谷本真由美(May_Roma)と白人夫と白人との中間種(みにろま)、そしてキリスト教

大和民族
https://unsplash.com/photos/LnFhkTQpyQs
広告

 谷本真由美は大和民族の雌である。彼女はおそらくキリスト教徒であり、キリスト教系女性である。彼女は作家である。彼女は西側白人と結婚して、白人との中間種の子供を産み落とした。

昔、谷本真由美はいわゆる出羽守(切支丹大名)であって、彼女は「日本はダメ、それに対して欧米では〜」と大和民族や日本国を人種的に侮辱していた。しかし、彼女が出産した後、彼女は出羽守を辞めて、欧米を人種的に侮辱して、大和民族や日本国を過剰に持ち上げるようになった。

この種の大和民族の雌の振る舞いは珍しくない。一般的に、大和民族の雌は白人と結婚すると、舞い上がって、有色人を人種的に見下し、夫や中間種の子供を自慢し始める。しかし、離婚したり、不利な立場に置かれると、彼女らは欧米人をけなし、大和民族の雄に泣きついてくる。以下では、俺は谷本真由美に関する問題を真剣に提示するつもりである。

広告

谷本真由美

人種的な形質

 俺の認識 谷本真由美の人種はモンゴロイド人種である。谷本真由美の小人種は東洋小人種である。谷本真由美の民族は大和民族である。

 谷本真由美の部族は不明である。俺の印象では、谷本真由美の部族は西日本人(関西系)であるように思える。なお、谷本真由美の夫の人種的な形質は次である。谷本真由美の夫の人種はコーカサス人種である。谷本真由美の夫の小人種は欧州小人種である。谷本真由美の夫の民族はイギリス民族である。

谷本真由美の子供の人種的形質は次である。谷本真由美の子供はモンゴロイド人種とコーカサス人種の中間種(中央アジア的中間種)である。谷本真由美の子供は自己の人種を持たない。

人工的な概念

 俺の認識 谷本真由美の宗教はキリスト教であり、谷本真由美はキリスト教徒である。谷本真由美の国籍は日本国籍であり、谷本真由美は日本国民である。谷本真由美の文明的な所属は不明である。

 ただし、谷本真由美は自己の宗教を彼女の言葉で明確に表現しない。だから、俺は谷本真由美がキリスト教徒であると断定しない。谷本真由美の夫の文明的な所属は彼女によって隠蔽されている。俺の憶測では、谷本真由美の夫の宗教はキリスト教であり、夫の国籍はイギリス国籍であり、夫の文明的な所属は西洋文明(西欧文明)である。

行為

出羽守

 俺の認識 谷本真由美は出羽守(切支丹大名)であって、彼女は大和民族や日本国を人種的に侮辱していた。

 一般的に、大和民族の雌は西側白人と結婚するとき、彼女らは白人の夫やその中間種の子供を見せびらかして、有色人種を見下し、大和民族を人種的に侮辱し始める。加えて、彼女らはキリスト教徒やユダヤ教徒の白人の夫の価値観をキリスト教をアメリカ先住民に押し付けたスペイン人のように大和民族に押し付け始める。

反論されると、彼女らは夫に泣きついて、大和民族をまるで男児を先生に叱らせる学級委員長のように叱ってもらおうとする。彼女らの特徴は大和民族に依存しながら、白人夫や子供を見せびらかして、人種的に侮辱し始めることである。そして、彼女らは異常者であり、この種の行為の何が悪いのかを判断することができない。彼女らは大和民族を人種的に侮辱するために、大和民族の中に入ってくるので、知的に異常者に見える。健常者の子供を自慢するために、障害者施設に入所するような異常性。

媚び

 俺の認識 谷本真由美は中間種の子供を出産した後、谷本真由美は大和民族や日本国に媚を売り始める。

 現在、谷本真由美は欧米を人種的に侮辱して、日本国や大和民族を不必要に持ち上げ始めた。なぜなら、谷本真由美は欧米の形勢が悪いと感じて、不安感を覚え始めた。谷本真由美は大和民族や日本国を侮辱してきたことを知っているので、そのキリスト教的な贖罪行為として、大和民族や日本国を過剰に持ち上げている。

一般的に、大和民族の雌は白人と結婚すると、彼女らは白人の夫や中華種の子供を見せびらかして、有色人を見下し始める。けれども、彼女らは夫と離婚したり、子供の親権や面会に関して争うようになると、彼女らは大和民族の雄に媚を売り始めて、人種的に見下してきた雄に助けてもらおうとする。

また、谷本真由美は彼女の子供の顔は白人的であるが、日本人に似ていると言い始めた。なぜなら、谷本真由美はたとえ彼女の子供が白人的であったとしても、彼女はその白人を日本人に受け入れて欲しいと感じている。

霊言

 俺の認識 谷本真由美は欧米や国際社会、白人の夫や中間種の子供の霊言を繰り返して、イタコ芸を実行している。

 昔、谷本真由美は欧米や国際社会の霊言を実行して、イタコ芸を繰り返していた。そのイタコ芸では、谷本真由美は日本国は駄目、欧米では〜と霊言を実行して、大和民族を人種的に侮辱してきた。その後、谷本真由美は異なる種類の霊言を実行し始めた。谷本真由美は夫や子供の霊言を実行して、大和民族や日本国を褒め始めた。

心理

不安に対する恐れ

 俺の認識 谷本真由美は不安を何よりも恐れる。

善な応答

無視

 俺の認識 西側白人と結婚契約を結んだ大和民族の雌を無視せよ。

 もし俺が彼女らに話しかけるならば、彼女らは彼女らが大和民族に受け入れられたと誤認識させる。この種の行為は美女がキモオタに優しく話しかける行為に似ていて、キモオタを勘違いさせる。俺らが彼女らに話しかけたり、批判するので、彼女らは大和民族の仲間に入れてもらったと勘違いしてしまう。

その結果、大和民族の雌は夫や中間種の子供を大和民族に見せびらかしても良いと勘違いする。または、夫の宗教の教えを日本国に押し付けても、同じ大和民族だから許されると誤認識する。この種の侮辱を防止するためには、俺は彼女らを西洋文明に所属者と認識して、かつキリスト教徒やユダヤ教徒と認識する必要がある。

国籍

 俺の認識 谷本真由美の国籍もその中間種の息子の国籍をイギリス国籍にせよ。

 俺は谷本真由美もその夫もその中間種の子供も必要としない。一般的には、異人種や異国籍の雄と結婚契約を結んだ大和民族の雌は異国籍をもち、その中間種の子供も異国籍を持つべきである。または、彼女ら自身が自己のx教系統の社会や自己のx教系統の国家を形成するべきである。

電飛

内部電飛