郡司真子(Koiramako)はフェミニストであるのか?〜AV新法とジャーナリストと榎木丸真子〜

広告

 以下では、俺は郡司真子に関する民族的な問題点を提示するつもり。この問題点は、伊藤和子や仁藤夢乃へも一般化される。一般的には、郡司真子は「フェミニスト」であると呼ばれているが、俺は郡司真子がフェミニストであると認識しない。

広告

1.0 郡司真子

郡司真子の人種はモンゴロイド人種である。郡司真子の小人種は東洋小人種である。郡司真子の民族は大和民族である可能性があるが、異民族や異民族との交雑である可能性もある。郡司真子の部族は関西部族である可能性がある。郡司真子のミトコンドリアDNAは不明である。

郡司真子の語族は日琉語族である。郡司真子の文明的な所属は不明である。郡司真子の宗教は不明であるが、実質的にはキリスト教徒である。また、この電飛によると、彼女の学歴は神戸薬科大学である可能性がある。

2.0 問題点

2.1(問題点)
郡司真子は自己の文明的な所属も自己の宗教も明らかにせずに、社会活動や政治活動を実行している。

例えば、郡司真子は彼女自身がキリスト教徒であり、西欧文明に所属していると公的に表現しない。にも関わらず、郡司真子はAVを規制したり、性を汚いものとするような政治活動を実行している。この種の行為は卑怯である。そして、郡司真子の政治活動には、宗教的な正当性が存在しない。

さらに、郡司真子は西欧文明やキリスト教の教えの都合の良い部分のみをデタラメに引用して、彼女は日本国や大和民族を民族的に侮辱し始める。そこには、郡司真子の宗教的な整合性は存在しない。だから、郡司真子はリベラルや左翼を “装い” つつ、キリスト教保守のように性を抑圧し始める。

結局、郡司真子は自己の宗教を表現しないのに、彼女は日本国や大和民族を彼女の気分やノリ、西欧白人の引用で侮辱してくる。だから、誰も彼女とまともに意思疎通できないし、彼女も誰かと意思疎通するつもりはない。つまり、郡司真子は何かを解消したいのであり、郡司真子はある宗教系統の社会を実現したいわけでない。

2.2(問題点)
郡司真子が何かを批判するための価値判断の基準や理論(思考システム)を持っていない。

そのため、郡司真子は彼女の気分や幼児的な癇癪で政治活動を実行しているように思える。俺は郡司真子がキリスト教系統の価値判断の基準を持っているのか、古代地中海世界の理論を持っているのかを外部から認識することができない。

だから、郡司真子の政治活動は八つ当たりや腹いせや憂さ晴らし、言いがかりや嫌がらせにしか見えない。この活動をより悪くすると、郡司真子の活動はチンピラやヤクザの活動になるだろう。この種の大和民族の数は少なくない。

例えば、ある大和民族は目が一重であったのが嫌だった。だから、彼は腹いせに日本国や大和民族を延々と侮辱する。別の大和民族は肌の色が黄色であるのが嫌であったので、彼は腹いせに日本国や大和民族を延々と侮辱する。西欧白人との中間種は自分の半分がモンゴロイド人であることが嫌であるので、政治活動を装い、彼らは大和民族を人種的に侮辱する。

3.0 解決案

3.1(解決案)
もしある主体が自己の文明的な所属及び宗教を公的に表現しないならば、その主体は政治活動及び社会活動を実行しない。

3.2(解決案)
もし郡司真子が大和民族や日本国を嫌うならば、彼女は大和民族から離脱して、かつ国籍を剥奪される。

俺の印象では、郡司真子は大和民族や日本国に甘えている。彼女は大和民族や日本国を彼女を甘やかしてくれる彼氏と感じているように思える。だからこそ、彼女はたとえ彼女が日本国及び大和民族を民族的に侮辱し続けるとしても、彼女は大和民族や日本国に見捨てられないとたかをくくっている。しかし、これは甘えである。

タイトルとURLをコピーしました