鳥居啓子(KeikoUTorii)とワシントン大学と小保方晴子

広告

鳥居 啓子(とりい けいこ、1965年[3] – )は、日本植物学者。専門は植物発生遺伝学。学位は、博士(理学)筑波大学・1993年)(学位論文「Cell Differentiation of the Outermost Cells of Developing Endosperm in Carrot (ニンジン胚乳の最外層細胞における細胞分化)」)。テキサス大学オースティン校分子細胞生物学ハワードヒューズ医学研究所教授(ジョンソン•エンド•ジョンソンセンテニアル冠教授)[4]。2015年第35回猿橋賞受賞。東京都出身。

https://ja.wikipedia.org/wiki/鳥居啓子

 以下では、創造主は鳥居啓子に関する一般的な問題について述べるつもり。大和民族はまともな社会を形成できないので、彼らは小保方晴子のようなぶりっ子や鳥居啓子のような高慢で勘違いした雌を生み出す。その他の問題には、北村さえが存在する。彼女らをもぐらたたきのように叩いても、何も変わらないだろう。

広告

1.0 鳥居啓子

鳥居啓子の人種はモンゴロイド人種である。鳥居啓子の小人種は東洋小人種である。鳥居啓子の民族は大和民族である可能性があるが、鳥居啓子の部族は不明である。鳥居啓子のミトコンドリアDNAは不明である。

鳥居啓子の語族は日琉語族である。鳥居啓子の文明的な所属は西欧文明である。なぜなら、彼女はキリスト教徒、またはユダヤ教徒の西欧白人と結婚した。鳥居啓子の宗教は不明であるが、実質的にはキリスト教徒である。

個人的な印象では、鳥居啓子は発達障害やアスペルガーのような知的障害を持っているように思える。彼女の態度の異常な悪さはオタクの鉄オタの態度の悪さを連想させる。学者の一部は異常に態度の悪い人間が存在するが、彼らのそれは病的に見える。

2.0 問題点

2.1(儒教系統の認識) 大和民族の学者(分析者)はまともな社会を形成できないので、鳥居啓子のような横暴な分析者の雌の台頭を許す。

具体的な例を挙げると、重信房子と鳥居啓子は互いに似ている。上記の呟きが鳥居のものであり、かつ本当であるならば、鳥居の行為は暴力的な嫌がらせ(パワハラ)になる可能性がある。しかし、この種の雌は非常に横暴であり、被害者を”差別主義者“と侮辱して、泣き寝入りさせようとする。

また、この種のメスは他者に対する侮辱や中傷に抵抗がない。たとえ彼女が注意されるとしても、彼女らはその種の侮辱行為をやめるつもりがない。そのため、事が本当に大きくなって、大規模に炎上するまで、鳥居啓子は自己の行為を改めない。

一般的に、学者の世界は暴力や法から遠い。だから、鳥居啓子は殺されないと思って、または襲われても、西欧白人夫に泣きつけば良いと思って、どこまでもつけあがる。この種の個体の特徴は注意されてもやめない。痛い目にあうまで、彼女は彼女自身が何をやっているのかを認識することができない。

2.2(儒教系統の認識) 大和民族の学者(分析者)はまともな社会を形成できないので、知的障害者の台頭を許す。

その他には、病人やヤクザのオタサーの姫の台頭を許す。鳥居啓子の発言はしばしば炎上してきた。そして、彼女はその原因を”女性差別”と誤認識してきた。しかし、筆者の認識では、彼女は知的障害を持っている可能性がある。

田舎には、未診断の知的障害者が跋扈しているように、大学という田舎では、未診断の知的障害者が跋扈している。鳥居啓子彼女自身が未診断の知的障害者であるように思える。彼女の態度の悪さは”鉄オタ”の態度の悪さに本当に似ている。

2.3(儒教系統の認識) 鳥居啓子は西欧白人の夫と結婚すると、彼女は舞い上がり、かつつけあがり、有色人を人種的に見下すようになった。

日本モンゴロイド人の雌には、この種の個体が頻繁に観察される。一般的には、この種の振る舞いは”チンピラ仕草(大衆仕草)”であり、貴族階級はこの種の振る舞いを嫌う。天皇陛下はこの種の行為を絶対にしない。

けれども、鳥居のような平民を”先生“とおだてて、貴族ごっこさせるので、鳥居啓子はバナナやパンパンになってしまっている。上記の呟きも典型的なチンピラ仕草であり、フィリピン人やインド人のようである。植民地された有色人は英語を話すのがすごくて、偉いと心の底から信じきっている。それに対して、植民地を免れた有色人は自己の言語を保持して、西欧白人と対峙することを重視する。

鳥居啓子の誤認識は笑いと軽蔑を誘う。ほとんどの男性は上記の英語を読むことができるだろう。しかし、大和民族の民族言語はアングロ・サクソンの英語でなく、日本語である。この種のパンパンはなぜか英語を突然話して、有色人に馬乗り(マウント)を実行しようとするので、本当に驚く。知的障害者や統合失調症の患者が突然、自分しか知らない単語を披露して、医者を困惑させる様子を連想させる。鳥居啓子の行為は短大や高卒の白人に群がる獣と同じである。たとえ彼女が博士号を獲得するとしても、彼女の行為は平民や成金、短大や高卒の行為それ自体である。

また、欧州人がアメリカ先住民の言語を奪い、アングロ・サクソンの言語を強制している状態が白人帝国主義的である。鳥居啓子はアメリカ先住民の言語でなく、アングロ・サクソンの英語を崇拝して、彼女はその英語帝国主義の実質的な共犯者である。彼女の白人崇拝と英語崇拝は学問の歴史に記録されるべきである。

電飛

鳥居啓子の英語動画(youtube) 彼女の英語は他人を馬鹿にできるような水準でない。電街では、気が強いように振舞っているが、声が上ずっていて、オタク的である。
鳥居啓子の呟き場 分析者には、イキリオタクが多いように思える。殺意や暴力性が感じられない。

タイトルとURLをコピーしました