森会長「女性が多い会議は時間がかかる」 国内外で波紋〜大和民族の幼稚さと異常性〜

広告

 東京五輪組織委員会の森喜朗会長(83)の女性蔑視発言が瞬く間に海外に拡散し、波紋を広げている。  米ニューヨーク・タイムズ(電子版)は3日付で「東京五輪の会長が会議における女性の制限を示唆した」との見出しを取り、問題発言を詳細に報じた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/41d38d616fc9fb032a94b01319947977a8b0a788

 森会長「女性が多い会議は時間がかかる」 国内外で波紋東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は3日、日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会で、「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかります」と発言し、国内外で波紋が広がっています@asahi_sportsさんからの画像

https://twitter.com/i/events/1356990393649221637

 上記の発言とその報道をみて、俺は日本国の報道とその幼稚さに強烈な不快感を覚えた。なぜなら、彼らは西側白人に森・元総理を叱って欲しいと考えているように思える。

その結果、彼らは「国内外で波紋」や「ニューヨーク・タイムズ」が報道しているぞ!と白人に日本人を叱らせて何とかしようとする。もし彼らが言論の自由や報道の自由を重視するならば、彼らは自分の意見を自分で主張して、森総理と対峙する必要がある。

俺が彼らを見ると、彼らは一体全体どこの人間であるのか、どこの国家の人間であるのか、どの人種に所属しているのかすらわからない。彼らは大和民族に金銭的にも精神的にも依存しながら、白人に媚を売り、日本人を攻撃してくる。彼らの行為は病的であるが、彼らはその病性に気づいていないように思える。以下では、俺は日本国の報道の異常性を提示する。

広告

1章 今回の発言

 俺の審判:森の発言は別に問題でない。

 上記の速報によると、森は「女性が多い会議には時間がかかる」と発言した。たとえその発言が事実であるとしても、ないとしても、その発言自体は問題でない。もし女性が問題であると感じるならば、小池なども「男性の会議は時間がかかる」と言い返せば良い。

今回の発言は大和民族の雌が不快感を覚えた。だから、彼女らは白人が森の発言を見て怒ったことにすれば森を叱りつけれると考えた。この醜い動物は自分では怒れないので、白人の霊言やいたこを必要とした。耶蘇の動物どもは白人の意見や価値観という後押しがないと、何も言えない。

僕が海外出羽守が苦手な理由 : いつもより道の途中
今日は海外出羽守について話したいと思う。まず海外出羽守とは海外出羽守、何かにつけて「海外では〜」と言う人を指す。実は僕は昔から日本のテレビ見ると「アメリカでは〜」「ヨーロッパでは〜」とコメンテターが言う姿がすごい気になって親に何度みんなこんなに海外のこと

2章 大和民族の行為

 大和民族の行為:大和民族の報道機関は自分の意見を主張しないで、白人の視点や考えを引用する。

 上記の速報を見ると、大和民族は「白人様が報道しているぞ!」と速報する。彼らは森の発言の何が問題であるのかを彼ら自身で主張しようとしない。実際、日本国の速報は「女性蔑視発言が瞬く間に海外に拡散し、波紋を広げている」や「国内外で波紋が広がっています」と引用する。

日本国の報道機関は彼ら自身の意見を彼ら自身で主張しない。彼らは「イケメンの白人様がこう言っています」と引用して、森のこの種の発言をやめさせようとする。けれども、彼らはなぜ森の発言がダメであるのかを彼ら自身で主張しない。

この種の行為は非常に幼稚である。なぜなら、学級委員長の女子が男児の行為を先生にチクって先生に叱らせようとする行為に似ている。彼女らは自分の意見を自分自身で絶対に主張しない(責任負いたくないから)。男児とも対峙しようとしない。そして、彼女らは先生に男児が叱られるのを見て、喜んでいる。要するに、彼らは彼ら自身の意見を絶対に言わないが、白人にチクって叱らせて、なんとかしてもらおうとする。この種の行為は非常に幼稚である。

3章 大和民族の行為の心理

1節 差別があることにしたい

大和民族はなぜか日本人が差別主義者であることにしたいらしい。要する、彼らは日本人は人種差別主義者であり、女性差別主義者であるとしたい。そして、彼らは日本人は白人よりも遅れていることにしたい。この種の人間には、大和民族の雌が多い。

彼らは自分たちが白人でなく、アジア人であることが嫌である。白人は彼女らを人種的に侮辱しイェ、見下してくる。しかし、彼女らは怖くて、白人に苦情を言えない。だから、彼らは日本人男性に腹いせな八つ当たり、憂さ晴らしをかましてくる。なぜなら、殺されないと思っているから。

彼らは自分たちがアジア人であるのが嫌である。だから、彼らはアジア人を腹いせで叩いて、差別主義者ととしてスッキリしたい。今回の森の発言も同じように、ブサイクで醜いアジア人として生まれてきたことの腹いせや八つ当たりをしている。この種の人間もそうであるが、彼らは日本人が差別主義者であることを喜ぼうとする。

2節 対峙が怖い

 大和民族は不安に弱く、他人との対峙を何よりも恐れる。そして、彼らは責任を何よりも嫌う。彼らは自分の意見を主張するとき、彼らは彼らの発言の責任を彼ら自身で追う必要がある。彼らはそれが何よりも嫌である。

だから、彼らは白人の意見を引用して、その意見で日本人を殴りたい。そのとき、彼らは彼らの発言の責任を彼ら自身で追う必要はない。そして、彼らは日本人との意見対立を回避することができる。彼らはこのように発言できる。

「その意見は白人の意見だから知らない。」

「白人が言っただけであり、私は言っていないから知らない。」

なぜ西側白人は日本人を含む東洋人を差別主義者と呼ぶのか?

https://en.wikipedia.org/wiki/Antisemitism

 西側白人は日本人を含む東洋人を道徳的に遅れた猿と内心考えている。だから、彼らは日本人を含む東洋人を差別主義者という悪魔として描いている。この行為は近代においてユダヤ教徒の白人が道徳的に遅れた白人として書かれたことに似ている。

しかし、日本人は白人のこの種の本物の racism を悪用して、白人と一緒になって日本人を人種的に侮辱している。この種の行為は生贄行為やキリシタン大名による日本人奴隷の再来として最も厳しい刑罰に課される必要がある。

タイトルとURLをコピーしました