人種の分類〜コーカサス人種とネグロイド人種とモンゴロイド人種とオーストラロイド人種とその他〜

広告

ホモ・サピエンスHomo sapiensラテン語で「賢い人間」の意味)は、現生人類が属する学名である[2]ヒト属で現存する唯一の種。種の下位の亜種の分類では現生人類をホモ・サピエンス・サピエンスとすることで、彼らの祖先だと主張されてきたホモ・サピエンス・イダルトゥと区別している。創意工夫に長けて適応性の高いホモ・サピエンスは、これまで地球上で最も支配的な種として繁栄してきた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ホモ・サピエンス

 以下では、俺はホモ・サピエンスと呼ばれる対象達を東洋文明における儒教系統の認識及び新興宗教「俺らについて」における俺系統の認識に基づいて簡易的に分類する。下記の認識は東洋文明、または「俺らについて」に所属する。

広告

人種の分類

 俺は下記を認識する。俺はホモ・サピエンスという種の下位分類を「人種(race)」と置く。人種には、コーカサス人種とネグロイド人種とモンゴロイド人種とオーストラロイド人種とその他が存在する。

俺は人種の下位分類と「小人種(subrace)」と置く。この時、コーカサス人種には、欧州小人種と地中海小人種と中東小人種が存在する。または、コーカサス人種には、欧州小人種と北アフリカ小人種と中東小人種が存在する。

ネグロイド人種には、西アフリカ小人種と中央(中南部)アフリカ小人種と東アフリカ小人種が存在する。モンゴロイド人種には、東洋小人種と東南アジア小人種とアメリカ小人種が存在する。オーストラロイド人種には、南インド小人種メラネシア小人種とアボリジニ小人種が存在する。

コーカサス人種の分類

 コーカサス人種は堀の深いギリシア彫刻のような顔を持っている。彼らは高い鼻と細くない目を持っている。彼らは比較的に長身であり、筋肉質である。彼らは厚い肉体を持っている。彼らは遺伝的に乾燥適応しているように感じる。コーカサス人種は欧州大陸と地中海と北アフリカと中東を彼らの自然な生息地としている。

 欧州小人種はブリテン島からウクライナ平原において比較的に自然なホモ・サピエンスであってきた。彼らは白い肌を持つ。彼らは明るい目と明るい髪を持つ。彼らは長身であり、長い手足を持つ。彼らのY染色体ハプログループはR系統か、I系統である。

地中海小人種はイベリア半島からアナトリア及びコーカサス山脈に生息してきた。彼らはアナトリア農耕民を基盤としているように思える。彼らは比較的に明るい肌の色と黒い髪と黒い目を持つ。彼らは農耕民のずんぐりした体型を持っている。彼らの元々のY染色体ハプログループはJ2、またはGであったように感じる。

中東小人種は北アフリカから(混血を考慮すると)北インドまで生息してきた。彼らのY染色体ハプログループはE1b1bとJ1であるように思える。ただし、北アフリカ系と中東系とアフガニスタンから北インドを区別することができるかもしれない。

ネグロイド人種の分類

 俺はネグロイド人種に対する認識を持っていない。なぜなら、アフリカ大陸は日本列島から最も遠いからである。ネグロイド人種はサブサハラを彼らの自然な生息地としている。

ネグロイド人種は黒い肌を持っている。ネグロイド人種のY染色体ハプログループEには、E1b1a系統とA系統とB系統がある。ミトコンドリアDNAハプログループには、L系統がある。

西アフリカ小人種は西アフリカからサブサハラ中部を比較的に自然な生息地とする。カメルーンに代表される西アフリカ小人種は筋肉質であり、彼らはNBAやサッカーや短距離に長けている。

東アフリカ小人種は東アフリカからサブサハラ中部を比較的に自然な生息地とする。ケニアに代表される東アフリカ小人種は細身であり、彼らは長距離に長けている。

中南部アフリカ小人種は南部アフリカからサブサハラ中部を比較的に自然な生息地とする。中部(中南部)アフリカ小人種はその中間であるように思える。ただし、中部(中南部)アフリカ小人種には、堀の浅い個体がある。

モンゴロイド人種の分類

 モンゴロイド人種は東洋地域と東南アジア地域とアメリカ大陸を彼らの比較的に自然な生息地としている。一般的には、モンゴロイド人種は簡素で小柄であり、雄的でない。彼らは薄い顔を持っている。また、彼らは黄色い肌を持っていると見なされている。

東洋小人種は東洋地域を自然な生息地としている。一般的には、彼らの顔は薄く、彼らの目は細い。彼らは長身でない。彼らの肌の色は比較的に白い。現在、東洋小人種のY染色体ハプログループはN及びO(O2aやO1b2)、C2系統であるように思える。イヌイットは東洋小人種に所属する。

東南アジア小人種は東南アジア地域を自然な生息地としている。一般的には、彼らの顔は薄く、低身長であり、華奢な肉体を持っている。彼らは長身でない。現在、東南アジア小人種のY染色体ハプログループはO系統(O1系統)であるように思える。

アメリカ小人種はアメリカ地域を自然な生息地としている。アメリカ小人種は北米と中南米では異なるように見える。北米では、コーカサス人種的な個体がある。一方、中南米には、モンゴロイド人種やポリネシア人やハワイ人に類似した個体がある。アメリカ小人種のY染色体ハプログループはQ系統である。

オーストラロイド人種

 オーストラロイド人種はインド大陸とオセアニアとオーストラリア大陸を彼らの比較的に自然な生息地としている。彼らの体は華奢であり、彼らは黒い肌を持っている。

南インド小人種はインド大陸を自然な生息地としている。南インド小人種のY染色体ハプログループはH系統である。

メラネシア小人種はパプアニューギニアやインドネシア周辺やメラネシアを自然な生息地としている。メラネシア小人種のY染色体ハプログループはMS系統、またはC系統である。

アボリジニ小人種はオーストラリアを自然な生息地としている。アボリジニ小人種のY染色体ハプログループはMS系統、またはC系統である。

タイトルとURLをコピーしました