仁藤夢乃(colabo_yumeno)とcolaboと訴訟

広告
広告

1.0 仁藤夢乃

仁藤夢乃の人種はモンゴロイド人種である。仁藤夢乃の小人種は東洋小人種である。仁藤夢乃の民族は大和民族であるかもしれない。仁藤夢乃の部族は不明である。仁藤夢乃のmtDNAは不明である。仁藤夢乃は朝鮮民族の一部や満州人の一部やモンゴル民族の一部に似ている。仁藤夢乃は大和民族に似ていない、かつ大和民族に見えない。仁藤夢乃は北方の東洋人に似ている。

仁藤夢乃の宗教はキリスト教徒であるかもしれない。仁藤夢乃の文明的な所属は不明である。仁藤夢乃の語族は日琉語族である。仁藤夢乃の職業は不明である。

もし仁藤夢乃がキリスト教徒であるならば、彼女はイエス・キリスト教系統の人間性を持っている。キリスト教系統の人間性とは、黒人奴隷を実行して、アメリカモンゴロイド人種を虐殺、絶滅に追いやり、アボリジニを虐殺、絶滅に追いやり、そして原爆をアメリカ大陸から落下させて、モンゴロイド人種を虐殺した人間性である。もし仁藤夢乃がキリスト教徒であるならば、仁藤夢乃はその人間性を授かり、その人間性を持ってきた。

2.0 問題点

俺系統の認識 仁藤夢乃は自己の文明的な所属も自己の宗教も明らかにせずに、社会活動や政治活動を実行している。

例えば、仁藤夢乃は彼女自身が西欧キリスト教徒であり、西欧文明に所属していると公的に表現しない。にも関わらず、彼女は西欧っぽい何かを実行している。誰も彼女が西欧キリスト教系統の社会を実現したいのか、仏教系統の社会を実現したいのかを把握することができない。

仁藤夢乃は温泉むすめという萌えキャラ?を炎上させたらしい(電飛1)。筆者の知る範囲では、仁藤夢乃は自己の宗教や自己の文明的な所属を明らかにしないので、なぜ彼女がこのようなつぶやきを実行したのかもわからない。彼女はその人物をどの宗教系統の性に違反すると認識して、悪いと判断したいのかも不明である。彼女は温泉むすめを西欧キリスト教系統の性規範に違反するとして、その人物を批判したのだろうか?

また、仁藤夢乃は聞き話(interview)で性に関する話をしている(電飛2)。彼女は性教育にも興味を持っているように思える。しかし、彼女がどの宗教系統の教育を施しているのが不明である。性教育はx教系統の性教育という形式で存在するので、少女たちの宗教についても考慮された教育が大切である。仁藤夢乃の「ノリ」や「雰囲気」、「思いつき」で系統不明の性教育を少女に施すことは宗教的な侮辱である。

さらに、仁藤夢乃が自己の宗教も文明的な所属も明らかにしないのは、彼女が責任を回避して、ひき逃げしたいからであるように思える。たとえ彼女が失敗するとしても、彼女は「私は知らない。白人がそういっていただけ」と言い逃れしたいように思える。

俺系統の認識 仁藤夢乃の政治活動や社会活動は八つ当たりや憂さ晴らしや難癖、言いがかりやヒステリ(癇癪)、他人を叩きたいだけに見える。

上記は仁藤夢乃だけでなく、大和民族全般に言える。もっと言うと、朝鮮民族もそう。電街には、差別主義者を叩きたいだけの平民、パヨクを叩きたいだけのネトウヨやネトウヨを叩きたいだけのパヨクが存在する。また、マスごみを叩きたいだけの人々も存在する。なぜなら、彼らは自己の実現したい社会の系統を持っていない。その結果、政治活動や社会活動が他人を叩いて、スカッとするだけの何かになってしまっている。

仁藤夢乃も同様であり、少女を助けたいのでなく、男を叩きたい、日本社会に復讐したい。日本社会を叩いて、スカッとしたいだけに見える。それは西欧白人と結婚した出羽守がひたすら日本人や日本国を叩くような行為である。しかし、この種の行為は社会活動や政治活動でない。仁藤夢乃の活動の宗教的、文明的な正当性が見えないので、それらが単なる嫌がらせや悪口であるように見える。

仁藤夢乃は自己の文明的な所属も自己の宗教も頻繁に表現しない。そのため、部外者は西欧文明においてキリスト教系統の社会を実現したいのか、東洋文明において仏教系統の社会を実現したいのかすら把握することができない。誰も彼女の政治活動や社会活動を文明や宗教的な観点から分析することができない。

仁藤夢乃はx教系統の善悪を持っていない。仁藤夢乃はx教系統の性のあり方を持っていない。仁藤夢乃はx教系統の性規範を持っていない。にも関わらず、彼女は日本人や日本国を叩いてくる。これは正体不明の人物がひたすら叩いてくるようなものであり、誰も彼女と意思疎通することができないので、不快感しか残らない。

3.0 儒教系統の法体系の起動法について

俺系統の認識 彼は儒教系統の法体系を次ように起動する。

始めに、主体は自己の文明的な所属と宗教を述べる。次に、その主体は自己の訴え行為をx教系統の善悪で善と判断するとその言葉で表現する。さらに、その主体は自己の認識と判断をその言葉で表現する。この時、儒教系統の法律が起動される。

例えば、仮の話として、仁藤夢乃は彼女が西欧文明に所属する、かつ西欧キリスト教徒であると彼女の言葉で表現する。次に、彼女は自己の法的な措置を善と彼女の宗教系統の言葉で判断する、かつそれを表現する。さらに、彼女は損害を受けたと認識して表現する、そして彼女はその損害を悪い、かつ相手の行為を悪いと彼女の宗教系統の言葉で判断して表現する。この時、彼女は儒教系統の法律を起動することができる。

一般的に、大和民族は自己の文明的な所属も宗教も隠蔽して、誤魔化して、法律を扱おうとする。外部から見ると、これは未成年がマシンガンを振り回すような行為である。さらに、彼らは法律を引用したり、名誉毀損や侮辱という単語を使用するが、誰も「俺は損害を受けたと認識する」と表現しない。誰も「俺はその損害を悪いと判断する、俺は相手の行為を悪いと判断する」と表現しない。

この種の行為は卑怯であるように思える。それぞれの人間の認識や判断は互いに異なる。だからこそ、第3者である客観的な存在に、その認識や判断を仰ごうとする。しかし、もしある主体が自己の認識も判断も善悪も持っていないならば、その主体は裁判を起こす動機それ自体を持っていない。

もし仁藤夢乃が訴えるならば、彼女は次をいう必要がある。その時、仁藤夢乃は儒教系統の法体系を起動する。

1 「俺は西欧文明に所属する」
2 「俺は西欧キリスト教徒である」
3 「俺は自己の訴え行為を善と西欧キリスト教系統の善悪で判断する」
4 「俺は損害を受けたと(西欧キリスト教系統の認識で)認識する」
5「俺はその損害、及び水原清晃の行為を悪いと西欧キリスト教系統の善悪で判断する」

電飛

仁藤夢乃の声明

タイトルとURLをコピーしました