日本人でない大坂なおみは日本国民か?アメリカ国民か二重国籍と日本語と英語

ホモ・サピエンス生物種
https://ja.wikipedia.org/wiki/大坂なおみ
広告

 大坂なおみはモンゴロイド人種とネグロイド人種のメラネシア的中間種の日本国民である。彼女は日本人でなく、メラネシア的中間人である。日本人とは、大和民族の要素であり、大和民族は東洋小人種の部分集合、東洋小人種はモンゴロイド人種の部分集合である。

おそらく、彼女はアメリカ国籍も持ってるように見える。俺が彼女が日本語を全く話せない、加えて話そうともしないのをみると、彼女はアメリカ国民になった方が良いように見える。さらに、彼女はなぜか日本国民視点でなく、なぜかアメリカ国民視点で活動して、生きている。

にも関わらず、大和民族や日本政府は彼女を日本国民、ひどい場合は日本人とでたらめにみなしている。なぜなら、大和民族は島国の未開の民であり、国家概念を認識していない。普通に考えれば、意思疎通もできず、視点も日本国民でない場合、どうやって同じチーム(日本国)で生きるのだろうか?以下では、俺は彼女の問題を提示する。

二重国籍の問題点〜機会不平等と大局的自立の欠如と奴隷化〜
 以下で、俺は二重国籍に関する問題点を提示する。俺は二重国籍に強く反対して、賛成者に対する強い罰則が必要であると審判する。まず始めに、俺は二重国籍に関する問題点を提示する。その後、俺はこの問題に関する解決案を提示する。さらに、俺は二重国籍を要求する人間(サンドラへフェリンや菊池誠や大栗博司や鳥居啓子)の悪意と意図を提示する。俺は二重国籍に関する問題点を提示する。その問題点とは、「機会不平等」と「大局的な自立の欠如」と「他者の奴隷化」である。さて、俺らは3つの問題点を見てみよう。1章 二重国籍の問題点〜機会不平等〜 二重国籍の問題点 二重国籍の問題点とは、二重国籍の状態が機会不平等である。機会不平等は悪い(レッドカード)。だから、機会不平等をなくするように動け。  例えば、男性はx染色体とy染色体の二重染色体である。だから、男性は二重国籍を獲得できる。けれども、女性はダメである。なぜなら、女性は単染色体である。これが機会不平等である。男性は女性の運動競技に参加できるが、女性は参加できない。なぜなら、男性はx染色体を持っているが、女性はy染...
広告

1章 大坂なおみは日本語を話す意志を持っているか?

 問題点:大坂なおみは日本語を話す意志も学習する意志も持っていないように見える。

 大坂なおみは日本語を話す意志も学習する意志も持っていないように見える。英語は白人の言語、特にアングロ・サクソンの言語である。もし大坂が白人の言語しか話すつもりがないならば、その時、彼女はアメリカ国民になる必要がある。

俺が彼女をみると、彼女はそもそも日本国民になる意志を持っていないように見える。だからこそ、彼女は英語しか話さないし、日本語を話すつもりが全くないように見える。日本列島の原住民の言語は日本語であり、もし彼女が日本語を話さないならば、彼女は原住民と意思疎通する意志を持っていないことである。

英語は白人だけの言語は差別?黒人英語の意味と日本人の白人好き
 今後は、欧米圏ですら英語は、白人のものでなくなるだろう。 ですが、多くの日本人が、イメージしている、「アメリカ人の英語」は、世界全体では、マイノリティです。アメリカ人の英語は、世界中でマイノリティということは、聞いたことあっても、実際にどのくらいマイノリティなのか、をイメージ出来ている人は、少ないのではないかと思います。現在、世界の英語を話す半分以上は、中国人・インド人、それにヒスパニック系や、アフリカ系です。僕は、アジア圏や、アフリカ圏を歩いて、いくつかの国では、ビジネスもしていますが、商談などで話す際は、英語で話します。ただし、それは、その現地の人の訛った英語です。英語話者として白人のネイティブスピーカーを想像する方も多いでしょう。これは、韓国や台湾、中国などの各国でも同じような幻想があります。ただ、応用言語学では「ネイティブスピーカー=白人」という神話は現在否定されています。 俺が英語は白人の言語であると主張する時、白人崇拝者は黒人を持ち出して、英語は白人だけの言語でないと反論する。その後、彼らはその発言は差別主義?であると正義ぶる。この行為に対して、...

2章 大坂なおみは日本国民視点を持っているか?

 問題点:大坂なおみの視点は日本国民視点でなく、アメリカ国民視点である。

 大坂なおみの視点は日本国民視点でなく、アメリカ国民視点である。彼女は「黒人」でないが、彼女はアメリカ国民の視点を持っているので、彼女は自己を「黒人」と認識しているように見える。しかし、中間種である彼女は「黒人」になるのは、アングロ・サクソン的な自己認識であり、日本国はおろか東洋文明の認識でもない。

彼女が自己を黒人として認識して、政治活動を実行することは日本国でも東洋文明でも歴史的にも宗教的にも正当でない。彼女は日本国民でなく、アメリカ国民にふさわしいように見える。もし彼女が白人の視点や価値観を有色人種に押し付けるならば、彼女は植民地主義者の手先になるだろう。

下記では、大坂は自己を「黒人女性」と発言した。そして、大和民族の白人崇拝者は彼女行為を自分の自己認識は自分で決定すると賛美した。しかし、彼女はモンゴロイド人種とネグロイド人種の中間種であり、科学的にも生物学的にも黒人でない。彼女やオバマ大統領がなぜ黒人になるのは彼女がアメリカ国民視点であるからである。

 【ニューヨーク=上塚真由】米中西部ウィスコンシン州ケノーシャで23日に黒人男性が警官に背後から銃撃された事件を受けて、女子テニスで元世界ランキング1位の大坂なおみ選手(日清食品)が26日、現在出場中のウエスタン・アンド・サザン・オープンを棄権すると表明した。米国では事件を受けて人種差別の抗議活動が広がっており、スポーツ界にも波及している。

大坂選手は自身のツイッターで、「あす準決勝の予定だったが、私はアスリートである前に一人の黒人女性私のテニスを観戦するよりも、注目されるべきもっと重要なことがある」とし、抗議活動に同調。そのうえで、「私が棄権しても劇的に何か変わることは期待していないが、白人が主流の競技で議論を始めるきっかけになれば、正しい方向に進む第一歩になると思う」とつづった。

https://www.sankei.com/world/news/200827/wor2008270019-n1.html

3章 大和民族と国家概念

 大和民族と国家概念:大和民族はアメリカ先住民と同様に国家概念それ自体を認識できない。

 大和民族はアメリカ先住民と同様に国家概念それ自体を認識できない。彼らは国家概念それ自体を持っていないので、彼らは大坂なおみの状態(日本語の無さやアメリカ国民視点)を見て、異常と審判できないし、その異常な状態を悪いと判断できない。大坂なおみみたいな状態を許せば、国家それ自体が成立しないだろうということがイマイチわからないように見える。

大和民族は国家に関する知識を持っているが、国家それ自体を認識できない。だから、大和民族は大坂の状態に対して適切に応答できないのだろう。国家を認識できているかは「応答」の中に現れる。彼らは適切な応答を実行できないので、彼らはなにも認識していないように見える。

さらに悪いことに、大和民族は社会それ自体も認識していないように見える。さらに、大和民族は言語それ自体もうまく認識していない。だからこそ、彼らは大阪が日本語すら話さないのに、その異常性を認識していない。