Y染色体ハプログループと人種〜変異と先祖の分岐〜

広告

 以下では、俺はY染色体の変異とY染色体ハプログループについて述べるつもりである。例えば、Aが変異aを持ち、xが変異aと変異bを持つ時、俺はxはAから分岐したY染色体と推論する。そして、俺はBという名前をxに名付ける。なお、俺はSNPや集団内のパーセンテージの意味を把握することができない。また、俺は変異の欠損や回復の考慮などについて知らない。また、Y染色体を特徴付ける変異の数は必ずしも一つでないように見える。

広告
  1. Y染色体ハプログループと変異
    1. 変異(M168)〜CT系統〜
    2. 変異(YAP)〜DE系統〜
    3. 変異(CTS3946)〜D系統〜
    4. 変異(M96)〜E系統〜
    5. 変異(P143)〜CF系統〜
    6. 変異(M130)〜C系統〜
    7. 変異(M89)〜F系統〜
    8. 変異(M3658)〜GHIJK系統〜
    9. 変異(M201)〜G系統〜
    10. 変異(F929)〜HIJK系統〜
    11. 変異(L901)〜H系統〜
    12. 変異(L15)〜IJK系統〜
    13. 変異(M429)〜IJ系統〜
    14. 変異(M170)〜I系統〜
    15. 変異(M304)〜J系統〜
    16. 変異(M9)〜K系統〜
    17. 変異(L298)〜LT系統〜
    18. 変異(M20)〜L系統〜
    19. 変異(M184)〜T系統〜
    20. 変異(M526)〜K2系統〜
    21. 変異(M2308)〜K2a系統〜
    22. 変異(M526)〜K2b系統〜
    23. 変異(M214)〜NO系統〜
    24. 変異(P397)〜K2b1系統〜
    25. 変異(P295)〜P系統〜
    26. 変異(M231)〜N系統〜
    27. 変異(M175)〜O系統〜
    28. 変異(M242)〜Q系統〜
    29. 変異(M207)〜R系統〜
    30. 変異(B254)〜S系統〜
    31. 変異(P256)〜M系統〜
  2. Y染色体ハプログループと人種、出アフリカ
    1. Y染色体ハプログループと人種
    2. Y染色体ハプログループと出アフリカ
    3. 人種不明なY染色体ハプログループ
  3. コーカサス人種系統のY染色体ハプログループ
    1. Y染色体ハプログループJ
    2. Y染色体ハプログループI
    3. Y染色体ハプログループE(E1b1b)
    4. Y染色体ハプログループG
    5. Y染色体ハプログループT?
  4. 南インド人種系統のY染色体ハプログループ
    1. Y染色体ハプログループH
    2. Y染色体ハプログループL
    3. Y染色体ハプログループT?

Y染色体ハプログループと変異

 上記の図は同じ変異を持つ集合を表現している。もしあるホモ・サピエンスがD系統(CTS3946)を持つならば、そのホモ・サピエンスはYAP変異を持つ。もしそのホモ・サピエンスがYAP変異を持つならば、そのホモ・サピエンスはCT系統(M168)を持つ。

変異(M168)〜CT系統〜

 Haplogroup CT is a human Y chromosome haplogroup, defining one of the major paternal lineages of humanity.Men who carry the CT clade have Y chromosomes with the SNP mutation M168, along with P9.1 and M294. These mutations are present in all modern human male lineages except A and B-M60, which are both found almost exclusively in Africa.

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_CT

 Y染色体ハプログループCT系統はM168という変異を持っている。俺の印象では、CTというアルファベットには意味がなく、アルファベットはハプログループの分岐関係を表現している。実質的には、Y染色体ハプログループCTはY染色体ハプログループM168である。個人的な印象では、このM168は非常に大きな分岐の一つであるように見える。

カポイド(A系統)やピグミー(B系統)を含むネグロイド人種を除くと、ホモ・サピエンスと呼ばれる個体のほとんどが変異M168を持っている。一方、カポイドやピグミーは変異M168を持っていない。

変異(YAP)〜DE系統〜

 Haplogroup DE is a human Y-chromosome DNA haplogroup. It is defined by the single nucleotide polymorphism (SNP) mutations, or UEPs, M1(YAP), M145(P205), M203, P144, P153, P165, P167, P183.[6]

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_DE

 Y染色体ハプログループDE系統はYAPという変異を持っている。俺の印象では、DEというアルファベットには意味がなく、アルファベットはハプログループの分岐関係を表現している。実質的には、Y染色体ハプログループDEはY染色体ハプログループYAPである。DE系統はM168-YAPである。CF系統はYAPを持たない。

上記のYAPやM145やP144を見ればわかるように、DE系統を特徴付ける変異の数は1でない。個人的な印象では、このYAP変異はCF系統と同様に大きな分岐の一つであるように見える。チベット人や日本人の一部やアンダマン人や北アフリカ人はYAPを持っている。一方、モンゴル人や漢人やアメリカ先住民やインド人やアボリジニやパプア・ニューギニア人や欧州人や地中海人はYAPを持っていない。

アインシュタインやライト兄弟はYAPを持っている。もし天皇がD系統であるならば、天皇はYAPを持っている。

変異(CTS3946)〜D系統〜

Haplogroup D or D-CTS3946 is a Y-chromosome haplogroup. Like its relative distant sibling, haplogroup E-M96, D-CTS3946 has the YAP+ unique-event polymorphism, which defines their parent, haplogroup DE.

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_D-CTS3946

 YAPには、CTS3946を持つものとCTS3946を持たないものがある。CTS3946を持つものはY染色体ハプログループD系統と呼ばれる。Y染色体ハプログループDはY染色体ハプログループCTS3946である。D系統はM168-YAP-CTS3946である。

チベット人や日本人の一部やアンダマン人はCTS3946を持っている。一方、北アフリカ人はCTS3946を持っていない。

変異(M96)〜E系統〜

 HaplogroupE-M96 is a human Y-chromosome DNA haplogroup. It is one of the two main branches of the older and ancestral haplogroup DE, the other main branch being haplogroup D. The E-M96 clade is divided into two main subclades: the more common E-P147, and the less common E-M75.

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_E-M96

 CTS3946を持たないもののうち、M96という変異を持つものはY染色体ハプログループE系統と呼ばれる。E系統はM168-YAP-M96である。北アフリカ人はM96を持っている。一方、チベット人や日本人の一部やアンダマン人はM96を持っていない。

変異(P143)〜CF系統〜

Haplogroup CF, also known as CF-P143 and CT(xDE), is a human Y-chromosome DNA haplogroup. This paternal lineage is defined by the SNP P143. The clade’s existence and distribution are inferred from the fact that haplogroups descended from CF include most human male lineages in EurasiaOceania and The Americas.

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_CF_(Y-DNA)

 Y染色体ハプログループCF系統はP143という変異を持っている。Y染色体ハプログループCFはY染色体ハプログループP143である。CF系統はM168-P143である。このCF系統の分岐はYAP変異と同様に非常に大きな分岐であるように見える。P143はO系統やR系統を生み出したが、その他の変異を持たない純粋なP143が現在まで残っているようには思えない。

モンゴル人や漢人やアメリカ先住民やインド人やアボリジニやパプア・ニューギニア人や欧州人や地中海人はP143を持っている。一方、北アフリカ人やチベット人や日本人の一部やアンダマン人はP143を持っていない。

変異(M130)〜C系統〜

Haplogroup C is a major Y-chromosome haplogroup, defined by UEPs M130/RPS4Y711, P184, P255, and P260, which are all SNP mutations.

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_C-M130

 P143には、M130を持つものとM130を持たないものがある。M130を持つものはY染色体ハプログループC系統と呼ばれる。Y染色体ハプログループCはY染色体ハプログループM130である。C系統はM168-P143-M130である。なお、俺はM130/RPS4Y711のRPS4Y711の意味を知らない。

モンゴル人やイヌイットの一部、アボリジニ、パプア・ニューギニア人の一部はM130を持っている。漢人やアメリカ先住民やインド人や欧州人やバルカン人及び北欧人やアラブ人(セム人または中東人)や地中海人はM130を持っていない。

変異(M89)〜F系統〜

Haplogroup F, also known as F-M89 and previously as Haplogroup FT is a very common Y-chromosome haplogroup. The clade and its subclades constitute over 90% of paternal lineages outside of Africa.

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_F-M89

 Y染色体ハプログループF系統はM89という変異を持っている。Y染色体ハプログループFはY染色体ハプログループM89である。F系統はM168-P143-M89である。現在、純粋なM89が存在するのかは不明である。もしM89が数万年前に生じたならば、任意の変異を持たないM89が現在まで残っているようには思えない。

漢人やアメリカ先住民やインド人や欧州人やバルカン人及び北欧人やアラブ人(セム人または中東人)や地中海人はM89を持っている。モンゴル人やイヌイットの一部、アボリジニ、パプア・ニューギニア人の一部はM89を持っていない。

なお、FはGHIJKの他にF1(P91)とF2(M427)とF3(M481)という分岐を持つ。

変異(M3658)〜GHIJK系統〜

Haplogroup GHIJK, defined by the SNPs M3658, F1329, PF2622, and YSC0001299,[3] is a common Y-chromosome haplogroup. This macrohaplogroup and its subclades contain the vast majority of the world’s existing male population.

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_GHIJK

 Y染色体ハプログループGHIJK系統はM3658という変異を持っている。Y染色体ハプログループGHIJKはY染色体ハプログループM3658である。GHIJK系統はM168-P143-M89-M3658である。現在、純粋なM3658が存在するのかは不明である。もしMM3658が数万年前に生じたならば、任意の変異を持たないM3658が現在まで残っているようには思えない。実際、M3658はG、H、I、J、Kを生み出した。

漢人やアメリカ先住民やインド人や欧州人やバルカン人及び北欧人やアラブ人(セム人または中東人)や地中海人はM3658を持っている。

変異(M201)〜G系統〜

Haplogroup G (M201) is a human Y-chromosome haplogroup. It is one of two branches of the parent haplogroup GHIJK, the other being HIJK.At the level of national populations, G-M201 is most commonly found in Georgia; it is found at even higher levels among many other regional and minority populations in the Caucasus

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_G-M201

 Y染色体ハプログループG系統はM201という変異を持っている。Y染色体ハプログループGはY染色体ハプログループM201である。G系統はM168-P143-M89-M3658-M201である。 

漢人やアメリカ先住民やインド人や欧州人やバルカン人及び北欧人やアラブ人(セム人または中東人)や地中海人はM201を持っていない。俺の憶測では、初期欧州農耕民がM201を持っていた可能性がある。このG系統(M201)が誰であったのかは不明である。

変異(F929)〜HIJK系統〜

Haplogroup HIJK, defined by the SNPs F929, M578, PF3494 and S6397,[2] is a common Y-chromosome haplogroup. Like its parent macrohaplogroup GHIJK, Haplogroup HIJK and its subclades comprise the vast majority of the world’s male population.

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_HIJK

 Y染色体ハプログループHIJKはF929によって特徴付けられる。Y染色体ハプログループHIJKはY染色体ハプログループF929である。HIJK系統はM168-P143-M89-M3658-F929である。漢人やアメリカ先住民やインド人や欧州人やバルカン人及び北欧人やアラブ人(セム人または中東人)や地中海人はM3658を持っている。

変異(L901)〜H系統〜

Haplogroup H (Y-DNA), also known as H-L901/M2939 is a Y-chromosome haplogroup.

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_H_(Y-DNA)

Y染色体ハプログループH系統はL901という変異を持っている(/M2939を省略した)。Y染色体ハプログループHはY染色体ハプログループL901である。H系統はM168-P143-M89-M3658-F929-L901である。ドラヴィダ人はL901を持っている。漢人やアメリカ先住民やドラヴィダ人を除くインド人や欧州人やバルカン人及び北欧人やアラブ人(セム人または中東人)や地中海人はL901を持っていない。

変異(L15)〜IJK系統〜

Haplogroup IJK is a human Y-chromosome DNA haplogroup. IJK is a primary branch of the macrohaplogroup HIJK. Its direct descendants are haplogroup IJ and haplogroup K.[2]

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_IJK

 Y染色体ハプログループIJKはL15によって特徴付けられる。Y染色体ハプログループIJKはY染色体ハプログループL15である。IJK系統はM168-P143-M89-M3658-F929-L15である。L15はIとJとKを生み出した。漢人やアメリカ先住民やドラヴィダ人を除くインド人や欧州人やバルカン人及び北欧人やアラブ人(セム人または中東人)や地中海人はL15を持っている。

変異(M429)〜IJ系統〜

Haplogroup IJ (M429/P125) is a human Y-chromosome DNA haplogroup, an immediate descendant of Haplogroup IJK (formerly known as Haplogroup F-L15).[2] IJK is a branch of Haplogroup HIJK.

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_IJ

 Y染色体ハプログループIJはM429によって特徴付けられる。Y染色体ハプログループIJはY染色体ハプログループM429である。IJ系統はM168-P143-M89-M3658-F929-L15-M429である。バルカン人及び北欧人やアラブ人(セム人または中東人)はM429を持っている。一方、漢人やアメリカ先住民やドラヴィダ人を除くインド人や欧州人や地中海人はM429を持っていない。

変異(M170)〜I系統〜

Haplogroup I (M170) is a Y-chromosome DNA haplogroup. It is a subgroup of haplogroup IJ, which itself is a derivative of the haplogroup IJK. Subclades I1 and I2 can be found in most present-day European populations, with peaks in some Northern European and Southeastern European countries.

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_I-M170

 Y染色体ハプログループIはM429によって特徴付けられる。Y染色体ハプログループIはY染色体ハプログループM170である。I系統はM168-P143-M89-M3658-F929-L15-M429-M170である。バルカン人及び北欧人はM170を持っている。一方、アラブ人はM170を持っていない。

変異(M304)〜J系統〜

 Haplogroup J-M304, also known as J,[Phylogenetics 1] is a human Y-chromosome DNA haplogroup. It is believed to have evolved in Western Asia.[2] 

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_J_(Y-DNA)

 Y染色体ハプログループJはM304によって特徴付けられる。Y染色体ハプログループJはY染色体ハプログループM304である。J系統はM168-P143-M89-M3658-F929-L15-M429-M304である。アラブ人はM304を持っている。一方、バルカン人及び北欧人はM304を持っていない。

変異(M9)〜K系統〜

Haplogroup K or K-M9 is a human Y-chromosome DNA haplogroup. A sublineage of haplogroup IJK, K-M9, and its descendant clades represent a geographically widespread and diverse haplogroup. The lineages have long been found among males on every continent.

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_K-M9

 Y染色体ハプログループKはM9によって特徴付けられる。Y染色体ハプログループKはY染色体ハプログループM9である。K系統はM168-P143-M89-M3658-F929-L15-M9である。漢人やアメリカ先住民やドラヴィダ人を除くインド人や欧州人や地中海人はM9を持っている。

変異(L298)〜LT系統〜

Haplogroup LT or L298/P326, also known as K1 (and previously as Haplogroup K2), is a Y-chromosome DNA haplogroup. Its defining SNP mutations are L298 and P326.

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_LT

Y染色体ハプログループLT系統はL298という変異を持っている。Y染色体ハプログループLTはY染色体ハプログループL298である。LT系統はM168-P143-M89-M3658-F929-L15-M9-L298である。パキスタン人はL298を持っている。一方、漢人やアメリカ先住民やインド人や欧州人や地中海人はM9を持っていない。

変異(M20)〜L系統〜

Haplogroup L-M20 is a human Y-DNA haplogroup, which is defined by SNPs M11, M20, M61 and M185. As a secondary descendant of haplogroup K and a primary branch of haplogroup LT, haplogroup L currently has the alternative phylogenetic name of  K1a, and is a sibling of haplogroup T (a.k.a. K1b).

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_L-M20

 Y染色体ハプログループL系統はM20という変異を持っている。Y染色体ハプログループLはY染色体ハプログループM20である。L系統はM168-P143-M89-M3658-F929-L15-M9-L298-M20である。パキスタン人はM20を持っていない。漢人やアメリカ先住民やインド人や欧州人や地中海人はM20を持っていない。

変異(M184)〜T系統〜

Haplogroup T-M184, also known as Haplogroup T, is a human Y-chromosome DNA haplogroup. The unique-event polymorphism that defines this clade is the single-nucleotide polymorphism known as M184. Other SNPs – M272PAGES129L810L455L452, and L445 – are considered to be phylogeneticallyequivalent to M184

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_T-M184

Y染色体ハプログループT系統はM184という変異を持っている。Y染色体ハプログループTはY染色体ハプログループM184である。T系統はM168-P143-M89-M3658-F929-L15-M9-L298-M184である。パキスタン人はM9を持っていない。漢人やアメリカ先住民やインド人や欧州人や地中海人はM9を持っていない。

変異(M526)〜K2系統〜

Haplogroup K2, also known as K-M526 and formerly known as K(xLT) and MNOPS,[4] is a human Y-DNA haplogroup.

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_K2

 Y染色体ハプログループK2はM526によって特徴付けられる。Y染色体ハプログループK2はY染色体ハプログループM526である。K2系統はM168-P143-M89-M3658-F929-L15-M9-M526である。漢人やアメリカ先住民やインド人や欧州人や地中海人はM526を持っている。

変異(M2308)〜K2a系統〜

 Haplogroup K2a (M2308, Z4842) is a human Y-chromosome DNA haplogroup. K2a is a primary subclade of haplogroup K2 (M526), which in turn is a primary descendant of haplogroup K (M9). Its sole primary descendant is haplogroup K-M2313 (M2313, Z4858 S11799).[3][6]

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_K2a_(Y-DNA)

 Y染色体ハプログループK2aはM2308によって特徴付けられる。Y染色体ハプログループK2aはY染色体ハプログループM2308である。K2a系統はM168-P143-M89-M3658-F929-L15-M9-M526-M2308である。漢人はM2308を持っている。一方、アメリカ先住民や欧州人や地中海人はM2308を持っていない。

変異(M526)〜K2b系統〜

Haplogroup K2b (P331), also known as MPS[2] is a human y-chromosome haplogroup that is thought to be less than 3,000 years younger than K, and less than 10,000 years younger than F, meaning it probably is around 50,000 years old, according to the age estimates of Tatiana Karafet et al. 2014.[1]

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_K2b_(Y-DNA)

 Y染色体ハプログループK2bはP331によって特徴付けられる。Y染色体ハプログループK2bはY染色体ハプログループP331である。K2b系統はM168-P143-M89-M3658-F929-L15-M9-M526-P331である。漢人はP331を持っていない。一方、アメリカ先住民や欧州人や地中海人はP331を持っている。

変異(M214)〜NO系統〜

Haplogroup NO (M214/Page39; F176/M2314; CTS5858/M2325/F346; CTS11572),[8] also known as NO-M214 and NO1,[8] is a human Y-chromosome DNA haplogroup. NO is the sole confirmed subclade of Haplogroup K2a1 (K-M2313), which is the sole subclade of Haplogroup K2a (K-M2308).[6] 

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_NO

 Y染色体ハプログループNOはM214によって特徴付けられる。Y染色体ハプログループNOはY染色体ハプログループM214である。NO系統はM168-P143-M89-M3658-F929-L15-M9-M526-M2308-M214である。漢人はM214を持っている。一方、アメリカ先住民や欧州人や地中海人はM214を持っていない。

変異(P397)〜K2b1系統〜

 Haplogroup K2b1, known sometimes as haplogroup MS, is a human Y-DNA haplogroup, defined by SNPsP397 and P399. It has a complex, diverse and not-yet fully understood internal structure; its downstream descendants include the major haplogroups Haplogroup M (P256) and Haplogroup S (M230).[3][2]

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_K2b1_(Y-DNA)

 Y染色体ハプログループK2b1はP397によって特徴付けられる。Y染色体ハプログループK2b1はY染色体ハプログループP397である。K2b1系統はM168-P143-M89-M3658-F929-L15-M9-M526-P331-P397である。

変異(P295)〜P系統〜

Haplogroup P also known as P-P295 and K2b2 is a Y-chromosome DNA haplogroup in human genetics. P-P295 is a branch of K2b (previously Haplogroup MPS; P331), which is a branch of Haplogroup K2 (K-M526).

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_P_(Y-DNA)

 Y染色体ハプログループK2b2(またはP)はP295によって特徴付けられる。Y染色体ハプログループK2b2(またはP)はY染色体ハプログループP295である。K2b2(またはP)系統はM168-P143-M89-M3658-F929-L15-M9-M526-P331-P295である。漢人はP295を持っていない。一方、アメリカ先住民や欧州人や地中海人はP295を持っている。

変異(M231)〜N系統〜

 Haplogroup N (M231) is a Y-chromosome DNA haplogroup defined by the presence of the single-nucleotide polymorphism (SNP) marker M231.[Phylogenetics 1]

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_N-M231

 Y染色体ハプログループNはM231によって特徴付けられる。Y染色体ハプログループNはY染色体ハプログループM231である。N系統はM168-P143-M89-M3658-F929-L15-M9-M526-M2308-M214-M231である。

変異(M175)〜O系統〜

 Haplogroup O, also known as O-M175, is a human Y-chromosome DNA haplogroup. It is primarily found among populations in Southeast Asia and East Asia. It also is found in various percentages of populations of the Russian Far EastSouth AsiaCentral AsiaCaucasusCrimea, the Middle EastOceaniaMadagascarAfricaCaribbean and the Comoros. Haplogroup O is a primary descendant of haplogroup NO-M214.

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_O-M175

 Y染色体ハプログループOはM175によって特徴付けられる。Y染色体ハプログループOはY染色体ハプログループM175である。O系統はM168-P143-M89-M3658-F929-L15-M9-M526-M2308-M214-M175である。漢人はM175を持っている。

変異(M242)〜Q系統〜

Haplogroup Q or Q-M242 is a Y-chromosome DNA haplogroup. It has one primary subcladeHaplogroup Q1 (L232/S432), which includes numerous subclades that have been sampled and identified in males among modern populations.

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_Q-M242

 Y染色体ハプログループQはM242によって特徴付けられる。Y染色体ハプログループQはY染色体ハプログループM242である。Q系統はM168-P143-M89-M3658-F929-L15-M9-M526-P331-P295-M242である。アメリカ先住民をM242を持っている。一方、アーリア人はM242を持っていない。

変異(M207)〜R系統〜

Haplogroup R, or R-M207, is a Y-chromosome DNA haplogroup. It is both numerous and widespread amongst modern populations.Some descendant subclades have been found since pre-history in EuropeCentral Asia and South Asia

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_R_(Y-DNA)

 Y染色体ハプログループRはP295によって特徴付けられる。Y染色体ハプログループRはY染色体ハプログループM207である。R系統はM168-P143-M89-M3658-F929-L15-M9-M526-P331-P295-M207である。アーリア人はM207を持っている。一方、アメリカ先住民はM207を持っていない。

変異(B254)〜S系統〜

Haplogroup S also known as S-B254 is a human Y-DNA haplogroup, defined by the SNPs B254 and Z33355.[1] Until 2016, it was known as Haplogroup S1

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_S-B254

 Y染色体ハプログループSはB254によって特徴付けられる。Y染色体ハプログループSはY染色体ハプログループB254である。S系統はM168-P143-M89-M3658-F929-L15-M9-M526-P331-P397-B254である。

変異(P256)〜M系統〜

 Haplogroup M, also known as M-P256 and Haplogroup K2b1b (previously K2b1d) is a Y-chromosome DNA haplogroup. M-P256 is a descendant haplogroup of Haplogroup K2b1, and is believed to have first appeared between 32,000 and 47,000 years ago (Scheinfeldt 2006).

https://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup_M-P256

 Y染色体ハプログループMはP256によって特徴付けられる。Y染色体ハプログループMはY染色体ハプログループP256である。M系統はM168-P143-M89-M3658-F929-L15-M9-M526-P331-P397-P256である。

Y染色体ハプログループと人種、出アフリカ

Y染色体ハプログループと人種

 Y染色体ハプログループA及びBがネグロイド人種であり、Y染色体ハプログループI及びJ系統がコーカサス人種であり、Y染色体ハプログループHがトラヴィダ系統であり、Y染色体ハプログループO及びNがモンゴロイド人種系統であるように感じる。

近縁種としては、Y染色体ハプログループGとTはコーカサス人種系統(I及びJ)に遺伝的にも物理距離的にも近い。Y染色体ハプログループLはトラヴィダ系統(H)とコーカサス人種系統(T)の中間あたりに遺伝的にも物理距離的にも配置される。

Y染色体ハプログループQ及びR系統(正確には親系統のP)はモンゴロイド人種系統(N及びO)に遺伝的にも物理距離的にも近い。またはトラヴィダ系統(H)とモンゴロイド人種系統(N及びO)の間に遺伝的にも物理距離的にも配置されている。

Y染色体ハプログループと出アフリカ

 Y染色体ハプログループの遺伝的な距離は出アフリカにおけるホモ・サピエンス同士の自然な生息地(位置)の物理的な距離に関係している。上記の二つの図を見ると、俺らはY染色体ハプログループの遺伝的な距離と出アフリカにおけるサブサハラの物理的な距離が互いに関連していることに気づく。

例えば、モンゴロイド人種系統(N及びO)はネグロイド人種系統(A及びB)から物理的にも遺伝的にも最も離れている。次に、コーカサス人種系統(I及びJ)がネグロイド人種系統(A及びB)から物理的にも遺伝的にも離れている。上記の二つの図を見ると、俺らが南インド人は遺伝的にも物理距離的にもコーカサス人種系統(I及びJ)モンゴロイド人種系統(N及びO)の中間あたりに配置されると感じる。

実際、トラヴィダ人はモンゴロイド人種とコーカサス人種の中間や混ぜ合わせたような顔や性質を持っている。まとめると、遺伝的な距離及び物理的な距離はネグロイド人種系統のA及びB(サブサハラ)>コーカサス人種系統のI及びJ(中東・地中海・欧州)>トラヴィダ系統のH(インド大陸)>モンゴロイド人種系統のN及びO(東洋・東南アジア)になる。

人種不明なY染色体ハプログループ

 Y染色体ハプログループC及びD及びEは人種不明であり、遺伝的な距離も物理的な距離も不明である。Y染色体ハプログループC2及びDの外見はモンゴロイド人種(モンゴル人やチベット人)である。Y染色体ハプログループE1b1b1の外見はコーカサス人種であり、そのほかのY染色体ハプログループEの外見はネグロイド人種的である。

上記の図によると、Y染色体ハプログループC及びD及びEは遺伝的にはネグロイド人種系統(A及びB)に近いように見える。Y染色体ハプログループEがA及びBに最も近く、次にY染色体ハプログループDがY染色体ハプログループE、そしてA及びBに近く、Y染色体ハプログループCがY染色体ハプログループDに近く、そしてY染色体ハプログループE及びA及びBに近い。

コーカサス人種系統のY染色体ハプログループ

Y染色体ハプログループJ

 Y染色体ハプログループJはコーカサス人種系統のY染色体ハプログループである。Y染色体ハプログループJはセム人(アラブ人)であり、彼らはアラビア半島やレヴァントを自然な生息地とする。

Y染色体ハプログループI

 Y染色体ハプログループIはコーカサス人種系統のY染色体ハプログループである。Y染色体ハプログループJはバルカン人や北欧人種であり、彼らはバルカン半島や北欧を自然な生息地とする。Y染色体ハプログループIは欧州の原住民であっただろう。

Y染色体ハプログループE(E1b1b)

 Y染色体ハプログループEはコーカサス人種系統のY染色体ハプログループであるかも。正確には、Y染色体ハプログループE1b1bはコーカサス人種のY染色体ハプログループであるかも。Y染色体ハプログループEはエジプト人を始めとする北アフリカ人であり、彼らは北アフリカを自然な生息地とする。Y染色体ハプログループIは北アフリカの原住民であっただろう。

Y染色体ハプログループG

 Y染色体ハプログループGはコーカサス人種系統のY染色体ハプログループであるかも。Y染色体ハプログループGはジョージア人(グルジア人)であり、彼らはコーカサス地域やアナトリア半島を自然な生息地とする。Y染色体ハプログループGは欧州へと流入した初期農耕民であっただろう。

ただし、Y染色体ハプログループGはY染色体ハプログループHに近い。Y染色体ハプログループHはドラヴィダ人であり、彼らの人種はコーカサス人種でないように見える。だから、Y染色体ハプログループGの元々の人種的な形質(形態)がコーカサス人種的であったのか、現在のドラヴィダ人的であったのかは不明である。

Y染色体ハプログループT?

 Y染色体ハプログループTはコーカサス人種系統のY染色体ハプログループであるかもしれない。個人的には、俺はT系統の人種が何であるかを理解できない。

南インド人種系統のY染色体ハプログループ

Y染色体ハプログループH

 Y染色体ハプログループHは南インド人種人種のY染色体ハプログループである。Y染色体ハプログループHはドラヴィダ人であり、彼らはインド大陸を自然な生息地とする。

Y染色体ハプログループL

 Y染色体ハプログループLは南インド人種人種のY染色体ハプログループである。Y染色体ハプログループLはパキスタン人であり、彼らはパキスタン周辺を自然な生息地とする。彼らはコーカサス人種とドラヴィダ人の中間あたりに配置されているように感じる。

Y染色体ハプログループT?

 Y染色体ハプログループIは南インド人種人種のY染色体ハプログループであるかもしれない。個人的には、俺はT系統の人種が何であるかを理解できない。T系統はコーカサス人種と南インド人種系統の中間あたり、またはコーカサス人種よりに配置されるY染色体ハプログループであるように感じた。

タイトルとURLをコピーしました