なぜ白人ハーフや日本人母は子供を’日本人’と呼ぶか?民主制度と女性参政権の終わり

ホモ・サピエンス生物種
広告
  1. イケメンになった気分を味わいたい
  2. 半分白人としての歴史的な義務や責任を負いたくない
  3. 行為の責任を日本人に押し付けたい

 日本人とは大和民族の要素である。大和民族は東洋小人種の部分集合であり、東洋小人種はモンゴロイド人種の部分集合である。一方、日本国籍の保有者は日本国民である。

日本人とイギリス人の中間種は日本人でなく中間種の’日本国民’である。そして、彼の人種は存在しないので、彼らは中央アジア的中間種、または西中央アジア的中間種である。しかし、この種の中間種は彼ら自身をハーフと呼んだり日本人と呼んだりして状況に応じて民族名を悪用する。

さらに、彼女らの母親も中間種の子供を日本人とかミックスの日本人と呼ぶ。ミックスの日本人とは’ゲルマン人の黒人’のような単語である。以下では、なぜこの種の中間種や日本人母が他人の民族名や人種名を平気で悪用するについて述べる。

広告

1 白人ハーフの子供を持つ日本人女性の本音

東洋人はブサイクだから嫌〜イケメン気分

 日本人女性は東洋人は不細工なので、白人になりたい。彼女らは中間種を日本人と呼んでイケメンになった気分を味わいたい。日本人とは東洋人の一派であるので、半分白人である時点で彼らは日本人でない。

女はボケ老人と同じで安心感を求めて生きるので、ある東洋人が日本人であるかどうかどうでも良い。フィリピン人が白人みたいな容姿を持った人間をフィリピン人と呼ぶようなものである。

半分白人としての歴史的な義務や責任を負いたくない

 半分白人の子供は白人としての黒人奴隷やモンゴロイド人種の虐殺に関する歴史的義務や責任を負う。しかし、日本人女性はこの種の歴史的な義務や責任を負いたくない。だから、彼女らは白人との中間種を日本人と呼んで、彼らの白人的な容姿を自慢し見せびらかしつつ、歴史の話に関して批判されたくない。

行為の責任を負いたくない

 白人との中間種はなんらかの違法的行為に手を染める時、この種の中間種は彼らを日本国民でなく日本人と呼ぶ。そして、彼らは彼らの行為の責任を日本人に押しつけようとする。なぜなら、彼女らは行為の責任を男性にとってもらおうとする。

2 女性の知的能力の欠陥

 俺が白人ハーフの子供を産みたいという女性を見る時、女性の根本的知的能力の欠陥に気づいた。

不安を嫌い、共感と安心が全て

 この種の日本人女性は中国人に対して彼女らの子供を日本人と呼ぶことを強制しないし、求めない。なぜなら、中国と日本国の間には、対峙や歴史的対立が存在するので、彼女らは彼女らの中間種の子供を日本人と呼んでもらう甘えが通じない。一方、日本人女性は日本人男性に甘えて、彼らの中間種を日本人と呼んでもらおうとする。

女は対峙が回避されたと感じると、彼女らは他人にどこまで甘える。その結果、彼女らは現実を歪めようとする。

領土の概念がない

 女性は社会性を持たないので、領土を認識できない。たとえ彼女らが彼女らの子供を日本人と呼び、日本人がイケメンになった気分を味わおうとも、大陸東洋人は半分白人の人間を東洋人と認識しない。なぜなら、彼らがそう認識するとき、日本列島の先住権や原住民としての権利を喪失する。

しかし、女は領土や歴史を認識できない。だから、東洋人が中間種を日本人と呼ばないことが領土や歴史に関係することをうまく認識できない。

歴史の欠如

 女性は歴史を認識できない。もし彼女子供の半分が西側白人であるならば、その子供は東洋人に対して加害者側であり被害者側でない。しかし、女性は歴史を認識できないので、自分の子供が有色人種に対して加害者側であることを認識できない。

3 解決案

民主制度の廃止

 民主制度は寿命であるので、東洋人は幕藩体制や李朝鮮を復活させる。白人ハーフの子供を産みたいという女性は彼女ら自身で国家を作れば良い。

男女分岐と女性参政権の廃止

 女性の参政権は失敗であった。なぜなら、女性は彼女行為の後始末すらつけれない。中間種を彼女ら自身の意思で作ったのに、彼女らは自己製造物の後始末すらつけれない。

西側白人及びその中間種に対する復讐

 西側白人およびその中間種は有色人種に対して加害者側であり、被害者側でない。しかし、彼らはそれを理解できないか、理解した上で被害者ぶっている。もし彼らが歴史修正主義的行為を繰り返すならば、有色人種は彼らに復讐すれば良い。

タイトルとURLをコピーしました