縄文時代

広告
コーカサス人種

エラム人とエラム語〜Y染色体ハプログループJ2とシュメール人〜

 エラム語(エラムご)は系統不明の言語で、古代のエラム帝国で紀元前2800年頃から紀元前550年頃に使われ、紀元前6世紀から紀元前4世紀にかけてペルシア帝国の公用語であった。最後のエラム語の文字による記録はアレクサンドロス大王によるアケメネス朝の征服の頃に残されている。現在は死語になっている。エラム語 1.0 エラム人 1.1(著者系統の憶測)エラム人はY染色体ハプログループJ2を持っていた。 または、エラム人はY染色体ハプログループG2aやE1b1bやHを持っていた。個人的には、筆者はエラム人もシュメール人もY染色体ハプログループJ2を持っていた可能性があるように感じる。その他の可能性としては、TやL系統が存在する。 氷河期の終わりの後、Y染色体ハプログループJ2はコーカサスあたりからアナトリアやイランへと拡散した。Y染色体ハプログループJ1もまたコーカサスあたりからメソポタミア及びアラビア半島へと拡散した。J2はJ1よりも農耕民族的であり、J1はJ2よりも牧畜民族的であったように感じる。 This finding was interpreted ...
コーカサス人種

エブラ人とエブラ語〜Y染色体ハプログループJ1a2(P-58)とJ2aとJ2bとアララハ遺跡〜

 エブラ語(英:Eblaite language)は、セム語派の消滅した言語で、紀元前23世紀に古代都市エブラ、現在の西シリアのアレッポとハマーの間にあるテル・マルディーフで用いられていた。エブラ語は、サルゴン以前のアッカド語に近い言語東セム語のひとつとして記述されてきた。たとえば、マンフレート・クレベルニクはエブラ語について、粘土板に出現する王名の一部は北西セム語に属するものの、「アッカド語にきわめて近いため、初期のアッカド語の方言として分類できる」と言っている。エブラ語 アフロ・アジア語族のセム語派は東セム諸語と中央セム諸語と南セム諸語に分類される。東セム諸語には、アッカド語とエブラ語が存在する。中央セム諸語には、北西セム諸語とアラビア語が存在する。 北西セム諸語には、カナン諸語とアラム語とウガリット語が存在する。カナン諸語には、フェニキア語とヘブライ語とその他が存在する。なお、フェニキア人はY染色体ハプログループJ2を持っていた可能性がある。 なお、著者は下記の情報が正確であると断定しない。 1.0 エブラ人 1.1(俺系統の認識)エブラ人はY染...
コーカサス人種

ハッティ語とハッティ人〜Y染色体ハプログループG〜

ハッティ語(Hattic language)は、アナトリアで紀元前3千年紀-紀元前2千年紀にかけて話されていた、非インド・ヨーロッパ語族の言語。膠着語に属す。未分類言語であり、カスキアン語(英語版)との関係性が議論されているが、明らかではない。ハッティ語 ハッティ語とハッティ人 1.0 (事実)ハッティ語は膠着語である。 1.1 (俺系統の思考の規範)もしハッティ語が膠着語であるならば、その言語はY染色体ハプログループGに対応する。 または、その言語はEやHに対応する。Eの場合、Y染色体ハプログループE1b1bであり、それは古代エジプト人が話した。この場合、ナトゥーフ文化と前土器時代、そしてカルディウム土器時代を経て、E1b1bがアナトリアに居着いた。Gの場合、コーカサス山脈やアナトリア東部の民がハッティ語を話していた。 1.2 (俺系統の憶測)ハッティ人はY染色体ハプログループGを持ち、彼らはアナトリア農耕民や初期欧州農耕民に近い。 初期欧州農耕民はアナトリアとコーカサス山脈とイランに住んでいた可能性がある。彼らは地中海や欧州へと進出したが、彼...
中東文明

ウバイド文化とウバイド人

ウバイド文化(Ubaid culture,紀元前6500年ごろ -紀元前3500年ごろ)はメソポタミアに誕生した先史文化。灌漑農業の導入による農業の飛躍的発展、車輪の導入、銅器時代などがウバイド期に始まっている。ウバイド文化 TheUbaid period(c. 5500–3900 BC)is aprehistoricperiod ofMesopotamia. The name derives fromTell al-'Ubaidwhere the earliest large excavation of Ubaid period material was conducted initially in 1919 byHenry Halland later byLeonard Woolley.  ナトゥーフ文化の後、土器前新石器時代が始まった。カルディウム土器文化が始まった。その後、ウバイド文化も始まった。ウバイド文化では、銅器が使用された。 ウバイド文化 1.0 (俺系統の認識)ウバイド文化は文化である、それは7500年前にイラク南部(メソポタミア地域)で...
中東文明

カルディウム土器文化〜Y染色体ハプログループE1b1b〜

カルディウム土器(カルディウムどき、Cardium pottery)とは、新石器時代に南ヨーロッパでみられる土器である。以前はCardium edulis(現在はCerastoderma edule)と呼ばれる軟体動物の殻を用いて、土器の粘土に彫刻を施しているため、こう呼ばれる。Impressed wareという別称もある。レバントに起源を発し、バルカン半島南部を中心に、イタリア半島、イベリア半島などでも見られる。カルディウム土器 カルディウム土器文化  俺系統の認識1.0 カルディウム土器文化は文化である、かつそれは8400年前から7500年前にイタリア半島とイベリア北東及びバルカン半島で形成された。  7800年前にクロアチアで発掘された死体はY染色体ハプログループC1a2とE1b1bとG2aに所属するらしい。このE系統は北アフリカ人であった可能性がある。G2a系統はアナトリア農耕民であった可能性がある。mtDNAはH、K、Nであった。俺の印象では、この文化の担い手(カルディウム人)はアナトリア農耕民に遺伝的に類似していた可能性がある。E系統はエジプトから...
中東文明

ナトゥーフ文化(ナトゥフィアン文化)〜Y染色体ハプログループE1b1b〜

ナトゥーフ文化(英語:Natufian culture)は、紀元前12500年から紀元前9500年にかけてレバントに存在した亜旧石器文化。人類史において農耕が始まる前であるにも関わらず、定住あるいは定住に近い生活が行われていた点に特徴がある。 おそらく世界最古の都市であるとされるイェリコは、この時期に建設された。 いくつかの考古学的証拠は、穀物、特にライ麦の計画的な栽培が、ナトゥーフ文化期後半にテル・アブ・フレイラにおいて行われていたことを示しており、これは人類史における最初の農耕の証拠である。ナトゥーフ文化  ナトゥーフ文化(ナトゥフィアン文化)は最古の農耕とみなされる可能性がある。この文化の後に、土器前新石器時代Bが生じた。おそらく、これらの主体のどちらもが古代エジプト人の父系であるだろう。 ナトゥーフ文化(ナトゥフィアン文化)  俺系統の認識1.1 ナトゥーフ文化は文化である、かつそれは1万五千年前から1万年前にレヴァントでおそらくY染色体ハプログループE1b1によって形成された。  ナトゥーフ文化における主体がどの種の言語を話していたのかは不明で...
中東文明

土器前新石器時代B(Pre-Pottery-NeolithicB)〜Y染色体ハプログループE1b1bとガンジ・ダレ〜

 以下では、俺は土器前新石器時代Bについて述べるつもりである。この文化はナフティアン文化(ナトゥーフ文化)に関係しているらしい。土器前新石器時代には、AとBとCがあり、1万2千年前から8500年前?まで継続する。 1.0 土器前新石器時代B  俺系統の認識1.1 土器前新石器時代は文化である、かつそれは1万年前から8500年前にメソポタミア北部(上部)とレヴァントで形成された。  また、この文化はナフティアン文化と関連する可能性がある。土器前新石器時代はY染色体ハプログループE1b1bによって形成された。俺の印象では、彼らはいわゆる北アフリカ人であり、古代エジプト人に父系では近いように思える。この文化の主体はJ系統でなかった。 ナトゥーフ文化がレヴァントで生じた後、この土器前新石器時代が生じた。これらの文化の主体はY染色体ハプログループE1b1bであった。このEは中東へと進出していたかもしれない。 上記を見ると、イラン中石器時代には、J系統(おそらくJ2)がある。ガンジ・ダレ新石器時代には、P1とCTがある。イラン後期新石器には、G2aがある...
西洋文明(欧州+地中海)

アンドロノヴォ文化〜Y染色体ハプログループR1a〜

 アンドロノヴォ文化(アンドロノヴォぶんか、Andronovo culture)とは、紀元前2300年から1000年頃の青銅器時代に、中央アジアステップ地帯からシベリア南部の広い範囲に見られた、類似する複数の文化をまとめた名称である。アンドロノヴォ文化  以下では、俺はアンドロノヴォ文化を提示するつもりである。簡潔には、アンドロノヴォ文化は文化であり、かつ東欧白人がサルゴン王の時代に中央アジアで形成した。 アンドロノヴォ文化  俺系統の認識1.1 アンドロノヴォ文化は文化である、かつそれは4000年前から3000年前に中央アジアで(東欧白人によって)形成された。  おそらく、アンドロノヴァ文化は東欧白人によって形成された。彼らはY染色体ハプログループR1a系統を持っていて、彼らは印欧語族(サテム語)を話した。彼らの人種的な形質はコーカサス人種であった。その下位分類は欧州小人種であった。 この文化の流れとしては、Y染色体ハプログループR1aはウクライナ平原で生活していた。その後、5500年前に、彼らは拡散した。モンゴル平原では、Y染色体ハプログループR...
モンゴロイド人種

馬鹿洞人とアメリカ先住民〜雲南省と縄文人〜

 馬鹿洞人(ばろくどうじん、英語:Red Deer Cave people)は、知られているうちで最も新しい、現生人類に似ていない先史時代の人類である。年代測定で14,500-11,500年前と判定された化石は中国の馬鹿洞と老磨槽洞で発見された。旧人類と現生人類の特徴を合わせもつ彼らは比較的最近まで生存していた人類の別の種と見られ、現生人類の遺伝子プールに寄与することなく絶滅したと考えられている。馬鹿洞においては大きなシカを調理していた痕跡が残されている。馬鹿洞人 中国科学院昆明動物研究所が作成した論文が14日発行の生命科学誌『カレント・バイオロジー』に掲載されました。同論文は、1万4000年前に生きた馬鹿洞人と、12万6000~1万1700年前の後期更新世のアメリカ大陸先住民のゲノムが似ていることを明らかにしました。  以下では、俺は上記の速報を解釈する。科学や人類学に興味を持つ大和民族は自己の社会を形成することができない、かつ彼らは自己の社会を形成する発想を持っていない。加えて、彼らは所有それ自体を認識できない。 解釈  俺系統の思考の規範1.1 もし...
コーカサス人種

リシ・スナック(Rishi・Sunak)と保守党党首選〜スナーク財務大臣と保守党、そしてヒンドゥー教〜

リシ・スナック(英語:Rishi Sunak、1980年5月12日- )は、イギリスの政治家。第73代財務大臣。保守党所属の庶民院議員。リシ・スナック  英国の保守党候補者の選挙では、イギリス人のほとんどが存在してこなかった。リシ・スナックはインド人であり、そのほかにはナイジェリア人や有色人が存在する。イギリスはこれらを多様性と呼ぶが、現在の状態は過去の西欧白人の行為に関する歴史的な罰であるだろう。 リシ・スナック  リシ・スナックの人種はほとんどコーカサス人種である。リシ・スナックの小人種は北インド小人種?である。リシ・スナックの民族は不明である。もし彼の祖父がパンジャーブ地方出身であるならば、彼は北インド、またはパキスタン人に近いように思える。リシ・スナックのY染色体ハプログループはR1a系統である可能性がある。 リシ・スナックの国籍はイギリス国籍である。リシ・スナックの宗教はヒンドゥー教である。リシ・スナックの言語は印欧語族である。リシ・スナックの所属文明は不明であるが、西欧文明であるだろう。 イギリスの現状  俺系統の認識1.1 イギリ...
ホモ・サピエンス生物種

牧畜民族の長所と短所〜軍事及び統治と文字及び官僚、都市と商業と過去〜

 以下では、俺は牧畜民族の長所と短所について述べるつもりである。牧畜民族とは、ある民族であり、その生活形態は牧畜である。有名な牧畜民族には、モンゴル民族や欧州人(ヤムナ文化)やセム系民族が存在する。俺は牧畜民族の民族を「生活形態族(生活様式)」と呼ぶ。その省略は生活族(生様族)である。 牧畜民族の長所  俺系統の思考の規範1.1 もしある主体が牧畜民族であるならば、その主体は高い統治能力を持つ。  その主体は家畜を上手に扱う。その主体はその手法をサピエンスへと応用して、サピエンスを管理・統治する。彼らは統治階級になりやすい。  俺系統の思考の規範1.2 もしある主体が牧畜民族であるならば、その主体は高い軍事能力を持つ。  経験的には、その主体は軍事的な成功を収めてきた。例えば、アーリア人は中東における戦争に勝利してきた。また、モンゴル人もモンゴル帝国を作り上げた。 牧畜民族の短所  俺系統の思考の規範2.1 もしある主体が牧畜民族であるならば、その主体は文字を持たない。  モンゴル人も欧州人も近年まで文字を持ってこなかった。または、彼ら...
欧州小人種

Y染色体ハプログループR(R1aとR1b)が印欧語族(インド・ヨーロッパ語族)を創造したのか?

 一般的に、Y染色体ハプログループRが印欧語族を創造したと考えられている。そのとき、印欧語族へのウラル語族の影響があったらしい。しかし、俺が欧州人が自己の言語を無料で異人種や異民族へと押し付けようとするとき、俺は白人がキリスト教を人々へと押し付けたことを連想した。 キリスト教はセム人系統の宗教であり、白人(アーリア人)系統の宗教でない。言い換えると、キリスト教はアーリア人の自己でない。もし印欧語族がY染色体ハプログループRに対応しないならば、この共通点は自己でないものを無料で他人に与えていることである。 思考の規範  俺系統の思考の規範1.1 もしある主体が自己の言語を非自己に与えるならば、その言語はその主体の自己の言語でない。  一般化すると、もしある主体が自己の何かxを非自己に与えるならば、その言語はその主体の自己の何かxでない。xには、言語や宗教やY染色体や人種や領土や富がある。口語的に言えば、その主体は自己の言語を自己と認識していないので、たとえその主体が自己の何かを切り売りするとしても、その主体は自己を売っていると認識していない。 実際に、ある...
言語

アフロ・アジア語族は存在するか?セム語族とハム語族とY染色体ハプログループJ及びE

アフロ・アジア語族(アフロ・アジアごぞく、Afro-Asiatic)は、アラビア半島を中心とする西アジアおよび北アフリカに分布する語族。古くはセム=ハム語族(または「ハム=セム語族」)と呼ばれ、現在もこの語を使う学者もあるが、ひとつのまとまりをもつ「ハム語派」の存在は否定されている。アフロ・アジア語族  昔の研究では、セム語族とハム語族が存在した。その後、セム語族とハム語族はアフロ・アジア語族として纏められた。しかし、遺伝学によると、北アフリカ及びサハラ以南のサピエンスはY染色体ハプログループEを持ち、セム人はY染色体ハプログループJを持つ。正確には、北アフリカ人はY染色体ハプログループE1b1bを持つ。 以下では、俺はアフロ・アジア語族に対する俺系統の認識を提示するつもりである。結論から言って、俺はセム語族とハム語族は存在すると認識する。そして、エジプト人(ハム人)はセム人に敗北して、言語交代(言語置換)が生じた可能性がある。ハムの民はセムの民に言語的にも宗教的にも(父系)敗北した。 俺系統の認識 エジプト語(エジプトご)は、古代エジプト時代からイスラーム...
欧州小人種

アファナシェヴォ文化とY染色体ハプログループR1aとR1bと印欧語族とヤムナヤ文化

 アファナシェヴォ文化(アファナシェヴォぶんか、英:Afanasevo culture)は、紀元前3500年から2500年頃、中央アジア北東部からシベリア南部にかけて栄えた文化で、銅器時代後期ないし青銅器時代前期に当たる。シベリア・ミヌシンスク盆地のアファナシェヴォで最初に発掘調査されたが、現在のモンゴル西部、新疆ウイグル自治区北部、カザフスタン中東部にまで広がっていた。さらにタジキスタン・アラル海方面の文化も関連があるとされる。アファナシェヴォ文化 アファナシェヴォ文化  アファナシェヴォ文化とは、ある文化であり、西部草原牧畜民がモンゴル高原あたりに青銅器時代(紀元前3000年前から紀元前2000年前)に形成した。紀元前3300年前に、西部草原牧畜民は東部狩猟採集民とコーカサス狩猟採集民が等しい割合で交雑して、その中間に遺伝的に位置するようになった。西部草原牧畜民及びコーカサス狩猟採集民の人種はコーカサス人種であっただろう。前者のY染色体ハプログループはR1bであり、後者はJ系統であった可能性がある。 その後、西部草原牧畜民は東西と南に拡散した。欧州への拡散では、...
ホモ・サピエンス生物種

インド人の人種は何であるか?〜北インド人と南インド人とドラヴィダ人とY染色体ハプログループH〜

 一般的に、インド人はオーストラロイド人種であると考えられてきた。しかし、俺がインド人を見ると、北インド人の人種はコーカサス人種であるように見える。以下では、俺はインド人が誰であるのかを提示するつもりである。 インド人  俺は次のように認識する。インド人は北インド人と南インド人に分類される。北インド人の人種はコーカサス人種である。北インド人はイラン系農耕民と東アーリア人の遺伝子を主要な遺伝子として持っている。彼らの父系はY染色体ハプログループR1aである可能性がある。彼らの言語は印欧語族であり、その語族はY染色体ハプログループRに対応する。 一方、南インド人の人種、いわゆるドラヴィダ人はオーストラロイド人種である。彼らはインド在来の狩猟採集民の遺伝子とイラン系農耕民の遺伝子を持っている。この在来の狩猟採集民の人種がオーストラロイド人種であり、その形質はアンダマン諸島の人々に似ている。彼らの父系はY染色体ハプログループHである可能性がある。彼らの言語はドラヴィダ語族であり、それはH系統に対応する。 言い換えると、ドラヴィダ人は在来のインド自然民に、イラン系農耕民...
地中海小人種

ドーリア人と海の民と暗黒時代、そしてスパルタ

 ドーリア人(ドーリアじん、ギリシャ語:Δωριείς,Dōrieîs,英語:Dorians)、またはドーリス人、ドリス人は、アイオリス人、イオニア人と並ぶ古代ギリシアを構成した集団のひとつ。紀元前1100年頃ギリシャに侵入し、主にペロポネソス半島に定住した。ギリシア語のドリス方言を話し、代表的な都市はスパルタである。ドーリア人  一般的に、ドーリア人もまたミケーネ人(アカイア人)と同じ古代ギリシア人であると考えられているように思える。ドーリア人はスパルタという都市を作り上げた。しかし、俺はドーリア人はミケーネ人と異なる存在であると認識する。そして、俺はドーリア人は海の民それ自体であったように感じる。 なお、海の民とドーリア人の時期は殷王朝の崩壊の時期に近かったように思える。殷王朝のY染色体ハプログループはC2系統であった可能性がある。 ドーリア人  ドーリア人の人種はコーカサス人種であった。ドーリア人の小人種は地中海小人種であった可能性がある。ドーリア人の民族はギリシア民族であった可能性がある。ドーリア人のY染色体ハプログループはR1bであった可能性...
地中海小人種

ミケーネ人(アカイア人)とは誰であったか?〜Y染色体ハプログループJ2、またはGとミケーネ語とアテネ〜

エーゲ文明 まずエーゲ海域が交易のルートとして早くから発展し、オリエント文明の影響を受けながらエーゲ文明が生まれた。その前半はクレタ島を中心とした海洋文明であり、クレタ文明といい、後半は本土のミケーネを中心としたミケーネ文明とされる。ともに青銅器文明であるが、クレタ文明はギリシア人ではないアジア系の海洋民族が作った海洋国家であり、インドヨーロッパ語族のギリシア人が前2000年紀を通じて長期にわたって南下してギリシア本土に定住しミケーネなどの小王国を作った段階がミケーネ文明である。それぞれ線文字Aと線文字Bという文字も使用しており、後者は解読されている。 およそ前1600年ごろからギリシア本土ミケーネを中心に形成された文明で、古代ギリシアの青銅器文明であるエーゲ文明の前半をクレタ文明と言うのに対し、その後半をいう。前1200年頃に鉄器が使用されるようになったことにより、消滅したと考えられる。ミュケナイ時代ともいう。およそ前1600年頃~1200年の間に、北方からギリシア本土とエーゲ海域に南下してきたギリシア人の第一波とされるアカイア人が、ペロポネソス半島のミケーネなどを中心に高...
地中海小人種

クレタ人(ミノア人)とは誰であったか?〜クレタ文明(ミノア文明)とY染色体ハプログループG、またはJ2とミノア語〜

  紀元前3000年ごろから、ギリシアのエーゲ海周辺に、オリエント文明の影響を受けた青銅器文明が形成された。クレタ文明 前2000年ごろにはクレタ島を中心としたクレタ文明が生まれた。人種は不明だが、ギリシア人の先祖ではなかったと考えられており、後のギリシア文化とは異質な海洋民族としての特徴的な意匠、たとえばたこやいかを描いた壺などを残している。前1400年頃、ギリシア本土から進出したギリシア人(その一部のアカイア人)によってクレタ文明は滅ぼされたと考えられている。ミケーネ文明 前2000年紀から南下し始めたギリシア人(その第一波をアカイア人という。また南下の年代は最近では前3000年紀にさかのぼるとする説もある)がギリシア本土に定着し、前1600年~前1200年頃までにミケーネ文明を形成した。トロイア文明 エーゲ文明は前半のクレタ文明、後半のミケーネ文明の二期に分けられるが、並行して小アジアのトロイア遺跡にも同様の文化が繁栄していた。これをトロイア文明とする場合もある。ほぼミケーネ文明と同時期に栄えており、ホメロスの『イリアス』などで物語られるトロイア戦争の舞台となった。  一...
ホモ・サピエンス生物種

釈迦(ゴーダマ・シッダールタ)の人種はモンゴロイド人種で、Y染色体ハプログループはD系統であったか?

 釈迦族(しゃかぞく、Śākyaシャーキヤ)とは、古代北インドの一部族・小国である。釋迦族やシャーキヤ族とも。仏教の開祖ガウタマ・シッダールタが属していたことで有名である。釈迦族 釈迦  釈迦の人種は不明であった。釈迦の言語は印欧語族であった。釈迦の宗教は仏教であった。 一般的に、釈迦は印欧語族を話し、彼はアーリア人系統のクシャトリアであると考えられているように思える。なぜなら、Y染色体ハプログループと語族には、対応関係がある場合がある。印欧語族に対応するY染色体ハプログループはR系統である。 しかし、俺の印象では、釈迦はアーリア人、つまりY染色体ハプログループR系統でない可能性がある。俺の印象は次である。Y染色体ハプログループR系統は自己の民族宗教を作れるが、自己の(文明)宗教を形成できない。だから、彼らはセム系統の宗教に依存してきた。さらに、インド人自身が仏教を信仰していない。次の呟きが参考になる。  仏教が東アジアにしか浸透してないことからもモンゴロイドの可能性は高いと思うけどな。インド国内でさえ一時期一掃されちゃったし。思想とDNAの関係性は結構...
ホモ・サピエンス生物種

インドのカースト制度と印欧神話、そしてY染色体ハプログループR

 カースト(英語: Caste)とは、ヒンドゥー教における身分制度(ヴァルナとジャーティ)を指すポルトガル語・英語だが、インドでは、現在も「カースト」でなく「ヴァルナとジャーティ」と呼ぶ。本来はヒンドゥーの教えに基づく区分であるが、インドではヒンドゥー以外の宗教でも、カーストの意識を持つ者がいる。ヒエラルキー。紀元前13世紀頃に、バラモン教の枠組みがつくられ、その後、バラモン、クシャトリヤ、ヴァイシャ、シュードラの4つの身分に大きく分けられるヴァルナとし定着した。現実の内婚集団であるジャーティもカースト制度に含まれる。カースト  俺はインドのカースト制度を印欧語族を持つY染色体ハプログループRの集団それ自体であると認識する。現在では、彼らはキリスト教徒になったので、インドほど強いカースト制度を持っていない。しかし、もし彼らがキリスト教徒をやめるならば、彼らはインドのようなカースト制度を常に作り出す。 インドのカースト制  インドのカースト制度はバラモン(司祭階級)とクシャトリア(王族、戦士)とヴァイシャ(市民)、そしてシュードラ(労働者)に分類される。この分類は印欧...
西洋文明(欧州+地中海)

ローマ帝国の歴史とその外観

 以下では、俺はローマ帝国を概観する。 ローマ帝国以前  以下では、俺はローマ帝国以前を提示するつもりである。イタリア半島には、Y染色体ハプログループIやY染色体ハプログループEが住んでいた。その後、Y染色体ハプログループG2aがアナトリア方面から侵入した。さらに、Y染色体ハプログループR1bが北方から地中海へと侵入した。 ・エトルリア人  俺の認識 エトルリア人がイタリア半島に住んでいた。  エトルリア人はY染色体ハプログループR1bを持っていた。しかし、彼らは印欧語族を話していなかった。一方、ラテン人はY染色体ハプログループR1bを持ち、かつ印欧語族を話していた。アーリア人の定義によると、エトルリア人はアーリア人でなく、ラテン人はアーリア人であった。 エトルリア人は彼らの文化を2900年前から形成していたらしい。一方、フェニキア人はカルタゴを2800年に形成した。フェニキア人はY染色体ハプログループJ系統とセム語族を持っていた可能性があった。エトルリア人の活動時期とフェニキア人の活動時期は比較的に重複している。中東では、アッシリア帝国が存在した...
コーカサス人種

アーリア人とは誰であるか?〜Y染色体ハプログループR及び印欧語族を持つコーカサス人種〜

 アーリア人とは、Y染色体ハプログループRを持つコーカサス人種である。より正確には、アーリア人とは、Y染色体ハプログループR及び印欧語族を持つコーカサス人種である。感覚的には、アーリア人とは白人(欧州人)である。以下では、俺はアーリア人いついて述べるつもりである。 定義 ・定義  俺系統の認識(定義) アーリア人とは、Y染色体ハプログループR及び印欧語族を持つコーカサス人種である。  アーリア人は西アーリア人と東アーリア人に分類される。西アーリア人とは、Y染色体ハプログループR1b及び印欧語族を持つコーカサス人種である。東アーリア人とは、Y染色体ハプログループR1a及び印欧語族を持つコーカサス人種である。 西欧の白人と東欧の白人がアーリア人である。また、イベリア人やイタリア人やギリシア人を含む西地中海人の一部は西アーリア人である。ローマ人を含む古代地中海人は西アーリア人であった。また、ペルシャ人の人種はコーカサス人種でありペルシャ人はY染色体ハプログループR1a及び印欧語族をを持つので、アーリア人である。前者は狭義のアーリア人であり、後者は広義のアーリア...
コーカサス人種

コーカサス狩猟採集民(Caucasus hunter-gatherer )

 この前まで、俺はコーカサス狩猟採取民と言う単語を知らなかった。けれども、コーカサス狩猟採取民の遺伝子は西部草原牧畜民に影響を残しているように感じる。なぜなら、東部狩猟採取民はコーカサス狩猟採取民と等しい割合で交雑したらしい。中間種が形成されたので、東部狩猟採取民の人種的な形質は大きく変化したように感じる。 コーカサス狩猟採取民 ハプログループ  俺の認識 コーカサス狩猟採取民はY染色体ハプログループJ1やJ2を持っていた。コーカサス狩猟採取民はミトコンドリアハプログループKやHを持っていた。 Jones et al. (2015) analyzed genomes from males from western Georgia, in the Caucasus, from the Late Upper Palaeolithic (13,300 years old) and the Mesolithic (9,700 years old). These two males carriedY-DNAhaplogroup:J*andJ2a, later re...
欧州小人種

西部草原牧畜民(Western Steppe Herders)

 俺は西部草原牧畜民が現代の欧州人の直接的な先祖であると感じる。 西部草原牧畜民 ハプログループ  俺の認識 西部草原牧畜民の雄はY染色体ハプログループR系統を持つ。  実際には、西部草原牧畜民の雄はY染色体ハプログループR1bを持つかもしれない。個人的な印象では、西部草原牧畜民の雄はY染色体ハプログループR1bを持ち、東部狩猟採集民がY染色体ハプログループR1aを持つ。多くの例外が存在するが、西部草原牧畜民はミトコンドリアハプログループUを持つ。 人種的な形質  俺の認識 西部草原牧畜民は明るい色の肌を持つ。  wikipediaを読むと、時代や文化に応じて、西部草原牧畜民は異なる髪の色や目の色を持つように感じる。例えば、初期青銅器におけるヤムナ文化では、西部草原牧畜民は茶色の眼と黒い髪を持った。一方、縄目土文化では、青い眼が観察されたらしいが、彼らが西部草原牧畜民であるのかは俺にとって不明である。 個人的な印象では、俺は東部狩猟採集民が金髪を持っていたように感じる。一方、西部草原牧畜民は金髪を持っていなかったのでないかと(現...
コーカサス人種

初期欧州農耕民(Early European Farmers)〜Y染色体ハプログループG2a〜

 中東における農耕民はレバント南部の農耕民とザクロス地域におけるイラン系農耕民、そしてアナトリア農耕民に分類されるらしい。以下では、俺はアナトリア系農耕民、初期欧州農耕民について述べるつもりである。 現代西欧人は西部草原牧畜民と西部狩猟採集民と初期欧州農耕民の交雑であるらしい。西部草原牧畜民は東部狩猟採集民とコーカサス狩猟採集民の等しい交雑であるらしい。西部草原牧畜民が欧州及び地中海へと移動した後、彼らは初期欧州農耕民と母系で交雑した。個人的には、俺は初期欧州農耕民の遺伝子は古代地中海文明及び西欧文明の創造に必要であったと感じる。 初期欧州農耕民(早期欧州農耕民) 「Massive migration from the steppe was a source for Indo-European languages in Europe」によると、サルデーニャ人は初期欧州農耕民の遺伝子を8割以上持っている。ギリシア人とスペイン人とイタリア人は7割持っている。いわゆる、西側地中海人は初期欧州農耕民の遺伝子を7割以上持っている。 一方、イギリス人とフランス人は初期欧州...
コーカサス人種

西部狩猟採集民(Western Hunter-Gatherer)〜チェダーマン〜

西部狩猟採集民 人種的な形質  俺の認識 西部狩猟採集民は青い眼と暗い肌を持っていた。  上記の事実?は俺の「感覚」に反する。なぜなら、青い眼も白い肌も高い緯度で生まれたと感じる。もしある主体が青い眼を持つならば、その主体は強い日差しを見続けることができない。だから、その主体は北方に住んでいる。また、もしある主体が白いを持つならば、その主体は紫外線量の低い地域、つまり北方に住んでいる。俺はこのように推測する。 にも関わらず、西部狩猟採集民は暗い肌と青い眼を持ってる。暗い肌はそれを持つ先祖が紫外線量の多い地域に住んでいたことを暗示する。俺は暗い肌と青い眼は何らかの交雑の結果を暗示しているように感じてしまう。 ハプログループ  俺の認識 西部狩猟採集民はY染色体ハプログループIとミトコンドリアハプログループUを持っていた。  個人的には、俺はこの西部狩猟採集民が欧州大陸における自然なホモ・サピエンスの一つであるように感じる。Y染色体ハプログループIが欧州大陸における自然なホモ・サピエンスの一つである。 末路 Once wid...
コーカサス人種

チェダーマン(Cheddar Man)はY染色体ハプログループI(I2)〜青い眼と黒い肌〜

Analysis of hisnuclear DNAindicates that he was a typical member of the western European population at the time, withlactose intolerance, probably with light-coloured eyes (most likely green but could be blue or hazel), dark brown or black hair, and dark to black skin.Brown eyes, lactose tolerance, and light skin are common in the modern population of the area. These genes came from later immigration, most of it ultimately from two major waves, the first ofNeolithicfarmersfrom theNear East, ano...
中東小人種

ペルシャ人(イラン人)はアーリア人であるか?〜印欧語族とY染色体ハプログループR1a〜

 一般的に、ペルシャ人はアラブ人でなく、ペルシャ人と考えられてきた。けれども、俺らがペルシャ人やアラブ人を観察する時、彼らは同じ中東小人種に分類されるように感じてきた。実際、ペルシャ人の肌の色も骨格も体格や筋肉も欧州人とは異なる。 だから、俺らはペルシャ人とアラブ人の違いは遺伝的な違いでなく、文化的な違いであると感じてきた。例えば、ペルシャ人は印欧語族を持つ民族であり、アラブ人はセム語族を持つ民族である。しかし、俺らがY染色体ハプログループに関する情報を見る時、ペルシャ人とアラブ人は遺伝的にも異なることがわかった。 ペルシャ人の一部はY染色体ハプログループR1aを持つ一方、アラブ人はY染色体ハプログループJを持つ。では、ペルシャ人はアーリア人であるのだろうか?以下では、俺はペルシャ人のY染色体ハプログループR1aの意味を提示するつもりである。なお、以下では、俺はアラブ人をエジプト人を除き、サウジアラビアやレバントのアラブ人とした。 ペルシャ人(イラン人) ・Y染色体ハプログループR1a  ペルシャ人の男系(父系):ペルシャ人の男系(父系)はY染色体ハプロ...
中東小人種

ツタンカーメンのY染色体ハプログループR1bはコーカサス人種系統か?〜白人(欧州人)系統のY染色体ハプログループ〜

 2011年、スイスの研究機関iGENEAによりツタンカーメンの属するY染色体ハプログループが判明したと発表され、R1b1a2-M269という現在の西ヨーロッパの住民に見られる父系血統で、現在のエジプト人にはほとんど見られないハプロタイプであることが分かった。ツタンカーメン#ツタンカーメンのミイラ  上記の速報により、一部の人々はツタンカーメンは白人(欧州人)であったと主張したいように見える。しかし、俺はY染色体ハプログループRそれ自体がコーカサス人種系統でなく、モンゴロイド人種系統である可能性もあると憶測する。以下では、俺はツタンカーメンのY染色体ハプログループRを解釈する。 ツタンカーメンのY染色体ハプログループ ツタンカーメンのY染色体ハプログループRの意味  意味:ツタンカーメンのY染色体ハプログループRはモンゴロイド人種系統である可能性もある。  ツタンカーメンのY染色体ハプログループRはモンゴロイド人種系統である可能性もある。上記では、ツタンカーメンのY染色体ハプログループRは西欧州由来であると指摘されている。しかし、コーカサス人種系統の...
ホモ・サピエンス生物種

シュメール人の人種(正体)は南インド人種か(ドラヴィダ)〜モンゴロイド人種とコーカサス人種と南インド人種とY染色体ハプログループE1b1bやG2a〜

 一般的に、シュメール人の民族系統は不明であってきた。加えて、彼らの人種は不明である。そのため、誰も知らないのは、彼らがモンゴロイド人種であったのか、コーカサス人種であったのか、あるいはそのほかの人種であったのかである。 以下では、俺はシュメール人種の人種とY染色体ハプログループを憶測してみる。俺はその人種はほとんどコーカサス人種であり、Y染色体ハプログループはE1b1bかG2aでないかを勘ぐる。彼らは北アフリカや東アフリカから来たか、またはザグロス山脈からメソポタミアへと侵入した。 または、俺はシュメール人の人種は南インド人種(オーストラロイド人種系統)であり、Y染色体ハプログループHを持っていたと憶測する。あるいは、シュメール人はJ1やJ2であったと憶測する。 シュメル人 事実?  俺系統の認識0.0 シュメール人はシュメール語を話していた。  シュメール語は膠着語である。俺は上記の事実を使用する。  俺系統の認識0.1 シュメール人は黒い頭を持っていた。  上記はシュメール人の自称である。また、アッカド人たちも彼らを黒い頭...
ホモ・サピエンス生物種

ペルーのアンデス山脈の9000年前に女性ハンター、「男は狩り、女は採集」覆す発見〜崩壊する大学〜

 〜狩猟採集民の食料調達、男女の異なる役割は生物学的か否か〜 2018年のある日。米カリフォルニア大学デービス校の考古学者ランダル・ハース氏の研究チームは、ペルーのアンデス山脈で発掘された約9000年前の墓の周りに集まった。墓の中には成人のものと思われる骨とともに、多種多様で見事な狩猟用の石器があった。大きな獲物を倒し、その皮をはぐ作業までの道具がそろっていた。「彼はきっと優れたハンターで、集団の中でとても重要な人物だったにちがいない」。当時、ハース氏とチームのメンバーたちはそう考えていた。 だが、その後の分析によって意外な事実が明らかになった。石器のそばで見つかった人骨は、女性のものだったのだ。それだけではない。11月4日付けで学術誌「Science Advances」に発表された論文によれば、当時の南北米大陸では、女性のハンターは例外的な存在ではなかったという。 論文の著者らはこの発見を受けて、米大陸全域で発掘された同時代の墓の調査結果も見直した。その結果、大型動物ハンターの30~50%が女性だった可能性が明らかになった。 古代の狩猟採集社会における男女の役割については数十年にわ...
西洋文明(欧州+地中海)

なぜキリスト教では男女平等が正しいか?真理と創造主

 キリスト教では、男女平等が真理と判断されてきた。しかし、大和民族は物事の意味を把握することができないので、彼らは白人のモノマネを意味もわからず繰り返してきた。そのため、彼らは労働や政治家、学者の比率を男女平等にしようとしてきた。 以下では、俺はなぜキリスト教では、男女平等が善と判断されるのかを提示する。結論から言うとイエス・キリスト?がこの世界を男女平等になるように創造した。だから、キリスト教では、男女平等が善である。 そして、キリスト教徒は男女平等な状態をイエス・キリストの目的に沿って、彼らの意志で実現する必要がある。それがキリスト教徒の義務である。 1:背景〜善悪は自然界に存在しない〜 1:行為の善悪は自然界に存在しない  宗教の重要性は行為に関する善悪に関係する。自然界には、善悪は存在しない。しかし、バラバラの狩猟民族が人間社会を形成しとうとするとき、彼らは統一された善悪を必要とする。 だから、彼らは善悪を人工的に作ろうとする。ここで、ある重大な問題が存在する。その問題とは善悪の正当性である。 ある人間は男女平等を正しい(真理)である...
コーカサス人種

ヤムナヤ族(ヤムナ文化)は白人の先祖か?インド・ヨーロッパ語族

 以下では、俺はヤムナヤ族?が何であったのかを憶測する。その後、俺はヤムナヤ族が白人の先祖であったのかを憶測する。一般的に、Yamnaはヤムナ文化と呼ばれているように思える。ここでは、俺はヤムナ族をヤムナ文化を持つ集団と約束する。 ヤムナ族 ヤムナ族  俺の認識 ヤムナ族とは、Y染色体ハプログループR1bを持ち、5600年前から4200年前に牧畜をウクライナ平原で営んでいた集団である。  ヤムナ族の雄はY染色体ハプログループR1bを持っていた。元々、Y染色体ハプログループR1bを持つ集団(ヤムナ族)は現在のウクライナあたりで生活していた。東部狩猟採集集団がコーカサス狩猟採取集団と均等な割合で交雑した後、その子孫がヤムナ族と呼ばれたように感じる。ヤムナ族の言語は印欧語族であった。 詳細は不明であるが、俺の現時点での印象によると、東部狩猟採集集団はY染色体ハプログループR1bとY染色体ハプログループR1aを持っていたように感じる。Y染色体ハプログループR1bがコーカサス狩猟採取集団と均等な割合で交雑した。 その後、ヤムナ族は(馬の?)牧畜という生活形態...
欧州小人種

白人種はいつ生まれ形成された?氷河期と欧州大陸と白人の歴史

 俺はいつ欧州人(白人種)が形成されたのかをはっきりと断定することができない。以下では、俺はいつ欧州人が形成されたのかを提示するつもりである。個人的には、欧州人の肌の色が白くなったのは比較的に最近であったように感じる。 欧州人(白人) 認識  俺の認識 欧州人とは、欧州小人種の要素であり、欧州小人種はコーカサス人種の部分集合である。  言い換えると、欧州人はコーカサス人種の一派である。俺らは欧州人を大局から局所へと認識する。欧州人はホモ・サピエンスである。ホモ・サピエンスはコーカサス人種とモンゴロイド人種とネグロイド人種、そしてオーストラロイド人種に分類される。 俺は欧州人をコーカサス人種と認識する。俺はコーカサス人種は欧州小人種と地中海小人種と中東小人種の3つに分類すると認識する。最後に、俺は欧州人は地中海小人種と中東小人種でなく欧州小人種であると認識する。 俺が人種を考える時、理想的には、俺は人種を過去における分岐と認識する。人種⊃小人種⊃民族⊃部族。具体例として、コーカサス人種⊃白人小人種⊃ゲルマン民族⊃アングロ部族。小人種の形成は早くて60...
広告
タイトルとURLをコピーしました