ベルリン映画祭、男優賞と女優賞を廃止 性的中立性考え

人間について

 来年2月に開催予定のドイツのベルリン国際映画祭は24日、これまでの男優賞と女優賞を取りやめ、次回から性別に関係なく表彰する「主演俳優賞」と「助演俳優賞」を新設すると発表した。ジェンダーニュートラル(性的中立性)の考えで定義したという。

https://www.asahi.com/articles/ASN8T55GWN8TUCVL01D.html

 俺はキリスト教徒でない。だから、俺は上記の考えに大反対である。

以下で、俺はなぜ上記の考えに反対するかについて述べる。また、俺は上記の報道に対する適切な反応を提示する。さらに、上記の報道への大和民族の駄目な反応を提示する。

1章 俺の反対理由

 俺は性的な中立に反対する。なぜなら、俺はキリスト教徒でないので、キリスト教の価値観に服従したくない。俺はキリスト教の奴隷でない。

性的な中立の考えはキリスト教由来である。人種平等の平等や男女平等の平等はキリスト教における価値観である。一般的に、平等か公平かという価値観や性に対する考えや規範は宗教や文明によって特徴付けられる。

俺はキリスト教徒でもないし、西洋文明に属してもいない。だから、俺はキリスト教徒の白人の考えに服従する必要はない。日本人を含むその他の東洋人はそれを真似する必要はない。

2章 適切な反応

 もし君が上記を見て、違和感を覚えるならば、君は次のような適切な反応を提示できる。

俺らはキリスト教徒でない。だから、俺らはベルリン映画祭の価値観に従う必要はない。

そして、次のように提示できる。このラインより上のエリアが無料で表示されます。

宗教や人種や文明が異なるとき、善悪や性に対する認識も異なる。俺らと西側白人の認識は異なる。」

俺らに君らの価値観を押し付けないで!

君が上記を狂っていると感じるのは、君がキリスト教徒でないからである。そして、君はキリスト教的な善悪と性に対するキリスト教的な認識を持っていない。だからこそ、君は男女別に賞があっても別におかしくないと感じる。

3章 大和民族の駄目な反応

 最後に、俺は大和民族の駄目な反応を提示する。

大和民族は自然現象と人為的な現象を区別できない。これは悪い、レッドカード。上記の性別の廃止は自然法則のような自然現象でなく、人為的な現象である。だから、大和民族を含む東洋小人種はそれを拒絶できる。

また、上記の性別の廃止は「時代」でない。上記の性別の廃止は「国際化」や「グローバル化」でない。キリスト教化である。

最後に、大和民族を含む東洋小人種は彼ら自身の意志や欲求をきちんと提示して、白人の価値観をきちんと断る。彼らは非常に幼稚な民族であり、他者からの要求をきちんと断ったり、自分の意思を表示できない。もしキリスト教の価値観を押し付けられて、嫌だと感じるならば、彼らはこう言いなさい

「俺はキリスト教徒でないので、キリスト教の価値観を押し付けられるのが嫌だ!」

「押し付けないで!」

「押し付けられたくない!」

  大和民族は彼ら自身の意志や欲求、自己の審判や認識や判断を決して提示しようとしない。なぜなら、彼らが自己の意見を提示するとき、彼らは白人と異なる意見を持って、白人と対峙する必要がある。彼らは不安に弱く、それが何よりも嫌である。

他人の発言の引用や実況、他人の霊言でなく、日本人自身がどう思っているのかをきちんと提示する必要がある。嫌なの?どうなの?

終わりに

 その昔、日本人の生贄を捧げたら、ヤマタノオロチと対峙しなくても良いので、日本人の生贄を捧げようと考えた土人が存在した。多くの土人が賛成した。 

彼らは生贄をまるで自然現象のように信じ込み、国際化や時代を掲げた。そして、彼らはこういった。

「古典力学によると、自然界には自由意志が存在しない(だから、仕方がない)」と。

賢い人間は土人の村にやってきて、こういった。「嫌だといって、断れば良いのでは?」その賢者がキリスト教の考えを断った結果、土人は性別を廃止しなくてもよくなったとさ。古典力学も不要であったとさ。

ベルリン映画祭、男優賞と女優賞を廃止 性的中立性考え|とある人工世界の創造主|note
 来年2月に開催予定のドイツのベルリン国際映画祭は24日、これまでの男優賞と女優賞を取りやめ、次回から性別に関係なく表彰する「主演俳優賞」と「助演俳優賞」を新設すると発表した。ジェンダーニュートラル(性的中立性)の考えで定義したという。  俺はキリスト教徒でない。だから、俺は上記の考えに大反対である。 以下で、...
タイトルとURLをコピーしました