偶然と必然

言語
https://unsplash.com/photos/Oze6U2m1oYU
広告

 以下では、俺は偶然と必然について述べるつもりである。

広告

偶然

 現在では、偶然は確率で説明されてきた。しかし、俺は偶然は確率と異なると審判する。偶然は自動的でない一方、確率は自動的である。以下では、俺は偶然が何であるのかを説明するつもりである。

定義

 俺系統の認識 偶然とは、ある主体がある自動的な運動を別の自動的な運動に自由意志で変化させる現象である。

 正確には、偶然とは、ある主体が自動的な運動を別の自動的な運動に自由意志で変化させる瞬間的現象である。より正確には、偶然とは、ある主体が自動的な運動を別の自動的な運動に自由意志で変化させる非自動的な瞬間的現象である。

例えば、ある主体がある自動的な運動aを別の自動的な運動bへと変化させた。この時、偶然という瞬間的な現象が生じる。自動的な運動aから別の自動的な運動bへの変化の点(転換点)が偶然である。記号で書くと、俺は次を獲得する。俺は自動的な運動aをaーで表現して、偶然をα・で表現する。この時、偶然はaーα・bーで表現される。

必然

 現在では、必然は理論物理的な決定論で説明されてきた。しかし、俺は必然を決定論から区別する。以下では、俺は必然が何であるのかを説明するつもりである。

定義

 俺系統の認識 必然とは、ある主体がある非動的な運動を別の非自動的な運動に目的意志で結びつける現象である。

 必然とは、ある主体がある非自動的な運動を別の非自動的な運動に目的意志で結びつける非自動的な現象である。より正確には、必然とは、ある主体がある偶然αを別の偶然βに目的意志で結びつける非自動的な現象である。数学っぽく書くと、f:α→βやf(α)=βのようなfそれ自体が必然である。

ある主体が実現したい運動をγとする。ある主体がその主体の運動をf:α→β、g:β→γのように目的意志で目的的に作っていく。結合を考えると、f+g=hとすると、h:α→γである。この時、γと言う運動が人工的に実現する。

電飛

言語
広告
俺らについて