外務大臣河野太郎や洋平は次期首相候補か白人コンプか

 河野太郎は首相にはふさわしくない。なぜなら、彼は白人コンプであり、ローラやマットのように白人になりたいように見える。彼はアメリカの大学を卒業しているはず。

日本国や日本人に関する最大の問題は日本人の深刻な白人コンプである。日本国の問題は経済でも日本人のお顔のエクストリームダウン症性でもない。彼らの意志のなさである。

1:河野太郎に対する俺の違和感

河野太郎自身の意見がない

彼は英語や男女平等や民主制度を重視する。また、彼は内心移民制度を導入して日本国をアメリカみたいにしたい。しかし、それらは白人やキリスト教徒の白人の考えである。

彼の視点はなぜか白人である。アメリカ大陸における多様性は我々モンゴロイド人種の虐殺の結果である。俺らはそれを賛美すべきでない。

しかし、河野太郎は白人コンプなので、彼は多様性を素晴らしいと主張する。彼は彼自身の価値観や歴史や文化を持たないのに、外務大臣や総理になろうとする。要するに、彼はアジア人である事を内心嫌がっているので、白人になりたいのだろう。

https://oreranitsuite.com/2019/05/27/[絶滅]白人種は移民で多様性は素晴らしい?[/

白人との対峙を恐れる。

なぜ彼は白人の意見を繰り返すのか。なぜなら、彼は白人との対峙を恐れるので、すべてのことを白人視点で語る。この種の現象は日本人の大学教員、例えば菊池誠や大栗博司や村山斉にも言える。

日本人の経営者や官僚や政治家が無能であるのは、彼らが白人との対峙を恐れるからである。彼らの精神はいつまでも未熟であり、幼児性が抜けない。西側との白人との中間種(桐島ローランドやモーリーロバートソンやハリス鈴木えみ)もまた同じ理由で幼い。

にも関わらず、彼らは日本人の日本国民には異常に高慢であり、高圧的である。彼らは日本人に金銭的軍事的に依存しているが、彼らはその自覚を持たない。彼は熊沢英昭の息子(44)と同じである。

白人様
白人様

日本人はグーグルやtiktokのようなプラットフォームを造るのは苦手。なぜなら、彼らは白人との対峙を恐れる。大陸東洋人は白人との対峙を恐れない。

2:日本人の典型的な無能エリート

外務省の仕事とは何?英語を話す事?

外務省の仕事とは他者との対峙であり、英語を話すことでない。河野太郎はそれを理解できない。外務省の仕事のひとつは英語を話せないと出世できない環境を変更することである。

河野太郎は英語を日本人に強制しようとする。そして、彼はそれを国際化やグローバルと見なす。彼は英語を話せないと出世できない環境を自然現象と見なす。

彼らは鹿鳴館の人間と同じである。彼らはローラやマットと同じである。たとえ河野太郎が白人風メイクを繰り返しても、彼らは白人になれない。

https://oreranitsuite.com/2019/04/03/正しい英語って?英語を一種の言語的な約束や契/

彼はキリスト教徒なのか、

人権や寛容や共生や難民に優しくや国境開放はキリスト教の概念である。彼はその種の概念を好むように思える。彼はキリスト教なのか。

河野太郎は外務省の男女の数を同一したが、彼は隠れ切支丹か何かなのか。日本のエリートは白人との対峙を恐れるので、なぜか彼らは白人の価値観を日本人に導入して、説教しようとする。これは実に喜劇的である。

彼らはお金を日本人から借りながら、白人の価値観を日本人に植え付けようとする。なぜなら、彼らは白人との対峙を恐れる。だから、彼らはいつまでも幼稚であり、彼ら自身の文化や文明が形成されない。

河野太郎やその他のエリートは以下の書籍を読める。なぜなら、彼女は対峙者であり、河野太郎でない。

つぶやき

タイトルとURLをコピーしました