サンドラ・ヘフェリンの半分(ハーフ)は誰かなのか

ホモ・サピエンス生物種
広告

 以下では、俺はサンドラ・ヘフェリンに関する問題点を提示するつもりである。その問題とは、サンドラ・ヘフェリンは自己の出自を明らかにしないことである。にも関わらず、サンドラ・ヘフェリンは政治的な問題を語る。

俺はハーフを「中間種」と呼ぶ。ハーフやミックスはカタカナ用語であるので、俺はそれらの単語を適切であると認識しない。

広告

サンドラヘフェリン

サンドラヘフェリン

 サンドラヘフェリン:サンドラヘフェリンは自己の人種系統や民族系統を一切明らかにしないので、誰も彼女が生物的に誰であるのかすら知ることができない。

 サンドラヘフェリンは自己の人種や民族系統を一切明らかにしないので、誰も彼女が生物的に誰であるのかすら知ることができない。サンドラヘフェリンは彼女自身をハーフやドイツ出身と呼んできた。彼女は彼女の半分が日本人か朝鮮人か中国人かを絶対に明らかにしない。

さらに、彼女は彼女の半分がドイツ人かロシア人かトルコ人かを明らかにしない。にも関わらず、彼女は日本列島において政治的な発言を繰り返してきた。例えば、彼女は竹島を韓国に売れと発言したが、彼女の行為は日本人の日本国民の命を危険にさらしている。俺が彼女の行為を見る時、民主制度は限界に近づきつつあると判断した。

サンドラヘフェリンは非常に気味の悪い存在である。彼女は俺らの中にしれっと混ざり込んでいるが、彼女は何も自己紹介しないので、俺らは彼女が誰であるのかすらわからない。にも関わらず、彼女は「ドイツでは〜」と批判してくるので、本当に不気味な存在である。俺は「お前は誰だよ?」と言いたくなる。

サンドラヘフェリン

 サンドラヘフェリン:サンドラヘフェリンは自己の宗教や自己の国籍や自己の文明的な所属、自己の視点すら明らかにしない。

 サンドラヘフェリンは自己の宗教や自己の国籍や自己の文明的な所属、自己の視点すら明らかにしない。俺はサンドラヘフェリンがキリスト教であるのか、日本国民であるのか、ドイツ国民であるのか、東洋文明に所属しているのか、モンゴロイド人種視点であるか、コーカサス人種視点であるのかすらわからない。

サンドラヘフェリンは人種系統や民族系統といった生物的な事実だけでなく、サンドラヘフェリンは人工的な概念(宗教や国籍や所属)も彼女自身で表現しない。当然であるが、もし俺らが互いの人種も民族も宗教も国籍も文明も俺ら自身で表現しないならば、俺らは互いに意思疎通できないだろう。

ハーフ(中間種)という奇妙な単語

卑怯さ

 卑怯さ:サンドラヘフェリンは大和民族や日本国を批判したいが、自分は批判されたくないので、ハーフという単語を使用する。

 サンドラヘフェリンは大和民族や日本国を批判したいが、自分は批判されたくないので、ハーフという単語を使用する。 彼女は不安を恐れるので、歴史的な義務や責任を負いたくない。彼女がハーフという単語を使用する時、彼女は彼女自身を批判されない立場に置くことができる。

また、彼女は半分白人であることの優越感を感じ、フィリピン人やサブサハラ人種との中間種を見下しながら、彼女は被害者ぶることができる。アジア地域では、西側の白人種との中間種は色付きに歴史的に加害者であり被害者でない。彼らは黒人奴隷やモンゴロイド人種の虐殺に関する共犯者である。しかし、彼女らはハーフという単語を使用する時、これをごまかすことができる。

彼女の歴史修正主義的な行為は非常に卑しく卑怯である。彼女は彼女の先祖を隠蔽しながら被害者ぶり、日本人を人種的に侮辱してきた。彼女はハーフという大衆の陰に隠れながら、他者を一方的に侮辱してきた。

不安が嫌

 不安が嫌:サンドラヘフェリンは自己の不安を何よりも恐れるので、ハーフという謎の単語を不安を回避しようとする。

 サンドラヘフェリンは自己の不安を何よりも恐れるので、ハーフという謎の単語を不安を回避しようとする。彼女は民族や人種の話を嫌がる。彼女は国籍の報道すら嫌がる。なぜなら、彼女は二重国籍者であり、それが悪いと内心判断してきた。

彼女は彼女自身の民族や人種や国籍すら隠す。なぜなら、彼女は誰からも批判されたくないが、批判したい。彼女がハーフという単語を使用する時、彼女は何も責任を負わずに日本人を批判できる。

誰も彼女の半分が日本人か、彼女が日本国民であるのかドイツ国民であるのかすら知らない。なぜなら、彼女は彼女自身をハーフと呼ぶ。彼女は国籍すら明らかにしないが、彼女は日本人が彼女をハーフとして受け入れることを暗に強制する。

責任の所在の隠蔽

 責任の所在の隠蔽:サンドラヘフェリンは自己の歴史的な責任の所在を隠蔽したいので、サンドラヘフェリンは自己をハーフと呼ぶ。

 サンドラヘフェリンは自己の歴史的な責任の所在を隠蔽したいので、サンドラヘフェリンは自己をハーフと呼ぶ。彼女は政治的な発言を繰り返す。しかし、彼女は彼女自身の国籍を明らかにしないで、彼女をハーフと呼ぶ。なぜなら、たとえ彼女が社会的な事故を引き起こしても、彼女は他のハーフ、例えばフィリピン人やサブサハラ人(ネグロイド人)との中間種に責任を押し付けたい。

ダルヴィッシュ有と玉城デニーとサンドラヘフェリンでは、歴史的な義務や責任が異なる。だから、彼女はハーフを名乗り政治活動に従事すべきでない。しかし、彼女はこれすら理解しようとしない。彼女は誰からも批判されたくないのでハーフを名乗る。

彼女は彼女のウンコの後始末を他のハーフに押し付けたいので、ハーフを名乗る。この種の行為は非常に悪く、俺らは彼女の行為を厳しく糾弾すべき。彼女はナンバープレートをつけずに彼女の肉体を運転する。なぜなら、交通事故を引き起こしても、ひき逃げできるように。他のハーフに責任を押し付けれるように。彼女は実にドイツ人的である。ドイツ人らしい無責任さ。

中間種と民主主義の終わり

責任の主体の欠如

 責任の主体の欠如:中間種は自己の歴史的な義務や責任を負う主体でない。

 中間種は自己の歴史的な義務や責任を負う主体でない。俺が中間種を見る時、彼らはどのような歴史的な義務や責任を負っているのかと疑問に思う。彼らは被害者ぶるが、ヘフェリンの半分は白人であるので、アジア地域で加害者である。

日本人とは大和民族の要素であり、朝鮮人とは朝鮮民族の要素であり、中国人とは漢民族の要素である。彼らは過去に分岐した。そして、彼らの先祖はその分岐を維持してきた。だから、中国人も朝鮮人も日本人も歴史的な義務や責任を負ってきた。では、サンドラヘフェリンはどうなのか。彼女は分岐種でなく中間種であり、彼女は歴史的な義務や責任を一切負っていないように思える。

無責任さ

 無責任さ:サンドラ・ヘフェリンは人種的にも国民的にも無責任である。

 俺はドイツとドイツ人が嫌いであるが、その原因はサンドラ・ヘフェリンの振る舞いにある。俺が彼女を見れば見るほど、俺はドイツとドイツ人に対する嫌悪感を抱く。日本やアジア地域在住のドイツ人(白人)はドイツのためを考えて、礼儀正しく振舞っているように見える。

しかし、この種の中間種は異常に失礼である。俺の印象によると、彼女は日本人の母親の真似を無意識にしている。東洋人は彼女らと大人の付き合いをすることができないだろう。この種の心理はその他の中間種にも言える。

純粋な白人は国家や人種の将来を真面目に考えるので、アジア地域での振る舞いは、例外を除くと、ある程度きちんとしている。けれども、中間種の一部は歴史や人種を背負わないので、掲示板の荒らしみたいな振る舞いを繰り返す。

人間社会の維持を日本列島の上の原住民(大和民族)にさせる

 奴隷化:サンドラ・ヘフェリンは人間社会の維持を日本列島の上の原住民(大和民族)にさせる

 サンドラ・ヘフェリンは人間社会の維持を日本列島の上の原住民(大和民族)にさせる彼女は二重国籍を好む。なぜなら、彼女は日本人が日本社会の維持をしてくれることを暗に期待する。もしこの種の中間種が増加するならば、日本人の日本国民の負担のみが増加する。

この種の中間種は、たとえ日本社会が崩壊しても逃げれば良いと考えている。彼女ら自身の行為によって生じた人間的現象の責任を一切取るつもりがない。彼女らはまるで轢き逃げや早撃ちマックのようである。

つぶやき

 白人との中間種は黒人奴隷やモンゴロイド人種の虐殺や虐殺地や搾取地に関して共犯者であった。にも関わらず、彼女らはまた同じ間違いを繰り返そうとしている。彼女は白人の価値観をアジア地域へと輸入しようとするが、彼女の行為はアジア人や東洋人を白人に売っている行為である。

しかし、彼女はそれを自覚できない。彼女はそれを先進的や国際化と見なしている。また、彼女らは日本人を侮辱しながら日本人に金銭的に軍事的に依存している。彼女らは無自覚的な乞食であり、大損害を日本人に与えてきた。彼女らはその損害に関して賠償せずに、なぜか被害者ぶる。俺が彼女らを見る時、文明とは何かと思い巡らす。

彼女の行為は掲示板の荒らし行為と同じである。彼女はドイツ人の印象すら考えない。彼女は歴史的な義務や責任を一切追うつもりがない。この種の人間に国籍は不要である。彼女は日本人に依存しながら、日本人を侮辱する。にも関わらず、彼女は日本人に助けを求める。助けれくれないと、ハーフだから差別されたと白人に泣きつく。彼女はこの種の異常性を認識できない。

彼女に関する上記の呟きも非常に示唆的である。中間種の大部分は日本人に依存しながら、日本人を人種的に侮辱する。もし彼女が優秀であるならば、なぜ彼女らは大局的に自立して中国人や白人やサブさはらじんと対峙しないのか。

中間種に対する俺の違和感はここにある。彼女は日本人に守ってもらいながら、日本人を人種的に侮辱して損害を与える。にもかかわらず、彼女は被害者ぶる。

俺が彼女を見る時、彼女の行為はどんな恐怖映画よりも俺にとって恐怖である。彼女の行為は俺をぞっとさせる。彼女の行為は人間とは何か、文明とは何か、人間の尊厳とは何かについて、考えさせる。

追記:サンドラ・ヘフェリンの母親は民族的に日本人であるか?朝鮮人の日本国民であるか?

 メルケル首相はポーランド人のドイツ国民である。メルケルは誠実で真面目な人間であるので、彼女は彼女自身の出自をきちんと明らかにしている。しかし、サンドラ・ヘフェリンは彼女の半分の民族も人種も部族も宗教も国籍も明らかにしない。

 私はハーフである。

 誰が彼女と歴史的な話を交わせるのか?

なぜサンドラ・ヘフェリンは日本人ばかりを侮辱するか?

  俺がサンドラ・ヘフェリンの行動を見るとき、彼女の母親は本当に日本人であったのか勘ぐる。サンドラ・ヘフェリンは彼女自身を「ハーフ」や「ドイツ出身」としか言わないので、彼女の半分がドイツ人なのか日本人なのか、誰もわからない。けれども、彼女は政治的な発言を日本国内で繰り返す。

 これは非常に卑怯である。

非常な行為は悪い。

 さらに悪いことに、サンドラ・ヘフェリンは日本人や日本国が不利になるような発言を繰り返すので、俺は彼女の半分は日本人でなく朝鮮人でないかと勘ぐる。例えば、過去に、彼女は「竹島を韓国にあげちゃえ」と発言した。

 サンドラ・ヘフェリンは日本人や日本国に対して明確な敵対行為をとってきたのにも関わらず、彼女は二重国籍を持ち、半分自称日本人であることを悪用して日本人に依存している。災害や戦争があれば、サンドラ・ヘフェリンは日本人は彼女を保護して加護することを期待しているように見える。

サンドラヘフェリンから見る言論の自由の終わり

 俺がサンドラ・ヘフェリンの行為を見た後、俺は言論の自由は不要であると結論を下した。彼女の自由な行為は異常に不公平かつ人種差別的てきである。彼女はまるで高慢な白人のサッカー審判のように振る舞い、日本人や色付きばかりにレッドカードを出す。

 重要なのは言論の自由でなく、「言論の義務」である。これはサッカーの審判を考えれば良い。もしサッカーの審判が審判の自由を掲げて自由に審判するならば、サッカーの試合は崩壊するだろう。

サンドラ・ヘフェリンから見る民主制度の終わり

 サンドラ・ヘフェリンは日本人に依存しながら、日本人ばかりを批判する。しかし、彼女は歴史的な応答義務を果たす立場や批判される立場に立とうとしない。俺は彼女が歴史的な義務や責任を負えないと審判した。

 彼女の半分はおそらく白人であるので、日本人を含むモンゴロイド人種に対して加害者側である。しかし、彼女はハーフや日本人やドイツ人という単語を悪用して、白人種によるモンゴロイド人種の虐殺行為に関する責任を回避しようとする。

 この種の人間が増加するとき、日本人やその他の東洋人はサンドラ・ヘフェリンの幼児性と卑怯さ、そして異常性に呆れて、民主制度は古いと判断するだろう。彼女は彼女自身の行為の歴史的な後始末をするつもりがないが、選挙権などを通じて他者に介入しようとする。しかし、たとえ彼女が大規模な交通事故を引き起こすとしても、彼女はその事故の後始末を日本人に押し付けて北米や欧州へと逃げようとする。

 日本人やその他の東洋人はこの種の制度を素晴らしいとみなさないだろう。 サンドラ・ヘフェリンは半分白人であるので、日本人や日本人を含むモンゴロイド人種に加害者側である。彼女は謝罪する立場であり、説教する立場でない。