間種のアメリカ国民である。彼は自称ジャーナリストであるが、彼の発言や行為には、人種的な侮辱や中傷がふんだんに含まれている。

以下で、俺は彼の発言の問題点を提示する。なお、彼の発言はこの種の中央アジア的中間種に一般化される。この種の人間は彼らの半分が日本人であることに甘えていて、味方のふりをしながら、日本人の不幸と抹殺願望を願っている。

ちなみに、俺はこの種の中間種をDavid Dukeのような白人至上主義者よりも嫌う。

広告

1章 モーリー・ロバートソンの発言

 下記の発言はモーリー・ロバートソンの発言である。彼は中央アジア的中間人であり、彼は歴史的な義務や責任を負うつもりがない。だから、彼は下記のような発言を実名で投稿する。

もし彼が完全な白人であったならば、彼は下記のような発言を絶対に投稿できない。なぜなら、白人は遺伝的に分岐された存在であり、彼らは歴史的に責任を負う主体である。だから、彼らはこの種の歴史に記録されそうな発言を不用意に投稿しない。

2章 モーリー・ロバートソンの心理

 モーリー・ロバートソンの心理 モーリー・ロバートソンは彼の半分がモンゴロイド人であることを嫌っている。

 モーリー・ロバートソンは彼の半分がモンゴロイド人であることを嫌っている。彼の半分はアジア人であり、彼はそのせいで白人の仲間入りを果たせない。だから、彼は私怨で、日本人いやつあたりをして、腹いせをぶつけている。

「日本人のせいで、俺は白人になれなかった!」

彼は白人にはビビって何も言えない。だから、彼はその不満と腹いせを日本人にぶつけて、やつあたりしている。この種の行為は大和民族の雌や大和民族の学者にも見られる。白人扱いされないのは、彼らが日本人であるからである。

だから、日本人が悪い。モーリー・ロバートソンのような中間種の大部分はこの種の非常に幼稚で軽蔑すべき精神を持っている。中間種の大部分は白人にはビビって何も言えないが、日本人に依存しつつ日本人を完全にバカにして、かつ甘えていて、やつあたりしている。

1節 自分と同じ苦しみを味合わせたい

 モーリー・ロバートソンは日本人のせいで、完全な白人になれなかった。だから、彼は日本人が人種的にも民族的にも抹殺されて欲しい。なぜなら、彼は日本人に彼と同じ苦しみを味わって欲しい。

 

3章 中央アジア的中間種の問題点

 中間種の問題点 西側白人との中央アジア的中間種は歴史的な義務や責任を負う主体でない。

 西側白人との中央アジア的中間種は歴史的な義務や責任を負う主体でない。西側白人との中間種は黒人奴隷貿易やモンゴロイド人種の虐殺や絶滅、そして原子力爆弾の投下の責任の主体である。しかし、彼らはこれらの事件に関する責任を一切負うつもりがないように見える。

実際、彼らの存在は1代で消滅する。だから、彼らはどこまでも無責任に生きることができる。東洋人や白人のみが、歴史的な義務や責任を負う立場に存在する一方、彼らは東洋人や白人をコロコロ使い分けて、責任を回避しようとする。この状態は相互性の欠如であり、悪い(レッドカード)。