福島県出身の阿部華子(27)に対するサンフランシスコでのひき逃げの問題点〜クラウドファンディング〜

大和民族
広告

【ロサンゼルス=共同】米西部カリフォルニア州サンフランシスコで昨年十二月三十一日、日本人を含む女性二人がひき逃げされ、死亡していたことが分かった。地元メディアは四日までに、日本人女性が福島県出身のアベ・ハナコさん(27)と報じた。死亡したもう一人の女性とアベさんは面識がないとみられる。

https://www.chunichi.co.jp/article/180767

 下記では、俺は上記のひき逃げ事故の問題点を提示する。大和民族は島国の未開の民であり、彼らは社会性を持っていない。その結果、彼らは社会から導かれる歴史それ自体を認識していない。

h

広告

1章 問題点

 問題点:モンゴロイド人種がモンゴロイド人種のアメリカ大陸でコーカサス人種やネグロイド人種によって虐殺された。

 阿部華子(27)に対するひき逃げの問題点は上記である。もしモンゴロイド人種やコーカサス人種がサブサハラのネグロイド人種をサブサハラでひき逃げしたならば、その行為は厳しく罰されて、歴史に記録される必要がある。あるいは、俺らモンゴロイド人種がアボリジニをオーストラリア大陸でひき逃げするならば、その行為もまた白人をオーストラリアでひき逃げするよりも、より厳しく罰されるべきである。

上記では、さらに慰霊花も破壊されている。この種の行為もまた阿部の人種がモンゴロイド人種であることを考慮すれば、人種亭な侮辱行為である。もしコーカサス人種やネグロイド人種がアメリカ先住民を慰霊花を破壊するならば、その行為は人種に対する明確な侮辱である。

2章 大和民族の行為

 大和民族の行為:大和民族は「俺らの人種はアメリカ先住民やイヌイットと同じモンゴロイド人種である」と言え。

 大和民族は上記のように、「俺らの人種はアメリカ先住民やイヌイットと同じモンゴロイド人種である」と言え。アメリカ大陸における東洋人の社会的な地位がいつまでも低いのは、彼ら自身がモンゴロイド人種であることを強調しないからである。

アメリカ先住民をアメリカ大陸で殺すことは人種的にも歴史的にも非常に問題である。だから、大和民族は彼ら自身がモンゴロイド人種であるという事実を利用せよ。