元陸上自衛隊特殊作戦群初代群長の荒谷卓と大和民族(日本人)の人間社会の劣等性

大和民族
https://musubinosato.jp/oyaji/
広告

2021年01月26日 12:51

 なんで日本人の組織ってカルト化するんだろうね。あと三島由紀夫はただのゲイ的なマッチョ主義や反米民族主義者で、バーク系保守主義とは程遠い人物。

https://kenmomatome.blog.jp/archives/8498262.html

 荒谷卓の顔のデザインは東洋人にしては優れているので、彼は人気が出るように思える。しかし、俺は彼を見る時、彼は大和民族の駄目な部分を備えているように思える。以下では、俺は荒谷卓から見る大和民族の欠点を提示する。

広告

1章 荒谷卓の致命的な欠点〜システムの形成〜

 荒谷卓の致命的な欠点:荒谷卓を含む大和民族はまともな人間社会システムを形成できない。

 荒谷卓を含む大和民族に人間社会を形成させると、荒谷卓のようなホモ・サピエンスの群れが形成される。大和民族の群れは「公開キャバクラ型」と「合気道や気功の達人型」、そして「おばちゃん向け新興宗教型」に分類される。

1節 公開キャバクラ型

 ホモ・サピエンスの雌やオタク(脳が雌)が作る組織がこれである。そこでは、サークルの姫やホストような人間が応援される。日本では、漫画やアニメやドラマや映画は誰を応援するかが重要になっている。その結果、ドラマや漫画や映画は非常に安っぽい。

例えば、ジャニーズやAKBが公開キャバクラ型組織?である。そこでは、大和民族はイケメンや幼稚なアイドルを応援することに執着する。その結果、歌がどんなに下手でも、演技がどんなに下手でも「かわいい」と応援される。

実際、ジャニーズやAKBの歌やドラマは見るに耐えないほど幼稚である。しかし、ジャニーズやAKBの支持者はホストやキャバ嬢を応援しようとする。ちなみに、学者の作る組織も公開キャバクラ型であり、小保方晴子がその象徴である。

2節 合気道や気功の達人型

【触れずに倒す】合気道の達人がガチ勝負でまさかの・・・

 

 荒谷卓が作る組織がこれである。先生と呼ばれる達人が存在して、若い人間が先生についていく。しかし、そこには、正常な認識がなく、組織の中でしか通用しない。

日本国の大学組織のほとんどがこの形態である。彼らは研究室では神のように振る舞うが、彼らの振る舞いは研究室でしか通用しない。その結果、彼らは裸の王様になっている。

10年以上論文を書いていない数学者や英語論文がそもそもない三浦瑠璃のような奇妙な存在が「先生」と呼ばれ、「数学者」や「国際政治学者」として紹介される。荒谷と対談した五野井郁夫も理系水準でのまもとな英語論文がないだる。一般的に、文系は単なる雑文を「論文」と言ってごまかすが、彼らの論文はまさに「気功的な論文」である。

荒谷卓を批判する大学の研究者こそが荒谷卓的である。具体例は気功の達人の柳龍拳である。大和民族の男性(弁護士や学者など)はこの種の組織を作る。彼らは白人にビビって何も言えないくせに、先生と煽てられて、研究室や日本では高慢に振る舞う。

3節 おばちゃん向け新興宗教型

  日本の宗教とはこうあるべきだな。宗教の教義や理屈などを抜きして、とにかく触ると病気がなんとなく治り、なんとなく皆でわーっと楽しんでですね、なんとなく前向きな気分になれる、挨拶で気分が明るくなるみたいなね、そういうのが日本の宗教の一般的なものなのかなと、日本のよくあるおばちゃん向け宗教に対して、宗教としての合理性やあるいは聖典の確実性とかね、そういうことを聞いた私が野暮であった。

https://oreranitsuite.com/2020/11/12/coherent/

 最後の組織はおばちゃん向け新興宗教型であり、そこでは日本人は何となく良い雰囲気になって終わりみたいな群れを作る。例えば、彼らは白人になりたくて、白人気分を味わいたくて、白人に認められたくて、アメリカ大陸の多様性を賛美する。

しかし、その多様性は俺らモンゴロイド人種の虐殺と絶滅の結果である。彼らは雰囲気で多様性に賛美して、雰囲気で男女平等に賛成して、雰囲気で黒人に同情する。でも、アメリカ先住民やイヌイットは無視される。

おばちゃん向け新興宗教型では、政治活動における行為の歴史的な正当性や行為の宗教的な正当性は顧みられない。その結果、彼らは耶蘇でないのに、多様性や男女平等、LGBTに雰囲気で賛成しようとする。例えると、共産趣味のオタクみたいな政治活動を実行する。

2章 荒谷卓の致命的な欠点〜統治〜

 荒谷卓の致命的な欠点:荒谷卓を含む大和民族はシステムを統治できない。

 未開と文明の有無は統治に対する認識の有無である。しかし、日本人はシステムの形成をできないだけでなく、彼らは(白人様に与えられた)システムの統治すら満足にできない。日本人は統治が何かわからないのに、学問や真理を掲げて、統治に干渉しようとするので、素人っぽく見える。

1節 選手による統治者ごっこ

 荒谷卓は「おやじ」と呼ばれて、慕われているように思える。しかし、そのおやじはシステムの統治者でなく、単なる選手である。大和民族の社会では、なぜか選手が先生と呼ばれて、統治者をやろうとする。その結果、統治がごっこあそびに見える。

例えば、学者が政治家に影響を与えてブレーンと称して統治者になろうとする。岩田健太郎のような医者がコロナウイルスに関して政治家になろうとする。あるいは、俳優や俳優を与えるジャニーズ事務所が映画監督よりも権力を持って、統治できなくなる。

荒谷卓が素人くさいのは、彼が統治者でないからである。日本人は未開であり、統治が何かを認識できない。だから、単なる人体の修理者が先生と呼ばれて、国民を医学という真理で統治しようとする。あるいは、システムの分析者でしかない副産物がサッカーの選手や統治者になろうとする。修理者も分析者も、そして戦闘者も統治者でない。しかし、統治に関係しようとするので、彼らは素人くさくなる。

2節 軍人は統治者か?

 軍人はシステムの統治者でなく、システムの中の単なる選手である。彼らが統治者をやろうとするとき、彼らはシステムの統治に失敗する。なぜなら、彼らは戦闘者や破壊者であるので、統治能力を持っていないことがしばしばある。

軍人の役割には、例えば、システムの境界を物理的に拡大したり、システムの境界を防御することがある。軍人はシステムにおける選手であり、システムの維持、敵への攻撃、敵の破壊、防御、システムの境界の拡大や維持を担う。それらの仕事はシステムの管理や統治でない。

荒谷卓は少し危険な組織を作っているように見える。俺は彼を批判しないが、個人的な印象では、荒谷卓はシステムを形成する能力もそのシステムを統治する能力も持っていないように見える。だからこそ、荒谷卓は怪しい組織しか作れないでもがいているように見える。彼は白人様が作り与えたシステムの中で振る舞う選手としては優秀であるだろう。

3章 軍と死生観及び世界観

 軍と死生観及び世界観:軍には、ある程度統一された死生観と世界観が必要である。

 大和民族の科学者や数学者は死生観や世界観の必要性をうまく認識していない。その結果、彼らは自然界に無関係な世界観や死生観を否定する傾向にある。なぜなら、上記の呟きのように、彼らは彼ら自身の人間社会を彼ら自身で作る意志を持っていない。

彼らは自己の社会を彼ら自身で作る意志がない方こそ、彼らは死生観や世界観の必要性がいまいちわかっていない。他人の世界観や死生観を馬鹿にするならば、科学者や数学者はより優れた世界観や死生観を荒谷に与える必要がある。

軍隊を統治するためには、死生観が絶対に必要であるが、無能な科学者は死生観の必要性すら認識していない。軍人は実際に死ぬので、生きる目的や意味、死ぬ目的や意味が必ず必要である。統治者や社会システムの形成者、つまり教祖はそれらを与える必要がある。

 実際、アメリカでは、キリスト教の死生観や世界観が軍人に与えられているだろう。なぜなら、軍人は実際に死ぬからである。白人の米国民は社会性を持っているので、彼らは宗教の重要性、死生観や世界観の重要性をきちんと認識している。

1節 ダメな例

 左の人間は典型的に駄目な人間の例である。荒谷の世界観には、深刻な問題が存在するのは事実である。しかし、もしSinが彼の世界観を批判するならば、彼は世界観や死生観を荒谷に与える必要がある。

大和民族は他人の世界観や死生観を笑うが、彼らはそれらを自衛隊や軍人に与えようとしない。彼らは軍人が科学的な世界?から逸脱せず、死んだら終わりという無慈悲な現実を受け入れて、かつ左翼という名の下で国家を否定し、かつ何かあれば助けて欲しいというありえないような動物的衝動を抱いてきた。

国家や天皇のために死ぬことも国粋主義や右翼と侮辱され、かつ科学的な情報からの逸脱を許さない、けれども命をかけるためにふさわしい死生観や世界観すら提示しない。しかし、トンデモといって荒谷を侮辱しようとする。俺は彼の世界観や死生観に賛成しないが、同時に、彼が命をかける軍人であることを考慮すると、俺は彼の世界観や死生観を笑う気にはなれない(ソーカル事件とは意味合いが異なる)。荒谷卓は自己の人工的な死生観や世界観を持っていないので苦しんでいるように思える。

2節 どんな世界観と死生観が軍に必要か?

 軍人は戦場で実際に死ぬ可能性が存在する。だから、社会に必須である軍隊を機能させるためには、彼らには死生観や世界観が必ず必要である。では、どのような世界観が必要であるのだろうか?

その世界観とは、実際に死ねる世界観や死生観である。大和民族の科学者は狩猟民族的であり、彼らは人間社会それ自体を形成・かつ認識できない。だから、彼らは科学的な世界観で十分であると感じているように見える。しかし、科学的な世界観には深刻な欠点が存在する。

それは軍人は科学的な世界観のために死のうとしないことである。だからこそ、宗教的な世界観、それは必ずしも自然界に関する情報製造に一致しない世界観が必要になってくる。当然であるが、異なる国家や文明が衝突するとき、科学的な世界観では、不十分である。なぜなら、人間は人類も動物も物質も共通した世界観、つまり科学的な世界観のために死のうとしない。敵と同じ世界観を持って死ぬのは非常に難しいだろう。