この指止めようの小竹海広(0dake)の問題点〜寺田心死ね〜

大和民族
https://twitter.com/0dake
広告

 小竹海広(0dake)は電網世界における誹謗中傷を廃止する活動を実行しようとしていた。けれども、小竹海広(0dake)は彼自身が誹謗中傷を繰り返していたことが発覚して炎上し、その矛盾を逆に批判されることになった。

大和民族の政治活動を見るとき、俺は大和民族はまともな政治活動を実行できない民族であると審判した。以下では、俺は小竹海広(0dake)の行為の問題点を提示する。

広告

小竹海広(0dake)の問題点

 小竹海広(0dake)の問題点:小竹海広(0dake)は自己の実現したい社会(ソサエティ)を持っていない。

 小竹海広(0dake)の問題点とは、小竹海広(0dake)は自己の実現したい社会(ソサエティ)を持っていないことである。だからこそ、小竹海広(0dake)は自己の宗教や善悪(レッドカード)すら明らかにせずに、彼は誹謗中傷を止めようという活動を試みる。個人的には、俺は小竹海広(0dake)がキリスト教由来の社会を実現したいのか、儒教由来の社会を実現したいのか、仏教由来の社会を実現したいのかすらわからない。

にも関わらず、小竹海広(0dake)はよくわからない政治活動にノリや雰囲気で関係する。その結果、彼の行為は支離滅裂であり、整合的でなくなる。もし小竹海広(0dake)が儒教由来の礼の社会を実現したいならば、その時、小竹海広(0dake)のtwitterでの発言は非常に矛盾した行為となる。

結局、小竹海広(0dake)は自己の実現したい社会を持っていないので、彼は儒教における他者に対する失礼な行為、またはキリスト教由来における差別的な行為を平気で繰り返す。俺が小竹海広(0dake)を見て、一番問題であると感じたのは、小竹海広(0dake)の宗教や善悪、そして規範意識のなさである。

実際の発言

 左の呟きは寺田心に対する完全に誹謗中傷である。俺の印象では、小竹海広は自己の宗教や善悪(レッドカード)を持っていないので、小竹海広はこの発言が悪であると判断できないように見える。小竹海広はなんとなく炎上して、怒られそうだから、この呟きを削除した。

もし小竹海広がこの発言を宗教的に悪いと判断しないならば、本来であれば、小竹海広は自己の行為を彼のロゴスで自己正当化する必要がある。けれども、小竹海広は自己の宗教や善悪、規範や確固たる信念を持っていないので、小竹海広はその場のノリや雰囲気、一億総お笑い芸人的なノリで、この種の発言を実行してしまう。

上記でも述べたが、結局のところ、大和民族の政治活動の問題点とは、大和民族は自己の実現したい社会(ソサエティ)を持たず、彼ら自身の言葉でそれを表現できないことである。だからこそ、彼らは白人のモノマネを繰り返したり、他人を叩きたい、苦情を言いたいという卑しい精神が原動力になっている。

61: 名無し 2021/05/28(金) 09:53:32.77 ID:NdyUcVGDM

寺田心ネタで遊んでたから感覚麻痺してるけど、冷静に考えると当時7才の子供に死ねって言ってるっていうとんでもない誹謗中傷だから草

https://nanjpost.com/konoyubitomeyo/

実際の発言

 個人的には、俺は小竹海広のこの呟きを批判するつもりはない。俺が疑問に感じるのは、小竹海広は自己の実現したい社会(ソサエティ)それ自体を持っていないように見えることである。もし小竹海広が儒教由来の礼の社会を実現したいならば、その時、小竹海広はこの種の行為を礼の観点から悪い(レッドカード)と判断できるだろう。

もしもし小竹海広がキリスト教由来の罪の社会を実現したいならば、その時、小竹海広はこの種の行為を罪や差別の観点から悪い(レッドカード)と判断できるだろう。けれども、俺の印象では、小竹海広は自分の行為に関する善悪(レッドカード)を何も持っていないように見える。だからこそ、小竹海広はノリで「寺田心死ね」と主張するし、ノリで誹謗中傷に反対する。

もし小竹海広が自己の宗教と善悪を持っていたならば、小竹海広は自己の行為を削除したり、逃げるのでなく、彼自身の言葉、彼自身のロゴスで自己正当化する必要がある。俺は小竹海広は自己の行為を善悪を小竹海広のロゴスで自己正当化できない。なぜなら、小竹海広は自己の宗教や善悪を持っていない。

小竹海広(0dake)の行為の批判に関する問題点

 問題点:小竹海広(0dake)の行為の批判者もまた他人の行為の矛盾をつきたいだけであり、自己の実現したい社会(ソサエティ)を持っていない。

 小竹海広(0dake)の行為の批判者もまた他人の行為の矛盾をつきたいだけである。彼らもまた自己の実現したい社会(ソサエティ)を持っていない。小竹海広側も彼の矛盾した行為に対する批判者も自己の実現したい社会を持っていない。

そのため、大和民族に政治活動を実行させると、彼らは白人の憑依芸から白人の霊言を繰り出す大川隆法か、大川隆法を疑似科学として論破する、苦情をつける論破者に分割される。例えば、白饅頭(御田寺圭)やわかり手(小山晃弘)や青識亜論も同様であるが、彼らはキリスト教におけるリベラルやフェミニズムの矛盾を突いて、マウンティングしたいだけであり、彼ら自身がどのような社会を実現したいのかを彼ら自身で表現できていない。

大和民族の政治活動は白人憑依芸を実行して白人の霊言を繰り出してくる幸福の科学の大川隆法型、または論理的な苦情者に二分される。

小竹海広がすべき行為

 小竹海広がすべき行為:小竹海広は自己の宗教や善悪を彼自身の言葉で表現して、小竹海広は自己の実現したい社会(ソサエティ)を彼自身の言葉で表現する必要がある。

 小竹海広は自己の宗教や善悪を彼自身の言葉で表現して、小竹海広は自己の実現したい社会(ソサエティ)を彼自身の言葉で表現する必要がある。小竹海広はキリスト教由来の社会(ソサエティ)を実現したいのだろうか?小竹海広は儒教教由来の社会(ソサエティ)を実現したいのだろうか?

加えて、小竹海広はどんな文明に所属しているのかを明らかにする必要がある。俺は小竹海広の宗教も善悪も彼が所属している文明も知ることができない。にも関わらず、小竹海広は白人ごっこを表面的に繰り返しているように見える。

小竹海広の謝罪

 小竹海広は彼の行為を謝罪したらしい。けれども、俺は小竹海広の行為それ自体に強く反対する。なぜなら、もし小竹海広がキリスト教徒でないならば、その時、小竹海広は彼の行為の罪を謝る必要はない。

個人的な印象では、小竹海広は他者の怒りを鎮めるために、意味もわからず、謝罪しているだけであるように見える。もし小竹海広が自己のきちんとした宗教を持ち、その宗教が授ける善悪に沿って行動していたならば、その時、小竹海広は不必要に謝罪していなかっただろう。結局、小竹海広は宗教が与える規範に沿って、行動しなかったので、彼は「とりあえず、謝っとけば、自然界の怒りが鎮まるだろう」という選択を自動的に実行した。

小竹海広の行為は未開社会における巫女やシャーマンと同じである。小竹海広は自分の行為の善悪を判断できないにも関わらず、魑魅魍魎が怒ったので、その怒りを鎮めるために、謝罪した。本来であれば、小竹海広に必要なのは、謝罪行為でなく、小竹海広の行為の善性の正当化である。大和民族にとって謝罪行為とは、自然界の怒りを鎮めるための儀式的行為である。