橋本聖子会長による女性理事11人増で比率40%実現へ〜東京五輪組織委〜

大和民族
広告

 東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会が来週にも、女性理事を11人増やして割合を40%に引き上げる方針を固めた。複数の大会関係者への取材で26日わかった。森喜朗前会長の女性蔑視発言を受け、18日に就任した橋本聖子会長が推進する男女平等の施策の一環。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5556e28277345cd1331bcdc1c1645038e681a47b
広告

男女平等の意味

 男女平等の意味:男女平等の平等はキリスト教の「創造主の下では皆平等である」に由来する。

 男女平等の平等はキリスト教の「創造主の下では皆平等である」に由来する。日本国も大和民族もキリスト教国家でないので、彼らは男女平等を採用する必要はない。俺の印象では、大和民族はなぜ白人が男女平等を推進しているのかすら認識してない。

彼らはなんとなく白人のモノマネをしているだけである。白人が男女平等を実行するのはヤハウェやイエス・キリストの目的と意志の結果である。大和民族は宗教それ自体を認識していないので、彼らはなぜ白人が男女平等をやるのかを認識していない。

大和民族は未開の原住民であり、彼らは白人の状態=善な状態を感じているように見える。だから、白人の状態=善な状態であり、男女平等=白人の状態=善な状態である。だから、日本も男女平等にすべき。彼らはこのような思考をしている。

大和民族の雌は乞食なのか?

 俺の認識:大和民族の雌は実質的な乞食である。

 ホモ・サピエンスの雌は実質的な乞食である。大和民族の雌にとって、社会的な地位は贈り物か何かであると感じているように見える。彼女らはご褒美として男女平等を掲げている。そこに宗教的な信念は存在しない。

白人の場合、男女平等の平等は宗教的なものである。だから、彼らの世界では、平等それ自体が目的になる。けれども、日本の場合、大和民族の雌は良いポジションを得たいから、男女平等を主張する。これは単なる乞食である。

大和民族の雌はなんとなく白人気分を味わいたい。なんとなく白人になりたいから、男女平等を日本列島で実現しようとする。あるいは、白人に怒られたから男女平等にしようとする。そこには、宗教的な信念も言葉や行為に対する整合性や確実性は存在しない。