Janet Louise Yellen(ジャネット・ルイーズ・イエレン)の人種と小人種と民族〜ユダヤ人か?FRB元議長とバイデン政権の財務長官〜

欧州小人種
https://en.wikipedia.org/wiki/Janet_Yellen
広告

 ジャネット・ルイーズ・イエレン(Janet Louise Yellen、1946年8月13日 – )は、アメリカ合衆国経済学者。第15代連邦準備制度理事会(FRB)議長(在任:2014年 – 2018年)。FRB史上初の女性議長である[1][2]ビル・クリントン政権の大統領経済諮問委員会委員長(在任:1997年 – 1999年)、サンフランシスコ連邦準備銀行総裁(在任:2004年 – 2010年)、連邦準備制度理事会の副議長(在任:2010年 – 2014年)を歴任した。ユダヤ人

https://ja.wikipedia.org/wiki/ジャネット・イエレン

 以下で、俺はJanet Louise Yellen(ジャネット・ルイーズ・イエレン)の人種と小人種と民族を提示する。彼女はユダヤ人でなく、ユダヤ教徒であるだろう(jewの日本語訳はユダヤ人でなくユダヤ教徒参照)。大和民族は重度の白人コンプであり、白人視点の歴史を書くので、上記のwikipediaのように、彼女が “ユダヤ人” となる。

しかし、それは白人視点である。大和民族は人種や文明や宗教が異なると、人種や民族に対する定義や認識それ自体が異なることを認識できない。東洋文明における人種や民族への認識は西洋文明における人種や民族への定義に異なる。

広告

1章 ジャネット・ルイーズ・イエレンの人種と小人種と民族

 俺の認識 ジャネット・ルイーズ・イエレンの人種はコーカサス人種である。ジャネット・ルイーズ・イエレンの小人種は欧州小人種である。ジャネット・ルイーズ・イエレンの民族は西スラブ民族である(おそらく)。

 ジャネット・ルイーズ・イエレンの人種はコーカサス人種である。ジャネット・ルイーズ・イエレンの小人種は欧州小人種である。ジャネット・ルイーズ・イエレンの民族は西スラブ民族である(おそらく)。

ジャネット・ルイーズ・イエレンは西スラブ人である。ジャネット・ルイーズ・イエレンは欧州人である。ジャネット・ルイーズ・イエレンはコーカサス人である。

上記の顔を見るとわかるように、彼女の輪郭は丸い。これはスラブ民族の特徴である。また、彼女の肌の色は非常に白く、北方の白人の性質を持っている。俺の勝手な印象では、彼女は少しメルケル首相に似ているように感じた。メルケル首相もゲルマン民族でなく、西スラブ民族の遺伝子を持っているはずである。

 まとめると、ジャネット・ルイーズ・イエレンはユダヤ教徒の西スラブ人のアメリカ国民である。ただし、詳細な遺伝子検査と割合の調査が必要である。ゲルマン民族の血も入っているように見える。

 Parents:Her mother was Anna (née Blumenthal) and her father, Julius Yellen, was a physician. Originally, her father’s family came from Polish town of Suwałki.

https://www.celebfamily.com/business/janet-yellen.html