名古屋大学高橋雅英による女性教員比とペナルティー[男女平等と白人コンプ]

制度
http://livedoor.blogimg.jp/qwowp/imgs/2/0/20caabd0.jpg

 女性教員の比率を高めるため、名古屋大は、女性の増員数が目標を下回った部局に対し、ペナルティーとして2021年度の予算を減額することを決めた。奨励策もあわせて行い、女性登用を推し進めることで、教育・研究現場での多様な人材の確保につなげたい考えだ。文部科学省国立大学法人支援課は「奨励制度を設けている大学はあるが、ペナルティーは聞いたことがない」としている

https://www.yomiuri.co.jp/national/20200131-OYT1T50114/

 俺は上記の政策に反対である。俺は日本国の大学は一度解体されるべきであると審判した。以下で、上記の問題について語る。

日本人の学者気取りは自治能力を持っていない。彼らは狩猟民族か農耕民族へと、牧畜を経由せずに移行した。だから、彼らは人間を家畜に見立てて、統治するすべを持っていない。

彼らの統治能力はおままごとの域を出ていない。学級会が継続してきたような状況である。

1:誰が契約相手?

 日本人の学者気取りは契約を認識できない。科学事業は公共事業であり、その契約相手は日本国民である。だから、彼らは損害を契約相手に与えるべきでない。

日本人の学者気取りは白人や女性の顔色ばかりを見ている。彼らは契約を認識できない。だから、彼らは真理を主張すれば、彼らは相手が自分の想い通りに動くと考えてきた。

無能な女性研究者を強制的に雇用するとき、契約相手である学生や日本国民に損害を与える。日本人の学者は学生がお金を支払って授業を購入していることすら認識できない。腐った授業や腐った論文を出すことは損害を契約相手に与えている。

2:男女平等の意味

 男女平等の平等はキリスト教の神の下では皆平等から来ている。キリスト教でない東洋人がそれを真似する必要はない。大学が男女平等を行うことは、豚肉をイスラム教やユダヤ教に強制的に食べさせるようなものである。

無宗教の東洋人は男女平等を採用する必要がない。しかし、彼らはそんなことすら認識できない。日本人の学者の知的能力は未発達であり、キッズアイドルに近い。

キッズアイドルは彼ら自身が何をされているかを認識できなかったように、日本人の学者気取りは彼ら自身がキリスト教の精神に沿って生きてることすら認識できない。彼らは男女平等を日本国民に押し付けるべきでない。

3:なぜ高橋雅英はこの政策を?

 担当理事の高橋雅英副学長は「ペナルティーには否定的な意見もあったが、多様な教員の様々な考えがぶつかり合う状況が生まれれば、大学も活性化する」と話している。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20200131-OYT1T50114/

 上記の記事では、高橋雅英がこの政策に関係した。では、彼はなぜこの政策に賛成したのだろうか?彼は契約相手を一切見ていない。

  1. 女にモテたい。ちやほやされたい
  2. 白人になりたい。認められたい。

高橋雅英は国民の税金を搾取して、それを女にばらまく。その時、女は彼に感謝する。彼はこう期待してきた。

俺が学生であった時、科学者は男女平等を主張しながら、愛人を研究者として雇用していた。当然、高橋雅英が愛人を税金で雇用しているかは、わからない。

日本人の科学者は白人コンプである。だから、彼らは白人に認められるために、男女平等をやってる。その時、彼らは白人の仲間入りを果たせる。認められたい。褒められたい。

白人様
白人様

 高橋雅英は死ぬ前に良いことをして、ちやほやされたい。あるいは、魅力がなくなった老人が女性に優しくして好かれたい、孤独から解放されたいように見える。アジアの劣等さや中東の笛的な不公平な状態が観察された。個人的な感情で動いてる。

4:予想される状況

  1. 無能な女性教員とそれを批判できない男性教員
  2. バカな女のせいで、大学がめちゃくちゃになる
  3. 常に被害者ぶる女性教員
  4. 差別されてきたから出世できなかったと勘違いするばか女性教員
  5. 数学者の女性よりも優秀な男子生徒

 日本人の学者気取りは女に好かれたくて、媚をうる。誰かが女性を批判する時、この種の男性はその男性を差別主義者と糾弾して、解雇しようとする。その結果、彼らは差別と言われると、批判できないような環境を彼ら自身で作り上げるだろう。

大学が関西と同じような同和的な環境になるだろう。実際、日本人の学者は部族的に関西人や西日本人が多い。彼らは組織を統治する能力を持たないので、彼らは目の前でどンなに狂った状況が生じるとしても、彼らはビビって何も言えなくなるだろう。

小保方晴子のような女性教員が登場するとしても、彼らは女性差別と言われるのが怖くて、批判できなくなるだろう。しかし、その責任は日本人の研究者にある。

タイトルとURLをコピーしました