在日コリアン3世の崔江以子と師岡康子と損害賠償〜川崎市の多文化総合教育施設「市ふれあい館」館長〜

大和民族
https://unsplash.com/photos/1tnS_BVy9Jk
広告

川崎市の多文化総合教育施設「市ふれあい館」館長で在日コリアン3世の崔江以子(チェカンイヂャ)さん(48)は18日、インターネット上で繰り返し中傷を受けたとして、投稿した関東地方の40代の男性に対し、慰謝料など305万円の損害賠償を求める訴えを横浜地裁川崎支部に起こした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/aded23e02e8662d34b07ead330d946b760d194e8

 俺は上記の速報に強く反対する。以下では、俺は上記の速報の問題点を提示する。上記の速報の問題点は、崔江以子だけでなく、日本国の法律や日本国の国家にも存在する。なお、俺はキリスト教徒でないので、俺は人権という概念それ自体を悪(レッドカード)と判断する。

広告

崔江以子

国民

 俺の認識 崔江以子は日本国民でないので、崔江以子は他国民を実質的には攻撃している。

 朝鮮民族は通名を使用したり、自己の民族を隠蔽するので、彼女の国籍は不明である。しかし、上記の速報によると、崔江以子は日本国民でないように見える。在日3世という単語を見ると、おそらく、崔江以子は韓国国民である。にも関わらず、崔江以子は日本国民を訴えている。この種の行為は日本国民が米国を訴えているような状態であり、実質的には「国際問題」である。だから、日本国やその裁判所は日本国民を保護する必要がある。

崔江以子のおかしさとは、”外国国民” が日本国民を訴えていることである。そして、一部の日本国民は崔江以子を擁護している。もし日本国民がこの状態を善と判断するならば、日本国民は日本国民でなく外国国民に訴えられるのが怖くて、何も言えない状態になるだろう。

その一方で、日本国民は外国国民を安易に訴えることができない状態が生じる可能性がある。なぜなら、相手が国外逃亡する可能性がある、または相手の国家が国民を保護する可能性がある。日本国民は崔江以子が日本国民でない可能性があることを十分に考慮する必要がある。もし日本国民が外国国民に安易に訴えられるならば、その時、日本国民は外国国民の奴隷になるだろう。日本国民は彼らの資産や生命を外国国民に奪われる可能性がある。

民族

 俺の認識 崔江以子の民族は大和民族でなく、朝鮮民族である。

 朝鮮民族は朝鮮半島の原住民であり、大和民族は日本列島の原住民である。崔江以子の行為は土着の原住民を攻撃する行為である。崔江以子の自然な生息地は朝鮮半島である。崔江以子は朝鮮半島の上の大和民族を民族的な侮辱で訴えているわけでない。

師岡康子

師岡 康子(もろおか やすこ)は、日本弁護士市民活動家[1]。外国人人権法連絡会運営委員、東京弁護士会外国人の権利に関する委員会委員、大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター客員研究員[2]京都大学

https://ja.wikipedia.org/wiki/師岡康子

師岡康子

 俺の認識 もし師岡康子が自国民を保護しないならば、師岡康子は日本国民をやめて、韓国国民になる必要がある。

 師岡康子だけでなく、大和民族の弁護士や裁判官は自己の国家それ自体を認識していない。そのため、俺は師岡康子はまるで韓国国民であるように振る舞う。俺は師岡康子がどこの国家の人間であるのかすら認識することができない。この種の行為は弁護士だけでなく、裁判官や報道機関や学者にも言える。

本来であれば、師岡康子の行為は韓国の弁護士の行為である。師岡康子は彼女自身は人権を守っている、弱者や可哀想な朝鮮人を保護していると信じきっているのかもしれない。けれども、師岡康子の行為は「敵対行為」である。俺は師岡康子は日本国籍を捨てて独立国を作るか、または日本国籍を捨てる必要がある。

一般的に、大和民族の弁護士は自己の宗教を持っていないので、x系統の契約観も持っていない。そのため、彼らは国家や国民との契約を守ることができない。その結果、師岡康子のように、外国民を擁護して、日本国や日本国民を攻撃して、結果的に敵対してしまう。師岡康子の行為は自衛隊が韓国国民を保護して、日本国民を殺すような「本当に異常な行為」である。

 もし師岡康子が運動選手(サッカーやバスケ)を連想するならば、師岡康子の行為の異常性は容易に把握される。師岡康子の行為は敵対する団体(team)を擁護して、自己の団体を攻撃する行為である。当然であるが、任意の団体における選手は聖人君子でないので、不祥事も起こすだろう。けれども、もしある選手が他の団体の選手を擁護して、自己の団体の選手を攻撃するならば、その選手は異常者である。そして、その選手は団体をその他の団体へというように促されるはずである。

これは国家における弁護士や裁判官、そして学者や報道機関にも応用される。もし彼らが自国や自国民を擁護しないならば、彼らはその国民に依存するべきでなく、別の国家を形成するか、国家それ自体を移動する必要がある。