木原貴行とゲーデルの不完全性定理の動画と発達障害(アスペルガー)〜名古屋大学大学院情報学研究科数理情報学専攻自然情報学科数理情報系 准教授〜

大和民族
https://tamatebako.i.nagoya-u.ac.jp/3731/
広告

 俺が上記の動画を見たとき、俺は木原貴行の話し方に非常に驚いた。木原貴行は攻撃的でなく悪い人間でない。そして、彼は基本的に無害で真面目であるように見える。

しかし、俺はこの種の人間が教師でかつ先生と呼ばれているのを見ると強烈な違和感を覚える。以下では、俺は木原貴行の話し方に関して思ったことを提示する。

なお、俺は上記の動画の内容を全く理解できないということを述べておく。しかし、上記の動画は丁寧に、かつある程度一生懸命作られているように感じる。

広告

俺の審判

 俺の審判:木原貴行は何らかの精神疾患や知的障害を持っているように見える。

 木原貴行は非常に知的な人間であり、かつ悪い人間でないが、もし上記の動画の話し方が演技やネタでないならば、または日本語を母国語としているのにこの話し方ならば、俺は木原貴行の病気を疑った。その病気は数学者や科学者に多いタイプであり、発達障害やアスペルガー的であると感じた。電網用語では、アスペ。

木原貴行は悪い人間でないが、彼の話し方は漫画やアニメのように演技がかっている。彼の声はどこか上ずっている。悪くいうと、彼の話し方は笑える話し方で、不良やチンピラにいじめられる話し方である。俺は木原貴行を馬鹿にするつもりはないが、俺も彼の話し方を聞いた時、本当に面を食らって、笑ってしまった。

大和民族の科学者や数学者は他者に対する無関心さの結果であるのか、他者への優しさの結果であるが、この種の人間をみて何も言わない。その結果、この種の人間の奇妙さが誰にも指摘されないままになるように見える。

エドゥアルド・アインシュタイの統合失調症の意味〜学者や研究者の家系の意味〜
 エドゥアルト・アインシュタイン(Eduard Einstein、1910年7月28日–1965年10月25日)は、物理学者のアルベルト・アインシュタインとミレヴァ・マリッチとの間の次男。アシュケナジムユダヤ人である。優等生で音楽の才能にも恵まれていたエドゥアルトは、精神科医になるべく、大学の医学部に進学した。しかし、20歳頃から統合失調症を患うようになり、最初の発病から2年後に精神病院に収容されることとなった。エドゥアルト・アインシュタイン アインシュタインの次男は統合失調症を患ったらしい。統合失調症はおそらく遺伝的な病気であるように思える。以下では、俺は「アインシュタインの次男は統合失調症を患った」ことの意味を提示する。なお、その意味はテクノロジー的な思考でなく、ソサエティー的な思考である。大和民族の科学者や数学者はテクノロジー的な思考を持つが、ソサエティ的な思考を持たない。だから、彼らは「アインシュタインの次男は統合失調症を患った」ことの意味を把握できない。上記では、アインシュタインの次男はアシュケナジム・ユダヤ人であると書かれている。しかし、それは西洋...

木原貴行は先生か?

 俺の判断:病気を持っている人間が「先生」として崇拝されることは悪い(レッドカード)。

 大和民族の科学者や数学者には、発達障害やアスペルガーのような病的な人間が存在する。そして、その種の病的な人間が「先生」と呼ばれて神様のように崇拝されている。これは特殊な能力を持つサヴァン症候群の患者やダウン症の子供が「神様の贈り物」として崇拝されていることに似ている。

木原貴行が数学者であることは全く問題がない。しかし、病的な人間が「先生、先生」と呼ばれて、崇拝されるような状態は非常に深刻な問題を引き起こす。実際、大和民族の科学者や数学者は「先生」と呼ばれ続けて、自分を神様か何かを勘違いしている。

これはダウン症児やそのほかの知的障害者が「神様の贈り物」として崇拝されて、勘違いしてしまったことに似ている。個人的には、たとえ俺の子供や孫が数学を木原貴行から教わるとしても、俺はその状態が悪いと判断しない。しかし、もし俺の子供たちが木原貴行のような人物を「先生」と呼んで崇拝しなければいけないならば、俺は強烈な不快感を覚える。木原貴行さんで良い。

学者は変人か?

 一般人の認識:一般人は学者を何らかの知的障害者や精神疾患者であると感じている。しかし、それを直接的に主張すると、(東洋文明的には)失礼であるので、「変人」という単語に置き換える。

 一般人は学者を「変人」と呼ぶ。学者は病気のためか、変人という単語を真に受けて、自己を変人と感じように見える。そして、彼らは偉人の変人小話を真に受けて、変人のように振舞おうとする。

しかし、一般人が主張したいのは彼らが変人でなく、「(少し)病的」であることである。正常な人間は医者でもないのに、他人に対して「君は病気っぽいですね」とは主張しない。なぜなら、その種の行為は非常に失礼である。

学者は変人という単語を真に受けて、変人を病人に置き換えられないように見える。親切心で彼らに彼らの病気性をそれとなく提示すると、彼らは逆ギレして騒いだり喚いたりする。だから、一般人は気を使って、変人という単語を使用している。