パルバラ・アレックスは広島のこども代表として適切であるのか?〜平和への誓いと山崎鈴〜

ホモ・サピエンス生物種
https://unsplash.com/photos/osnLGOV4kDE
広告

6日に開かれた広島の平和記念式典では、子ども代表に選ばれた広島市立幟町小6年のバルバラ・アレックス君(12)と、同中島小6年の山崎鈴さん(11)が「平和への誓い」を朗読した。広島生まれではない2人は、被爆者に話を聞いて原爆について学び、「過去に起こったことを変えることはできません。しかし、未来は創ることができます」と力強く宣言した。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF060CY0W2A800C2000000/

 以下では、俺は上記の問題点について述べる。結論では、俺はバルバラ・アレックスがこども代表として演説したことを適切でないと審判する。なお、彼は未成年であるので、彼には演説の責任は存在しない。

広告

バルバラ・アレックス

 バルバラ・アレックスの人種は父系コーカサス人種と母系モンゴロイド人種の中間種「中央アジア的中間種」である。バルバラ・アレックスのY染色体ハプログループは不明であるが、R1bかJ2かE1b1bである可能性がある。ミトコンドリアDNAはD系統かNかMの下流である可能性がある。

バルバラ・アレックスの宗教はキリスト教カトリック派である[電飛]。バルバラ・アレックスの文明的な所属は西欧文明である。バルバラ・アレックスの言語は印欧語族である。バルバラ・アレックスの名前は西欧文明系統である。

加害者と被害者

 俺系統の認識1.0 バルバラ・アレックスによる平和への誓いの善性は正当化されない。

 なぜなら、バルバラ・アレックスは人種的に宗教的に文明的に原子力爆弾を落とした側である。バルバラ・アレックスの名前は西欧文明系統であり、それは彼が西欧文明に所属していることを暗示する。加えて、バルバラ・アレックスは人種的にも宗教的にも加害者側であり、被害者側でない。

大和民族は民族及び人種、宗教と文明を認識することができない。彼らは「バルバラ・アレックス」という名前を見ても、彼らは何も感じず、何かおかしいとすら思わないように思える。そのため、キリスト教徒が原爆に関する平和の誓いを担っていることの宗教的、かつ文明的な異常性を認識することができない。彼らは東南アジア人のように「テキトー(デタラメ)」である。

例えば、ホロコーストに関しては、被害者であるユダヤ教徒が演説するべきである。けれども、広島では、なぜか原子力爆弾を落とした側であるキリスト教徒が演説をしている。もしバルバラ・アレックスが演説するならば、その演説は加害者側の視点である必要があるだろう。

大和民族のノリと雰囲気

上記の女性はキリスト教徒(カトリック)である。俺はバルバラ・アレックスがこども代表に選ばれたのは、現代日本列島東アジア人の雌が西欧地中海人の夫と子供を見せびらかして、自慢して、ちやほやされたかったからであるように思える。そこには、悲劇的な歴史や虐殺や加害者認識が存在しない。

上記のノリや雰囲気が典型的である。まるでフィリピン人がスペイン人の遺伝子を賛美して、自慢するように、現代日本列島東アジア人の雌は自慢の中間種の子供を広島へと送り込んで、ちやほやされたいだけであるように思える。彼女らは人間というよりも、人間の死を認識することができないホモ・エレクトスに近いように見える。

ホモ・エレクトスに社会を作らせると、原子力爆弾の投下という真剣な話題ですら、自分の白人の夫と中間種の子供を見せびらかす場所にしてしまう。そして、彼女らはそれの何が悪いのかすら判断することができないように思える。本当に幼稚であり、本当に動物的である。彼女の発言「時の人」という文句もまた芸能人かアイドルかをキャーキャーちやほやするような何かに似ている。

また、上記の「神様に感謝」の神はイエス・キリストであるだろう。大和民族の視点では、その神こそが原爆を投下して、モンゴロイド人種を虐殺した。彼女は虐殺者と虐殺者の人間性を授かった悪魔と魔に感謝している。悲劇的な場所である広島に対して、彼女がその神に感謝したことは大和民族に対する民族的、かつ宗教的な侮辱である。彼女の行為はホロコースト記念演説で、ナチスやイエス・キリストに感謝するような行為である。

さらに、右の人物は「ミッション」というキリスト教系統の単語を使用した。彼女らは広島における演説をキリスト教系統の「ミッション」と捉えている。

キリスト教徒はモンゴロイド人種を原爆で虐殺してきた。にも関わらず、彼らは被害者を装い、彼らは平和を演説している。日本東アジア人の雌に社会を作らせると、この種の宗教的にも文明的にも間違った、デタラメな行為をノリや雰囲気で実行し始める。広島や長崎はキリスト教ごっこの場所でない。

国際結婚なのにイケメンの夫ではなく私にそっくりな娘 | 家族・友人・人間関係 | 発言小町
私はオーストラリア人の夫、6歳の娘を持つ37歳の主婦です。10年前、趣味で通っていた語学学校で、講師をしていた夫と出会いました。ハリウッド映画のイケメン俳優のように端正なビジュアル…私からの猛アプローチで、国際結婚し、翌年には待望の娘が生ま…
タイトルとURLをコピーしました