俺らは本当に同じホモ・サピエンスか?コーカサス人種(黄色人)とモンゴロイド人種(白人)とネグロイド人種(黒人)

歴史
https://ja.wikipedia.org/wiki/チンパンジー
コロナの重症化とネアンデルタール人に関する研究結果
 そしてこの度、国際科学雑誌ネイチャー誌に掲載された新たな研究では、この遺伝子領域が南欧で発見された5万年前のネアンデルタール人のものとほぼ同じであることがわかりました。さらなる解析で、これらのバリアントは約6万年前にネアンデルタール人との交配によって現代人の祖先に渡ったことも明らかになりました。 俺は上記の研究結果は眉唾であると審判する。さらに、俺はこの研究には、政治的な意図や宗教的な意図、時には悪意が含まれていると審判する。以下で、俺は認識の観点から、ネアンデルタール人に関する研究結果の違和感を提示する。なお、俺は下記の情報を製造する時、俺はほとんど何も調べずに書いている。なぜなら、俺は俺の認識と第一印象を重視したい。正確な情報を知りたい場合、君らは研究論文やお金と情報を交換せよ。1章 ネアンデルタール人とは? ネアンデルタール人という単語は当たり前のように使用されてきた。しかし、俺はこのネアンデルタール人が何者であったかは現在でも不明であるように思える。昔、彼らはより猿的に描かれてきたが、現在では白人的に描かれている。彼らに対する俺の印象...

 一般的に、コーカサス人種とモンゴロイド人種とネグロイド人種は同じホモ・サピエンスであると考えられてきた。なぜなら、俺らは互いに混血可能であるからである。しかし、俺らは以下の点を見逃すべきでない。

1章 混血可能=混血持続可能

事実 混血可能≠その子孫が不妊にならない

 人々の一部は混血可能=同じ生物種であると考えてきた。しかし、コーカサス人種とモンゴロイド人種とネグロイド人種が互いに混血可能である事とその子孫が不妊にならない事は互いに異なる。

ライガーは父がライオンであり、母がトラの中間種であるそうだ。しかし、その子孫は繁殖能力を持たない。つまり、ライオンとトラが混血可能であることとその子孫が繁殖能力を持つことは別のことである。

人間においてこの種の現象(ライガー)が発生してもおかしくない。ホモ・サピエンスはより複雑な動物であるので、不妊も時間差が生じる可能性が存在するかもしれない。

 ホモ・サピエンスとネアンデルタール人は互いに混血したそうであるが、ネアンデルタール人は滅亡している。この原因が何であるかは理論物理のようにきちんと定まっていない。

2章 異人種婚の危険性の判定法

事実 発言者の真理(科学)や問題解決能力でなく、発言者の「責任の所在」や「後始末の能力」をみよ。後片付けできない人間を信頼するな。

  俺らが異人種婚をするかどうかを判定するとき、俺らは発言者の論理や論文や知識でなく、責任を取れるか、または後始末できるかを見る必要がある。さらに、俺らはその発言者が後始末をしてきたかを見る必要がある。

もしある発言者が異人種婚の子孫が不妊になるとしても、その発言者はその問題を解決できるならば、その発言者は信用できるだろう。その発言者が問題の責任を取ってきて、かつ問題の後始末をしてきた人間であるならば、より信用できるだろう。

異人種婚に関して、俺らは西側白人のいうことを聞くべきでない。なぜなら、彼らは世界を荒らしてきたのに、彼らは世界の後片付けをしてこなかった。彼らはまるで部屋を荒らす子供のように問題の責任を放置してきた。

 たとえ異人種婚が不妊の子孫を導くとしても、白人はその責任を取らないし、後始末も俺らの子孫を元通りにしようとしないだろう。だから、俺らは白人を信用すべきでない。この点に関しては、俺らは中国の方を信用できる。

3章 なぜ俺が異人種婚は危険であると思ったか?

行為の判定法 何が正しいかは相手の不安とその反応を観察しよう。

 俺がコーカサス人種とモンゴロイド人種とネグロイド人種は同じホモ・サピエンスでないと中間種に主張するとき、一部の中間種は「差別だ」と返答するだろう。または、大和民族の雌は白人と結婚して中間種を産み落とし、白人との中間種(白人ハーフ)を見せびらかそうとするが、彼女らも「差別」という単語をしようして、俺らを黙らせようとする。

なぜなら、彼らはその事実(?)に強烈な不安を覚える。だから、彼らはまるで他人を糾弾して安心感を獲得しようとするドイツ人のように振る舞う。俺らはこの心理をうまく利用して、異人種婚の善悪を考える必要がある。

「もし俺らが同じ生物種でなかったら、(取り返しがつかないので)俺らは不安だろう?」

だから、俺らは異人種婚について慎重に考える必要がある。当然、東洋人同士の婚姻は不妊的には問題が存在しないだろう。

タイトルとURLをコピーしました