バイデン大統領による日系人収容の謝罪

大和民族
https://ja.wikipedia.org/wiki/日系人の強制収容
広告

ワシントン共同】太平洋戦争中の米国で、日系人強制収容の根拠になった大統領令署名から79年となった19日、バイデン大統領は声明を発表し、改めて謝罪した。「こうした政策によって苦しんだ日系米国人への連邦政府の公式な謝罪を再確認する」と表明した。

https://this.kiji.is/735783428387848192?c=39550187727945729

 日系人の強制収容に関して、バイデン大統領は正式に謝罪した。以下で、俺は彼の行為の問題点を提示する。なお、日系米国人でなく、日本人のアメリカ国民や日系米国民がより適切である。

広告

1章 日系人強制収容の問題点

 日系人強制収容の問題点:日系人強制収容の問題点とは、アメリカ大陸の上の欧州人がモンゴロイド人種を強制的に収容したことである。

1節 人種の問題

 大和民族の人種はモンゴロイド人種である。彼らの人種はイヌイットやアメリカ先住民の人種と同じである。イヌイットやアメリカ先住民の人種もモンゴロイド人種である。

アメリカ大陸の上の欧州人がモンゴロイド人種を強制的に収容した。これが日系人強制収容の問題点である。近代における西部虐殺(開拓)では、アメリカ先住民はなぜか欧州人によって特定の場所に押し込められたりしている。

第二次世界大戦における日系人強制収容の問題点はアメリカ先住民に対する収容の問題に等しい。大和民族はまともな社会を形成できない。彼らは自己の人種を認識していないので、日系人強制収容の問題点が曖昧になる。

 ネグロイド人種で例えると、欧州人がケニア人をカメルーン地域で強制的に収容した行為に近い。当然、その時、カメルーン地域あたりになぜか白人の国家が存在していて、その白人国家とケニア国が互いに交戦している状態と仮定する。

2章 大和民族の駄目な反応

 大和民族の駄目な反応:大和民族の駄目な反応とは、大和民族の一部は大和民族に説教・マウンティングしようとすることである。

1節 具体例

  上記の反応は非常に悪い。第一に、彼は American をアメリカ人と翻訳している。Americanはアメリカ人でなくアメリカ国民である。

強制収容所の問題は大和民族のアメリカ国民に対する謝罪であるが、上記の説教・マウンティングのような反応は非常に悪い。北米におけるモンゴロイド人種の社会的な地位は非常に低く、世界中のモンゴロイド人種が互いに協力しあって、彼らの地位を高めていく必要がある。

だから、大和民族の日本国民による介入は善である。実際、バイデン政権はなぜかアメリカ大陸からウイグルへと干渉しているのだから、モンゴロイド人種がアメリカ大陸へと介入しても良いだろう。

2節 国民国家だから〜

 大和民族の日本国民の一部は強制収容所はアメリカ国の問題であり、日本国には無関係であると主張する。しかし、国民国家それ自体が白人の都合による概念である。だから、俺らモンゴロイド人種はそれを考慮する必要はない。

なぜか日本人は白人に都合の良い態度をとって、良いかっこをしようとする。その結果、イヌイットやアメリカ先住民がなぜか白人によって虐殺されるとしても、大和民族は彼らを見殺しにして、知らんぷりする。なぜなら、彼らは「その虐殺は日本国でなく米国のことだから」と返答する。

俺らモンゴロイド人種は国民国家の都合など無視して、強制収容所に介入する必要がある。これは今後も変わらない。