カポイド(コイサン)は同じホモ・サピエンスでない〜Y染色体ハプログループAと種族〜

ホモ・サピエンス生物種
https://unsplash.com/photos/r077pfFsdaU
広告

 カポイド(Capoid)は南部アフリカに居住するコイコイ人(ホッテントット)とサン人(ブッシュマン)の2民族を総称した人種概念である。コイサン人種とも呼ばれる。5人種説ではモンゴロイドコーカソイドネグロイドオーストラロイドと共に人種群の一つに分類されたが、コンゴイドと共にネグロイドの2大区分の一つとする場合もある。近年の研究ではミトコンドリアDNAを見ると15万年前から9万年前に他の人種から分岐した形跡があるという[1][誰?]初期ホモ・サピエンスの特徴を残しており、アフリカ最古の人種ともいわれる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/カポイド

 俺がカポイド(少しアジア人的)を見た後、俺は彼らはネグロイド人種やモンゴロイド人種やコーカサス人種と同じホモ・サピエンスでないと認識する。以下では、俺はカポイド(コイサン)が何であるかを認識する。

広告

カポイド(コイサン)

カポイド(コイサン)

 カポイド(コイサン):俺はカポイド(コイサン)はホモ・サピエンスとの共通祖先を持つが、カポイド(コイサン)は俺らと同じホモ・サピエンス(ヒト)でないと認識する。

 俺はカポイド(コイサン)はホモ・サピエンスとの共通祖先を持つが、カポイド(コイサン)は俺らと同じホモ・サピエンスでないと認識する。例えば、wikipedia(電飛)によると、Y染色体ハプログループAは27年前にアフリカで誕生したらしい。しかし、wikipediaのヒト(電飛)によると、ホモ・サピエンス・サピエンスは20年前にアフリカ中部で発生したらしい。

もし俺らがwikipediaの記述を信用するならば、Y染色体ハプログループAはホモ・サピエンスの誕生の前に登場したことになる。言い換えると、ホモ・サピエンスはY染色体ハプログループAの後に誕生したとwikipediaでは主張されている。もしカポイド(コイサン)が俺らと同じホモ・サピエンスであるならば、その時、Y染色体ハプログループAは20万年前の後に誕生している必要がある。

個人的な印象では、Y染色体ハプログループAとY染色体ハプログループBはホモ・サピエンスでないだろう。カポイド(コイサン)は母系(女系)からのネアンデルタールの遺伝子やデニソワの遺伝子の混入なしに男系の存在としてもホモ・サピエンスでないように思える。

見た目の違い

 見た目の違い:カポイド(コイサン)はホッテントットのエプロンという臀部をもち、その臀部は生物種の違いを連想させる。

 カポイド(コイサン)はホッテントットという臀部をもち、その臀部は生物種の違いを連想させる。俺らホモ・サピエンスが類人猿や猿やその他のの哺乳類と同じ動物である事実を考慮するとき、ホッテントットのエプロンという臀部は別の種族を連想させる。もしその臀部が種族に無関係であるならば、病気であるだろう。

一般的に、ある2種類の動物の見た目が異なるとき、俺らはその種の動物を異なる種族に分類するだろう。カポイド(コイサン)がホモ・サピエンス的でないのは、上記の分岐の年代だけでなく、見た目それ自体も異なっている。上記の呟きでも、「種が違う」と呟かれているが、上記の認識が正常であるだろう。

Y染色体ハプログループA

 Y染色体ハプログループA:Y染色体ハプログループAは(俺らと同じ)ホモ・サピエンスでない。

 Y染色体ハプログループAは(俺らと同じ)ホモ・サピエンスでない。俺の印象では、Y染色体ハプログループAはネアンデルタールやデニソワや未知のアフリカ生物種程度には俺らと異なる。wikipedia(ネアンデルタール)によると、ネアンデルタールと現生人類との分岐は30年前から80年前まで幅広いらしい。

上記の電飛を信用するならば、Y染色体ハプログループAは約27万年前に生じていて、この年代はネアンデルタールの分岐の年代に非常に近い。Y染色体ハプログループAはネアンデルタールと同じ年代の人々であると言える。

種族が同じであるとは何であるか

交雑と同一種

  俺の認識:俺らが同じホモ・サピエンスであるかは(雌雄の)交雑によって認識されない。

 俺らが同じホモ・サピエンスであるかは(雌雄の)交雑によって認識されない。ネグロイド人種やコーカサス人種やモンゴロイド人種やオーストラロイド人種は互いに交雑可能、かつ子孫を残すことがであるので、彼らは同じ人種であると考えられてきた。しかし、Y染色体ハプログループAの分岐の時期と俺らがカポイドとの交雑が可能であることを考慮すると、交雑は同じ種(ホモ・サピエンス)を保証しない。

実際、イルカとクジラの交雑種が発見されたとしても、俺らはイルカとクジラを異なる種族と認識している。もし男性がチンパンジーのメスと交雑できるならば、俺らはチンパンジーを同じ人間であるとみなすか?そのとき、俺はホモ・サピエンスとチンパンジーは交雑可能種であるが、同じ人間と見なさない。また、ライオンとトラの交雑種はライガーと呼ばれてきた。しかし、俺らはライオンとトラを同じ種族と認識しない。加えて、彼らから生まれる子孫には、不妊という現象が確認されている。

個人的には、俺はネグロイド人種やコーカサス人種やモンゴロイド人種やオーストラロイド人種は同じ種族でないと感じている。俺の認識でも、ネグロイド人種やコーカサス人種やモンゴロイド人種やオーストラロイド人種は同じ生物種でない。君はカポイドを見て、俺らと同じホモ・サピエンスであると “認識(cognition)” しているのか?

交雑と不妊

 交雑と不妊:たとえ俺らがカポイド(コイサン)の雌と交雑することができるとしても、生まれてくる子供が永続的に不妊にならないのかは証明されていない。

 たとえ俺らがカポイド(コイサン)の雌と交雑することができるとしても、生まれてくる子供が永続的に不妊にならないのかは証明されていない。 交雑可能であることと持続可能であることは互いに異なる。現在、ネグロイド人種やコーカサス人種やモンゴロイド人種やオーストラロイド人種は互いに交雑可能であるが、その種が持続可能であるかは証明されていない。

異なる種族が混血することによって、種の持続可能性が喪失するならば、その種は互いに同種でない。ネグロイド人種やコーカサス人種やモンゴロイド人種やオーストラロイド人種は互いに交雑可能であるので、彼らは同じ生物種である。21世紀の現在では、彼らが同じ生物種であるのはこのようにして認識されている。

しかし、交雑が同じ生物種を与えるとは認識されない。交雑による事実とは、彼らはあくまでも互いに混血可能種であり、それが同種を必ずしも意味するわけでないことである。実際、約三十万年前に現生人類と分岐したかもしれないネアンデルタール人のY染色体は残っていないが、生まれてきた子供が不妊になった可能性もあるだろう。

交雑と雌雄

 交雑と雌雄:ホモ・サピエンスの雌と雄は互いに交雑可能であるのに、彼らは互いを同じホモ・サピエンス(人間)と認識してこなかった。

 一般的に、モンゴロイド人種やコーカサス人種やネグロイド人種は交雑可能であることを利用して、同じ種族であると指摘されてきた。しかし、ホモ・サピエンスの雌と雄は互いに交雑可能であるのに、彼らは互いを同じホモ・サピエンス(人間)と認識してこなかった。おそらく、俺らが同じ種族と感じるのは、交雑可能であるからでないだろう。

もし俺らが同じであるかを交雑で定義するならば、生殖機能を持たない人間、例えばセメンヤのような人間は人間に該当しない。加えて、もし俺らが混血によって同種を認識するならば、不妊の夫婦や生殖能力を持たなくなったホモ・サピエンスは人間でない。

下記の電飛や呟きを見れば、分かるように、ホモ・サピエンスの雄はホモ・サピエンスの雌を異なる種族と感じてきた。もしこの感覚が正しいならば、たとえ俺らが雌雄の交雑を使用して、同じ種族を定義するとしても、その定義は無意味であるだろう。

 男性と女性は、基本的に別の生き物なんですか? 僕の友人が、「男女は異なる人間だ、女はヒト科に属するメス、男はヒト科に属するオス」と言います。 確かにそれで正解なのでしょうが、 男と女は、別の生き物なのですか? ここは、論理的に考えれる男性方に聞きたいです。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1461910049

同じ種族とは?

 :もしカポイド(コイサン)の形が俺らと異なるならば、その時、カポイド(コイサン)は俺らと同じでない。

 もしカポイド(コイサン)の形が俺らと異なるならば、その時、カポイド(コイサン)は俺らと同じでない。俺らがカポイドを見るとき、俺らはカポイド(コイサン)の形は俺らの形と異なると審判した。このロゴスを使用する時、俺らはカポイド(コイサン)は俺らと異なる種族であると結論づける。

肉体のデザインの違いは「種族の違い」を俺らに与える。カポイドが異なる種族っぽいのは彼らのデザインが俺らと異なる。女性器の形やお尻の形は飢餓だけでは説明できないように思える。

また、上記では、ホモ・サピエンスの雄はホモ・サピエンスの雌を同じ人間であると感じなかった。なぜなら、雄と雌では、彼らのそれぞれの形が生得的に異なる。つまり、もしある対象が俺らと生得的に異なる形を持つならば、その対象は俺らでない(俺らと同じホモ・サピエンスでない)。

ホモ・サピエンスはこのように思考してきた。形の意味とは、ある対象が俺らと同じ人間(拡張された自己)であるかを認識するときに必要になる。雄と雌の形が生得的に異なることの意味とは、雄と雌は同じ種でなく、異なる種である。ただし、見た目の類似はひとつの指標である。

知能や意思疎通

 俺らがある対象の知能は俺らとあまりに違う時、俺らはその対象を自己と認識しない、たとえその対象が俺らと同じ形を持つとしても。つまり、知能や意思疎通の違いは種族の違いを俺らに与える。

西洋社会では、ネグロイド人種の知能の話は禁忌である。なぜなら、彼らはネグロイド人種の知能は低いので、彼らはネグロイド人種は白人と同じ種族でないと定義した。その結果、ネグロイド人種は奴隷の対象になってしまった。

西側白人は人間と家畜を含む動物の違いとは、知能であると審判した。そして、彼らは知能こそが人間と下等生物を分ける何かであると審判した。一般的に、ある対象が低い知能を持つとき、その対象は人間によって管理・統治される、たとえその対象が熊のような強靭な肉体を持つとしても。知能が低いとは管理される側、つまり奴隷や家畜側である。だから、知能は重要である。

 例えば、子供は「成熟した知能」を持たない。加えて、彼らは物事に対する善悪を大和民族の学者のように下せない。なぜなら、彼らは大人と同じ人間でなかった。だからこそ、彼らは大人の気分によって殺されてきた。同時に、子供は将来的には人間になるので、彼らは大事にされてきた。

東洋人の大部分は西洋的な禁忌を持たない。だから、彼らはカポイドを同じホモ・サピエンスと認識しない。第一には、彼らは東洋人と異なる形を持つ。第二には、彼らは東洋人と異なる知能を持つ。この2点から、東洋人はカポイドは東洋人と同じホモ・サピエンスと結論づける。ただし、東洋文明は奴隷文明でなく、自分で働く文明であるので、この結論は問題でないだろう。

社会性、同じ社会を構成できるか

 社会性や同種の社会の構成は「同じ」を俺らに与える。たとえ俺らが互いに混血可能種であるとしても、俺らが同じ社会で生きていけないならば、俺らは同じホモ・サピエンスでない。一般的に、同種は同一の社会を構成する。

個人的に、俺は同一の社会を構成できる、または構成してきた種が同種であると審判する。同じ種→話が通じる→だから、同じ社会を構成できる→だから、同種である。

長い間、女性の参政権や社会参加は禁じられてきた。なぜなら、男は雌を彼らと同じ自己と認識してこなかった。雄と雌は同じホモ・サピエンスでないので、彼らは同じ社会でやってこれなかった。近代では、女性参政権が認められたが、それによって西洋は没落して、西洋は中東のイスラム教に生存競争で敗北しそうになっている。チンパンジーと犬や猫が同じ群れを構成する時、その群れは立ちいかなくなる。これは当然である。なぜなら、彼らは同じ種族でない。