Y染色体ハプログループと人種〜コーカサス人種とモンゴロイド人種とネグロイド人種、オーストラロイド人種〜

ホモ・サピエンス生物種
https://en.wikipedia.org/wiki/Human_Y-chromosome_DNA_haplogroup
広告

 Y染色体ハプログループそれ自体は人種に無関係である。例えば、ネグロイド人種のアメリカ国民の一部はY染色体ハプログループR系統を持っている。しかし、Y染色体ハプログループと人種が全く無関係であるとも断定できない。

以下では、俺はY染色体ハプログループと人種を提示する。俺らは人種をY染色体ハプログループから復元できないが、俺らは出アフリカ後の遺伝的な分岐をY染色体ハプログループから復元することができるように感じる。その遺伝的な分岐には人種的な分岐も関連づけられるので、人種をY染色体ハプログループから大雑把に復元することができるだろう。

広告

Y染色体ハプログループと人種、出アフリカ

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_F-M89#/media/File:Haplogroup_F_(Y-DNA).PNG

Y染色体ハプログループと人種

 Y染色体ハプログループと人種:Y染色体ハプログループA及びBがネグロイド人種であり、Y染色体ハプログループI及びJ系統がコーカサス人種であり、Y染色体ハプログループHがトラヴィダ系統であり、Y染色体ハプログループO及びNがモンゴロイド人種系統であるように感じる。

 Y染色体ハプログループA及びBがネグロイド人種であり、Y染色体ハプログループI及びJ系統がコーカサス人種であり、Y染色体ハプログループHがトラヴィダ系統であり、Y染色体ハプログループO及びNがモンゴロイド人種系統であるように感じる。

近縁種としては、Y染色体ハプログループGとTはコーカサス人種系統(I及びJ)に遺伝的にも物理距離的にも近い。Y染色体ハプログループLはトラヴィダ系統(H)とコーカサス人種系統(T)の中間あたりに遺伝的にも物理距離的にも配置される。

Y染色体ハプログループQ及びR系統(正確には親系統のP)はモンゴロイド人種系統(N及びO)に遺伝的にも物理距離的にも近い。またはトラヴィダ系統(H)とモンゴロイド人種系統(N及びO)の間に遺伝的にも物理距離的にも配置されている。

Y染色体ハプログループと出アフリカ

 俺の印象:Y染色体ハプログループの遺伝的な距離は出アフリカにおけるホモ・サピエンス同士の自然な生息地(位置)の物理的な距離に関係している。

 Y染色体ハプログループの遺伝的な距離は出アフリカにおけるホモ・サピエンス同士の自然な生息地(位置)の物理的な距離に関係している。上記の二つの図を見ると、俺らはY染色体ハプログループの遺伝的な距離と出アフリカにおけるサブサハラの物理的な距離が互いに関連していることに気づく。

例えば、モンゴロイド人種系統(N及びO)はネグロイド人種系統(A及びB)から物理的にも遺伝的にも最も離れている。次に、コーカサス人種系統(I及びJ)がネグロイド人種系統(A及びB)から物理的にも遺伝的にも離れている。上記の二つの図を見ると、俺らが南インド人は遺伝的にも物理距離的にもコーカサス人種系統(I及びJ)モンゴロイド人種系統(N及びO)の中間あたりに配置されると感じる。

実際、トラヴィダ人はモンゴロイド人種とコーカサス人種の中間や混ぜ合わせたような顔や性質を持っている。まとめると、遺伝的な距離及び物理的な距離はネグロイド人種系統のA及びB(サブサハラ)>コーカサス人種系統のI及びJ(中東・地中海・欧州)>トラヴィダ系統のH(インド大陸)>モンゴロイド人種系統のN及びO(東洋・東南アジア)になる。

人種不明なY染色体ハプログループ

 人種不明なY染色体ハプログループ:Y染色体ハプログループC及びD及びEは人種不明であり、遺伝的な距離も物理的な距離も不明である。

 Y染色体ハプログループC及びD及びEは人種不明であり、遺伝的な距離も物理的な距離も不明である。Y染色体ハプログループC2及びDの外見はモンゴロイド人種(モンゴル人やチベット人)である。Y染色体ハプログループE1b1b1の外見はコーカサス人種であり、そのほかのY染色体ハプログループEの外見はネグロイド人種的である。

上記の図によると、Y染色体ハプログループC及びD及びEは遺伝的にはネグロイド人種系統(A及びB)に近いように見える。Y染色体ハプログループEがA及びBに最も近く、次にY染色体ハプログループDがY染色体ハプログループE、そしてA及びBに近く、Y染色体ハプログループCがY染色体ハプログループDに近く、そしてY染色体ハプログループE及びA及びBに近い。

コーカサス人種系統のY染色体ハプログループ

Y染色体ハプログループJ

 Y染色体ハプログループJ:Y染色体ハプログループJはコーカサス人種系統のY染色体ハプログループである。

 Y染色体ハプログループJはコーカサス人種系統のY染色体ハプログループである。Y染色体ハプログループJはセム人(アラブ人)であり、彼らはアラビア半島やレヴァントを自然な生息地とする。

Y染色体ハプログループI

 Y染色体ハプログループI:Y染色体ハプログループIはコーカサス人種系統のY染色体ハプログループである。

 Y染色体ハプログループIはコーカサス人種系統のY染色体ハプログループである。Y染色体ハプログループJはバルカン人や北欧人種であり、彼らはバルカン半島や北欧を自然な生息地とする。Y染色体ハプログループIは欧州の原住民であっただろう。

Y染色体ハプログループE(E1b1b)

 Y染色体ハプログループEY染色体ハプログループEはコーカサス人種系統のY染色体ハプログループであるかも。

 Y染色体ハプログループEはコーカサス人種系統のY染色体ハプログループであるかも。正確には、Y染色体ハプログループE1b1bはコーカサス人種のY染色体ハプログループであるかも。Y染色体ハプログループEはエジプト人を始めとする北アフリカ人であり、彼らは北アフリカを自然な生息地とする。Y染色体ハプログループIは北アフリカの原住民であっただろう。

Y染色体ハプログループG

 Y染色体ハプログループGY染色体ハプログループGはコーカサス人種系統のY染色体ハプログループであるかも。

 Y染色体ハプログループGはコーカサス人種系統のY染色体ハプログループであるかも。Y染色体ハプログループGはジョージア人(グルジア人)であり、彼らはコーカサス地域やアナトリア半島を自然な生息地とする。Y染色体ハプログループGは欧州へと流入した初期農耕民であっただろう。

ただし、Y染色体ハプログループGはY染色体ハプログループHに近い。Y染色体ハプログループHはドラヴィダ人であり、彼らの人種はコーカサス人種でないように見える。だから、Y染色体ハプログループGの元々の人種的な形質(形態)がコーカサス人種的であったのか、現在のドラヴィダ人的であったのかは不明である。

Y染色体ハプログループT?

Y染色体ハプログループT:Y染色体ハプログループTはコーカサス人種系統のY染色体ハプログループであるかもしれない。

 Y染色体ハプログループTはコーカサス人種系統のY染色体ハプログループであるかもしれない。個人的には、俺はT系統の人種が何であるかを理解できない。

南インド人種系統のY染色体ハプログループ

Y染色体ハプログループH

 Y染色体ハプログループH:Y染色体ハプログループHは南インド人種人種のY染色体ハプログループである。

 Y染色体ハプログループHは南インド人種人種のY染色体ハプログループである。Y染色体ハプログループHはドラヴィダ人であり、彼らはインド大陸を自然な生息地とする。

Y染色体ハプログループL

 Y染色体ハプログループL:Y染色体ハプログループIは南インド人種人種のY染色体ハプログループである。

 Y染色体ハプログループLは南インド人種人種のY染色体ハプログループである。Y染色体ハプログループLはパキスタン人であり、彼らはパキスタン周辺を自然な生息地とする。彼らはコーカサス人種とドラヴィダ人の中間あたりに配置されているように感じる。

Y染色体ハプログループT?

 Y染色体ハプログループT:Y染色体ハプログループTは南インド人種人種のY染色体ハプログループであるかもしれない。

 Y染色体ハプログループIは南インド人種人種のY染色体ハプログループであるかもしれない。個人的には、俺はT系統の人種が何であるかを理解できない。T系統はコーカサス人種と南インド人種系統の中間あたり、またはコーカサス人種よりに配置されるY染色体ハプログループであるように感じた。