田園洞人がY染色体ハプログループK2bを持つことに意味は何であるか?

ホモ・サピエンス生物種
https://unsplash.com/photos/1fF3Nshn5Kg
広告

Tianyuan man (simplified Chinese: 田园洞人; traditional Chinese: 田園洞人; pinyin: Tiányuándòng Rén) are the remains of one of the earliest modern humans to inhabit East Asia. In 2007, researchers found 34 bone fragments belonging to a single individual at the Tianyuan Cave near BeijingChina.[1]Radiocarbon dating shows the bones to be between 42,000 and 39,000 years old,(省略)He belonged to mitochondrial DNA haplogroup B. His Ydna Haplogroup was K2b.

https://en.wikipedia.org/wiki/Tianyuan_man

 田園洞人はY染色体ハプログループK2bを持っていたらしい。以下では、俺はその意味(印象)を提示するつもりである。上記の画像はアメリカ先住民(Y染色体ハプログループQ?)である。

広告

田園洞人

Y染色体ハプログループK2b

 俺の認識 田園洞人はアメリカ先住民や欧州人、パプアニューギニア人の父系先祖である。

 田園洞人はY染色体ハプログループK2bを持っていた。Y染色体ハプログループK2はY染色体ハプログループK2aとY染色体ハプログループK2bに分類される。Y染色体ハプログループK2bはY染色体ハプログループPとY染色体ハプログループMSの先祖である。

Y染色体ハプログループPはY染色体ハプログループRとY染色体ハプログループQの先祖である。Y染色体ハプログループMSはパプア・ニューギニア人のY染色体ハプログループであるらしい。Y染色体ハプログループQはアメリカ先住民のY染色体ハプログループである。そして、Y染色体ハプログループRは欧州人のY染色体ハプログループである。

つまり、田園洞人はパプア・ニューギニア人とアメリカ先住民と欧州人の父系先祖になるように見える。一方、漢人や朝鮮人のY染色体ハプログループの父系先祖はY染色体ハプログループK2aである。

人種的形質

 俺の認識 田園洞人の人種的形質は不明であるように見える。

 田園洞人は約4万年前に東アジア地域で生活していたらしい。けれども、当時の田園洞人の人種的形質は不明である。出アフリカを7年前と仮定すると、出アフリカから3万年経過しているので、出アフリカにおける人種的形質は田園洞人の人種的形質と必ずしも一致しない可能性がある。

けれども、現在における漢人とアメリカ先住民と欧州人の人種的形質が互いに異なるように、田園洞人がモンゴロイド人種的な形質を持っていたのか、コーカサス人種的な形質を持っていたのかは不明である。なお、wikipediaによると、Y染色体ハプログループD1a系統?のそれぞれ(D1a1とD1a2)の発生も約4万年前から3万年にかけてであったらしい。

個人的には、俺はY染色体ハプログループK2系統がモンゴロイド人種系統であったのか、コーカサス人種系統であったのかを知りたいと感じる。しかし、下記の引用を見ると、田園洞人はモンゴロイド人種系統(古モンゴロイド)であったのでないかと感じたくなる。もし田園洞人はモンゴロイド人種系統であったならば、Y染色体ハプログループRもモンゴロイド人種系統である可能性がある。当然、田園洞人は4万年前の個体であるので、時間経過と環境適応によって、(もともと顔の濃い古モンゴロイド人種的であった)Y染色体ハプログループRがコーカサス人種系統の形質を自然に獲得した可能性もあるだろう。

 He shares more alleles with today’s people from the Surui and Karitiana tribes in Brazil than other Native Americanpopulations, suggesting a population related to Tianyuan man was once widespread in eastern Asia.[9] His Ydna Haplogroup was K2b.

https://en.wikipedia.org/wiki/Tianyuan_man