東京地裁の二重国籍認めずとKeiichiro Ono(c_z )やmhl_bluewindやwillyoes(真木和彦?)のおかしな反応

大和民族
ウィキペディア コンゴとベルギー
広告

 外国の国籍を取得し、日本国籍を失った人たちが、日本の国籍法の規定によって二重国籍が認められないのは憲法に違反すると訴えた裁判の判決で、東京地方裁判所は憲法に違反しないと判断し、二重国籍を持つことを認めませんでした。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210121/k10012825871000.html?

 俺は上記の速報に賛成する。上記の速報に対して、Keiichiro Onoやmhl_bluewindやwillyoes(真木和彦?)はあまりに無責任な応答をつぶやいた。俺は彼らの呟きを見て、あまりの社会性のなさや無責任さ、自分の都合しか考えないその精神、自己の民族に甘えた卑しさに非常に驚いた。

以下では、俺らは彼らの呟きと彼らの社会性の欠如について提示する。さらに、俺らは解決案を提示する。

二重国籍の問題点〜機会不平等と大局的自立の欠如と奴隷化〜
 以下で、俺は二重国籍に関する問題点を提示する。俺は二重国籍に強く反対して、賛成者に対する強い罰則が必要であると審判する。まず始めに、俺は二重国籍に関する問題点を提示する。その後、俺はこの問題に関する解決案を提示する。さらに、俺は二重国籍を要求する人間(サンドラへフェリンや菊池誠や大栗博司や鳥居啓子)の悪意と意図を提示する。俺は二重国籍に関する問題点を提示する。その問題点とは、「機会不平等」と「大局的な自立の欠如」と「他者の奴隷化」である。さて、俺らは3つの問題点を見てみよう。1章 二重国籍の問題点〜機会不平等〜 二重国籍の問題点 二重国籍の問題点とは、二重国籍の状態が機会不平等である。機会不平等は悪い(レッドカード)。だから、機会不平等をなくするように動け。  例えば、男性はx染色体とy染色体の二重染色体である。だから、男性は二重国籍を獲得できる。けれども、女性はダメである。なぜなら、女性は単染色体である。これが機会不平等である。男性は女性の運動競技に参加できるが、女性は参加できない。なぜなら、男性はx染色体を持っているが、女性はy染...
広告

1章 Keiichiro Ono(c_z )やmhl_bluewindやwillyoes(真木和彦)の反応

1節 Keiichiro Ono(c_z )

 俺が上記のonoの発言を見るとき、俺は強烈な不快感を覚える。彼は自分が不便だから二重国籍をよこせと言っている。そして、その何が悪いのかを考えていない。彼は人間社会における平等や公平に無関心であり、自分の都合しか考えていない。にも関わらず、彼は他人には平等や公平性を求める。二重国籍の問題は不便でなく、機会平等や大局的自立の欠如、維持の押し付けである。

上記は意味不明である。

 俺は上記の「ごね」や「不平不満」を見るとき、強烈な不快感を覚える。大和民族は技術者や学者ですら上記のようなモンゴロイド的な幼稚な反応を繰り返す。自分の不便な不幸な事情を説明すれば、二重国籍が認められると感じているように見える。あるいは、韓国を非整合的に引用している。

 上記も「愚痴」や「ごね」である。日本人の技術者は自己の意見を提示して、それを正当化するということを絶対にしない。彼らの行為は卑怯である。onoは「願い」と言っているが、二重国籍に関する話題は「願い」でない。大和民族はお願いすればそれが通じると本気で考えているように見える。だからこそ、彼らは二重国籍をお願いしてなんとかもらうものと感じている。それは単なる乞食である。

 onoは自分の意志で海外へと移住した。にも関わらず、親の介護になると、大変だから二重国籍が欲しいと泣き言を言っている。彼は二重国籍の正当性を一切提示しないで、彼の事情や辛さを淡々と提示している。なぜなら、onoにとって、二重国籍はお願いして、おねだりしてもらうものであるから。

2節 mhl_bluewind

 上記の人間もそうであるが、彼らは人間社会における平等や公平に一切興味がないように見える。彼らにとって、平等や公平は「してもらう」ものであり、彼ら自身が形成するものでない。だからこそ、彼らは介護が辛い、だから二重国籍欲しいみたいなことを平気で主張する。おしっこしたい、x染色体とy染色体のハーフ、だから女子更衣室入りたい。

3節 willyoes(真木和彦?)

2章 彼らの思考や態度の共通点

1節 社会性の欠如

 上記の日本人の呟きを見ると、彼らは社会性を持っていないように見える。彼らは労働性を持つが、社会性を持っていない。だから、彼らは人間社会における平等や公平に一切興味を持っていない。

彼らは彼ら自身が平等な社会や公平な社会を彼ら自身で形成するつもりがない。彼らは他人に社会を作ってもらって、競技してもらって、その恩恵のみを一方的に受けたいように見える。だからこそ、彼らはお願いして、おねだりして、二重国籍をもらうものであると考えている。

彼らはサッカーの授業中にたちんぼしていたキモオタに似ている。彼らは失敗するのが怖いので、授業に参加しない。けれども、彼らはなぜか他人が競技した成績を欲しがる。「二重国籍くれないと、受験の推薦がもらえない」と言って。俺は「試験で高得点をとって、平均点を挙げている」と言って。

3章 解決案

 二重国籍に関する解決案は「刑罰」と「痛み」と「恐怖」である。これらが存在しないとき、人間は延々とごね続ける。

1節 国籍の剥奪

 定理?:もしある国民が二重国籍を欲しがるならば、その国民の国籍は強制的に剥奪される。

 上記の動物は人間社会における平等や公平性に興味を持っていない。だから、何を言っても、彼らは彼らの要求が通るまでごね続ける。彼らは社会の構成要因よりも乞食に似ているように思える。だから、恐怖と罰と痛みで支配する必要がある。

大和民族は島国の民であるので、彼らは刑罰それ自体を認識してない。平等にも公平性にも興味を持たない人間は動物と同じであり、恐怖と痛みと罰によって支配されるべきである。

上記のKeiichiro Ono(c_z )やmhl_bluewindやwillyoes(真木和彦?)を見ると、彼らは彼らの事情や韓国の引用を実行するだけである。彼らはどのような人間社会を形成したいのかをはっきり提示しない。彼らはおねだりやお願いを繰り返すばかりであり、人間社会におkる平等や公平に一切関心が内容に見える。

2節 民主制度の廃止

 民主制度の廃止:民主制度を廃止しよう。

 Keiichiro Ono(c_z )やmhl_bluewindやwillyoes(真木和彦)を見ると、彼らは彼ら自身でまともな人間社会も国家も作る意志を持っていないように見える。Keiichiro Ono(c_z )やmhl_bluewindやwillyoes(真木和彦)と一緒に民主制度を実行する必要はないだろう。Keiichiro Ono(c_z )やmhl_bluewindやwillyoes(真木和彦)が民主制度に賛成するのは、宗教的な信念でなく、白人気分や白人との対峙や不安を回避するための道具でしかない。

3節 日本国の解体

 日本国の解体:日本国を解体しよう。

 Keiichiro Ono(c_z )やmhl_bluewindやwillyoes(真木和彦)は彼ら自身の国家を彼ら自身で作れば良い。彼らは日本人が彼らのために国家を作り、それを維持してくれることに甘えている。だからこそ、彼らは二重国籍を欲しがる。二重国籍を欲しがれば、国家が崩壊するような状態を形成せよ。