西部草原牧畜民(Western Steppe Herders)

欧州小人種
https://unsplash.com/photos/niOUSRePe0g
広告

 俺は西部草原牧畜民が現代の欧州人の直接的な先祖であると感じる。

広告

西部草原牧畜民

ハプログループ

 俺の認識 西部草原牧畜民の雄はY染色体ハプログループR系統を持つ。

 実際には、西部草原牧畜民の雄はY染色体ハプログループR1bを持つかもしれない。個人的な印象では、西部草原牧畜民の雄はY染色体ハプログループR1bを持ち、東部狩猟採集民がY染色体ハプログループR1aを持つ。多くの例外が存在するが、西部草原牧畜民はミトコンドリアハプログループUを持つ。

人種的な形質

 俺の認識 西部草原牧畜民は明るい色の肌を持つ。

 wikipediaを読むと、時代や文化に応じて、西部草原牧畜民は異なる髪の色や目の色を持つように感じる。例えば、初期青銅器におけるヤムナ文化では、西部草原牧畜民は茶色の眼と黒い髪を持った。一方、縄目土文化では、青い眼が観察されたらしいが、彼らが西部草原牧畜民であるのかは俺にとって不明である。

個人的な印象では、俺は東部狩猟採集民が金髪を持っていたように感じる。一方、西部草原牧畜民は金髪を持っていなかったのでないかと(現時点では)勘ぐる。

Western Steppe Herders are considered descended from Eastern Hunter-Gatherers (EHGs) who reproduced with Caucasus Hunter-Gatherers (CHGs), and the WSH component is analysed as an admixture of EHG and CHG ancestral components in roughly equal proportions, with the majority of the Y-DNA haplogroup contribution from EHG males. 

https://en.wikipedia.org/wiki/Western_Steppe_Herders

上記を見ると、(俺の英語の読みが間違いでなければ)西部草原牧畜民は東部狩猟採取民とコーカサス狩猟民が同じ割合で交雑した人々であるように見える。ただし、父系はY染色体ハプログループRであり、それは東部狩猟採集民由来である。俺は東部狩猟採集民をY染色体ハプログループR1aを持つと感じていたので、俺の感覚に反するように感じる。

まとめると、東部狩猟採集民がコーカサス狩猟民と等しい割合で合体して、牧畜という生活形態を獲得した結果、西部草原牧畜民が生まれたように感じる。個人的な印象では、西部草原牧畜民は(完全な)コーカサス人種的な顔(堀の深い顔)をコーカサス狩猟採集民から獲得したように感じる。もし濃い顔を持ったアメリカ先住民がアルメニア人と交雑するならば、その中間種は骨格的にはほとんどコーカサス人種的に見えるように感じる。

現代欧州人に関しては、アナトリア農耕民の寄与も存在したかもしれない。欧州人は非常に肌の色に拘り、彼らは人間を黒人や白人など肌の色で区分してきた。俺の霊感では、欧州人にとって、彼らの肌の色のみが明確な自己であるので、彼らは肌の色に深層心理的に執着してきたように見える。