ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタンの無期懲役と山口厚裁判長

大和民族について
https://news.yahoo.co.jp/articles/af5f56b1b77128d0a9d89c3d928fc085340fde1b/images/000
大熊一之と日本人6人虐殺のペルー人への無期懲役判決〜判決の異常性と問題点と心神耗弱
埼玉県熊谷市で2015年に6人が殺害された事件で強盗殺人などの罪に問われたナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(34)=ペルー国籍=の控訴審で、東京高裁(大熊一之裁判長)は5日、死刑を言い渡した1審・さいたま地裁判決を破棄し、無期懲役を言い渡した。大熊裁判長は、ナカダ被告が事件当時、心神耗弱だったと判断した。【田中理知】 俺が大熊の判決を見た後、俺は強烈な怒りを覚えた。そして、この判決は裁判制度に対する正当性を完全に破壊した。誰も裁判を信用しなくなった。だから、日本人やその他の東洋人は彼ら自身の東洋的な刑罰体系を作ろうとするだろう。要するに、現在の裁判制度や裁判体系は正当性を失った。この判決の問題点異種によるモンゴロイド先住民の虐殺 ペルー人はアメリカモンゴロイド人種と地中海小人種との中間種であり、彼はモンゴロイド人種でない。一方、虐殺された日本人は東洋小人種(モンゴロイド人種である)。日本列島は東洋地域に属するので、彼の行為は東洋地域の先住民及び原住民の虐殺である。この種の虐殺は白人や地中海人によるアメリカ小人種(モンゴロイド人種...

 埼玉県熊谷市で2015年、女児2人を含む6人が殺害された事件で、強盗殺人などの罪に問われたペルー国籍ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(35)について、最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)は10日までに、被告側の上告を棄却する決定をした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/af5f56b1b77128d0a9d89c3d928fc085340fde1b

 俺は上記の審判に反対する。俺は彼は死刑になるべきであると審判する。以下で、俺がこの審判に関した違和感を提示する。

さらに、俺は審判者の責任と日本国の法律のあり方を提示する。ここでは、技術的な問題でなく、心理的な問題を提示する。

1章 違和感

 違和感 大和民族の法律関係者は異人種や異民族の機嫌を損ねることを非常に恐れる。

 俺が今回の判決に関して感じたことは上記である。審判者は異人種の機嫌を損ねることを恐れたので、異人種に甘い審判を下したように感じた。この種の日本人は一人でない。

彼らは精神疾患や心神喪失という屁理屈を持ち出してごねてきた。彼らの本音とは、彼らが異人種や異民族を死刑に処するとき、彼らが差別主義者と批判されることを恐れるのでないかということである。もし今回の殺人犯が大和民族であるならば、彼は死刑になっていたように思える。

要するに、彼らは大和民族に嫌われるよりも、外国人特に白人に嫌われることを何よりも恐れる。その結果として、彼らは白人に有利な審判を下そうとする。たとえそのとき、日本人が不利益や損害を被るとしても。

 この種の違和感は今回の判決だけでなく、日常的にもそうである。大和民族の学者や法律関係者や報道関係者は白人の機嫌を損ねることを恐れて、白人にレッドカードを出そうとしない。けれども、この種の行為は近代の白人による色付きの奴隷化や搾取政策に繋がるように思える。

今回の判決でも、「外国人に甘い」という呟きが見られた。大和民族の大部分は強烈な不信感を覚えているように思える。当然、その不信感とは、白人の機嫌を損ねることが怖いである。

2章 問題点

 問題点 大和民族と縄文系民族は日本列島の原住民(自然民)である。スペイン人の血を持つナカダが彼らを虐殺したことは歴史的に問題がある。

 ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告はコーカサス人種の遺伝子を持つ中間種のペルー国民である。ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告はペルー人でなく、ペルー国民である。彼による大和民族の虐殺はスペイン人によるアメリカ先住民の虐殺に近い、たとえ彼が本当に精神疾患であるとしても。

俺はたとえナチスが精神障害であったとしても、俺はナチスによる虐殺の責任はドイツ人にあり、彼らは絶滅させられるべきであると感じる。同様に、たとえナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告が精神疾患であるとしても、彼は死刑に処されるべきである。特に、歴史における人種的な虐殺に関しては、たとえ虐殺者が精神疾患であるとしても、彼らは処刑されるべきである。

審判において、人種や歴史や先住地(原住地)を適切に考慮することは非常に重要である。

3章 審判者の責任と解決案

 解決案 審判者は彼らの審判の責任と後始末を負うべきである。

 大和民族の法律関係者は彼らの行為の後始末や責任を異常に嫌がる。その結果、彼らはこの種のコーカサス人種に有利な審判を下す。もしこの種の審判が彼らによって下されるならば、彼らもまた罰されるべきである。

特に、もし彼らが白人との対峙を恐れて、白人に有利な審判を下すならば、彼らは非常に厳しい刑罰に科されるべきである。この種の行為は色付きへの奴隷政策やアメリカ先住民のような虐殺に結びつく可能性が存在する。そのとき、審判者は彼らの審判の責任を負うべきである。

もし彼らが審判の後始末を実行できないならば、彼らは審判者になるべきでない。特に、責任回避のために、もし彼らが虐殺者を無罪するならば、彼らも死刑にされるべきである。

タイトルとURLをコピーしました