バイデン次期大統領による内閣の男女同数〜米通商代表部のキャサリン・タイ(Katherine Tai)とイエレン財務長官〜

欧州小人種
https://ja.wikipedia.org/wiki/ジョー・バイデン
広告

 【ワシントン共同】米国のバイデン次期大統領は8日、経済分野の政権人事を発表し、計24人の閣僚の指名発表を終えた。バイデン氏は「内閣は初めて男女同数となる」と述べ、女性の積極登用をアピールした。人種面でも過半数が非白人になるとし、米社会の多様性を政権の顔ぶれに反映させたと強調した。

https://this.kiji.is/720415258138951680

 俺はキリスト教徒でないので、男女同数に反対する。俺はキャサリン・タイの採用に賛成する。以下で、俺は上記の速報の問題点を提示する。

なお、アメリカ大陸の多様性は俺らモンゴロイド人種の虐殺の結果である。だから、俺らはその虐殺を肯定的に評価するべきでない。

広告

1章 バイデン次期大統領の行為の意味

 行為の意味:キリスト教では、平等が善である。だから、男女の数を同数にすることも善である。

 バイデン次期大統領はキリスト教徒である。キリスト教では、人間は皆平等であるので、黒人も白人もアジア人も平等であり、男も女も平等である(べき)である。それが彼らの創造主の意志であり、人間が現実世界に実現させるべき行為である。

バイデン次期大統領の行為は宗教的には善であり、正当である。もし君が違和感を覚えて、公平性や同数でなく実力で選択するべきと考えるならば、君はキリスト教徒でない。

2章 大和民族の善な応答

 善な応答:大和民族はキリスト教やユダヤ教の男女平等に反対する。その上で、モンゴロイド人種の内閣への採用に賛成する。

 バイデンはキャサリン・タイを採用した。この行為はモンゴロイド人種によって善である。なぜなら、彼女の人種はアメリカ先住民やイヌイットと同じモンゴロイド人種である。モンゴロイド人種が彼らの自然な生息地で採用されることは自然であり、正当である。

だから、俺らモンゴロイド人種はタイ氏の採用を善と判断する必要がある。当然であるが、アメリカ大陸で、モンゴロイド人種が統治者になれないのは、サブサハラでネグロイド人種が統治者になれないことに等しい。この状態は奴隷状態であり、タイの採用は奴隷状態への開放に一歩近づいたことになる。

また、俺らは大統領がアメリカ先住民やイヌイットでないことをきちんと批判していく必要がある。

3章 大和民族の雌の反応

 大和民族の雌の反応:大和民族の雌は日本も米国を見習って、男女平等にすべきであると主張する。

 大和民族の雌はフィリピン人と同じように白人崇拝者である。加えて、この種の動物は宗教それ自体を認識できないので、バイデンの行為が宗教的な正当性に基づいていることを認識できない。だからこそ、動物は日本も男女平等にすべきであると主張する。

当然、動物の主張には、イタコと責任回避の悪意が含まれている。白人の意見を主張すれば、雌はその意見の責任と後始末を負わなくて良いと感じている。白人の意見を引用すれば、神様の意見を引用すれば、「私たちは悪くない。だって、白人が言ったんだもん」と返答できる。

発言行為の主体の責任を白人に押し付け、東洋人を宗教的に侮辱しつつ、男女平等や同数の名前の下で、良い社会的な地位のみを獲得したい。この種の卑しい本性が見え隠れする。もし彼らが男女平等を主張するならば、彼らは発言行為の責任を彼ら自身で取るべきである。

タイトルとURLをコピーしました