古代北ユーラシア人(Ancient North Eurasian)

広告

 古代ユーラシア人は謎の人々である。彼らは彼らの遺伝子を現代欧州人とアメリカ先住民に残した。欧州人及びアメリカ先住民のY染色体ハプログループはR系統とQ系統であり、彼らは共通した父系先祖Pを持つ。

現在発見された標本はヤナの標本とマルタ・ビュレット文化における標本(MA-1)であるように見える。後者はY染色体ハプログループR*を持っていた。下記の電飛によると、ヤナの標本はY染色体ハプログループPを持っていた。

上記の画像はアメリカ先住民であり、彼は古モンゴロイド人種的な濃い顔を持っている。ただし、彼の濃い顔はアメリカ大陸における乾燥気候への適応の結果であるかもしれない。

広告

古代北ユーラシア人

人種的な形質

 俺の認識 古代北ユーラシア人の人種的な形質は不明であるように見える。

 ただ、俺の印象では、古代北ユーラシア人は顔の濃いモンゴロイド人種であったように感じる。または、彼らはケット人のような顔を持っていた可能性がある。また、個人的な印象では、当時の気候にもよるが、俺はシベリアの地域からコーカサス人種的な顔の濃い形質が生じると断定することができない。

コーカサス人種的な顔の濃い形質は乾燥と適度な温度の結果であるように感じる。もし古代北ユーラシア人が氷河期にシベリアに長期間滞在し続けていたならば、彼らは新モンゴロイド人種的な形質を獲得したように感じる。

wikipediaによると、現代欧州人の金髪は古代北ユーラシア人由来であるらしい。けれども、俺は現代欧州人のコーカサス人種的な形質はコーカサス狩猟採集民初期欧州農耕民から獲得したように感じる。現代欧州人の人種的な自己認識は色であるように見える。白い肌の色や金髪が現代欧州人の人種的な自己認識であり、骨格はコーカサス狩猟採集民由来であるようにも感じる。

個人的な印象では、Y染色体ハプログループR系統をもつ現代欧州人がコーカサス人種的な形質を持っていることは、フィンランド人のY染色体ハプログループがN系統であることに似ているように感じる。

電飛

・外部電飛

・内部電飛

タイトルとURLをコピーしました