父系言語仮説の実際性(事実性)〜大和民族のカタカナ用語とホモ・サピエンスの雌の言語〜

ホモ・サピエンス生物種
https://ja.wikipedia.org/wiki/インド・ヨーロッパ語族
広告

父系言語仮説(ふけいげんごかせつ)または父語仮説(ふごかせつ)(英: Father Tongue hypothesis)は、人間は父親の言語を話す傾向があるという仮説である。これは、言語とミトコンドリアDNA(母系遺伝子)の変異の間よりも、言語とY染色体(父系遺伝子)の変異の間の相関が密接であるという1997年の発見に基づいている。 最初の研究は、LaurentExcoffierが率いる集団遺伝学者のチームによって、アフリカヨーロッパのサンプルで実行された[1][2]。他の遺伝学者による同様の発見に基づき、2010年に歴史言語学者ジョージ・ヴァン・ドリームによって、「父親の話す言語を母親が子供に教えることは、言語が時間とともに優先的に広まるメカニズムである」という仮説が立てられた[3]

https://ja.wikipedia.org/wiki/父系言語仮説

 父系言語仮説とは、一つの仮説であり、そこで人間は父親の言語を話す傾向がある。その結果、Y染色体と言語には、何らかの関係性が観察される。実際、Y染色体ハプログループR1bを持ち、かつ英語やスペイン語を話すネグロイド人種や中南米の中間種を見ると、この仮説は実際であるように感じる。

では、なぜ父系言語仮説は事実であるのだろうか?個人的な印象では、俺はホモ・サピエンスの雄の “極一部” のみが言語や契約(約束)を認識するので、父親の言語のみが伝達されると感じる。言い換えると、ホモ・サピエンスの雌とホモ・サピエンスの雄の大部分は言語それ自体を認識していない。

以下では、俺は父系言語仮説の実際性(事実性)を何となく提示してみる。俺らが大和民族のカタカナ用語を見るとき、俺らは大和民族は彼らの言語である日本語を子孫へと正確に伝達できないだろうと感じる。なぜなら、彼らもまた言語それ自体を認識してない。

広告

前提

仮説〜認識仮説〜

 仮説:もしある対象が自己の言語を認識していないならば、その時、その対象は自己の言語をその対象の子孫へと伝達させない。

 もしある対象が自己の言語を認識していないならば、その時、その対象は自己の言語をその対象の子孫へと伝達させない。Y染色体の場合、たとえ俺らがY染色体を認識しないとしても、もし俺らが遺伝的な子孫を残すならば、俺らはY染色体を俺らの子孫へと伝達させることができる。しかし、言語の場合、もし俺らが言語それ自体を認識していないならば、その時、俺らは俺らの言語を俺らの子孫へと伝達させないだろう。

ここで重要なことは「自己」の「言語」である。たとえ俺らが言語それ自体を認識するとしても、もし俺らが自己それ自体を認識していないならば、その時、俺らは自己の言語を認識することができないだろう。その場合、俺らは英語を俺らの子孫へと伝達させるかもしれない。

その他の例では、もしある対象が自己の法を認識していないならば、その時、その対象は自己の法をその対象の子孫へと伝達させない。言語も法も自然界における遺伝子のような物質でないので、子孫への伝達にはそれらを認識していることが必要であるように見える。

仮説〜契約仮説〜

 仮説:もしある対象が自己の約束(契約)を認識していないならば、その時、その対象は自己の言語それ自体を認識してない。

 もしある対象が自己の約束(契約)を認識していないならば、その時、その対象は自己の言語それ自体を認識してない。ここでは、俺らは言語を一種の約束と解釈する。例えば、appleという英単語が🍎に対応するのはアングロ・サクソンの先祖がそのように約束したからである。

言い換えると、言語は約束に依存して、約束の後に存在すると解釈される。この時、もし俺らが約束を認識していないならば、その時、俺らは言語それ自体も認識していないだろう。なぜなら、言語とは単語にしろ、文法にしろ、約束の塊である。

一般的に、約束を守れないという対象は言語も認識していないように見える。上記を言い換えると、両親から子供への言語の伝達とは、両親から子供への約束(契約)の伝達でもある。上記の二つの仮説を組み合わせると、もしある対象が自己の約束(契約)を認識していないならば、その時、その対象は自己の言語をその対象の子孫へと伝達させない。

父系言語仮説の実際性(事実性)

ホモ・サピエンスの雌と言語

 ホモ・サピエンスの雌と言語:上記の仮説(認識仮説)により、もしホモ・サピエンスの雌が自己の言語を認識していないならば、その時、ホモ・サピエンスの雌は自己の言語をその対象の子孫へと伝達させない。

 上記の仮説(認識仮説)により、もしホモ・サピエンスの雌が自己の言語を認識していないならば、その時、ホモ・サピエンスの雌は自己の言語をその対象の子孫へと伝達させない。俺らはホモ・サピエンスの雌が自己、または言語それ自体を認識していないことを提示する必要がある。俺らが西側白人と結婚した大和民族の雌を観察する時、俺らは彼女らが自己と言語それ自体を認識してないことが明らかになる。

例えば、俺らは大和民族の雌が西側白人と結婚した後、彼女らはまるで白人のように振る舞う。なぜなら、大和民族の雌は自己それ自体を認識していない。そのため、彼女らは西側白人と結婚すると、白人夫に憑依して、彼女らは白人になったように人種侮辱的に振る舞う。

さらに、この種の大和民族の雌は白人ハーフ(中間種)の子供を産んで見せびらかして、自慢したいあまりに、西側白人の夫と日本語でもドイツ語でも英語でもフランス語でも意思疎通できない状況が生じてきた。正常な人々は「夫婦同士で英語でも日本語でも、夫の言語でも妻の言語でも満足に会話できないのに、彼らはどうやって家庭を作るつもりであるのか」と疑問に思ってきた。大和民族の雌は言語それ自体を認識していないので、彼女らは夫と言語で意思疎通できないことに違和感を覚えない。

大和民族のカタカナ用語

 大和民族のカタカナ用語:上記の仮説(認識仮説)により、もし大和民族が自己の言語を認識していないならば、その時、大和民族は自己の言語をその対象の子孫へと伝達させない。

 上記の仮説(認識仮説)により、もし大和民族が自己の言語を認識していないならば、その時、大和民族は自己の言語をその対象の子孫へと伝達させない。俺らは大和民族が自己の言語を認識していないことを提示する必要がある。その証拠の一つがカタカナ用語である。

特に、IT業界や広告業界では、不要なカタカナ用語が蔓延していて、日本語話者の間でも意思疎通の困難が生じている。けれども、この種の大和民族はカタカナ用語で互いに意思疎通できないことに違和感を覚えないし、カタカナ用語を適切な日本語へと置き換えようとしない。なぜなら、彼らは言語それ自体を認識してない。

だからこそ、上記の白人ハーフを欲しがる大和民族の雌のように、大和民族は言語で互いに意思疎通できなくても、日本語がカタカナ用語で崩壊していても、その状況が何かおかしいと感じない。当然であるが、この状況が放置されるならば、その時、適切な日本語は俺らの子孫へと伝達されない。カタカナ用語は実質的には英語であるので、父なるアングロ・サクソンの単語が俺らの子孫へと伝達される。

父系言語仮説の実際性(事実性)

 父系言語仮説の実際性(事実性):もしある対象が自己の言語を認識して、かつその対象が子孫へと伝達させる能力を持ち、その能力を実際の力として発現させるならば、その対象は自己の言語を他の言語に優越して子孫へと伝達させることができる。

 もしある対象が自己の言語を認識して、かつその対象が子孫へと伝達させる能力を持ち、その能力を実際の力として発現させるならば、その対象は自己の言語を他の言語に優越して子孫へと伝達させることができる。その結果、その対象の言語は残り続ける。

俺らがその対象をホモ・サピエンスの雄の極一部と置く。この時、もしホモ・サピエンスの雄の極一部が自己の言語を認識して、かつホモ・サピエンスの雄の極一部が子孫へと伝達させる能力を持ち、その能力を実際の力として発現させるならば、ホモ・サピエンスの雄の極一部は自己の言語を他の言語に優越して子孫へと伝達させることができる。その結果、ホモ・サピエンスの雄の極一部の言語は残り続ける。