『アラブに自殺、イジメ、老後不安はない』ハムダなおこ〜なぜ日本人女性は外国人夫に完全に同化するか?〜

大和民族
https://unsplash.com/photos/UP-Y1yB2EvA
広告

 大和民族の雌は外国人男性と結婚した後、彼女らは外国人の夫の視点や価値観を獲得して、彼らの意見を彼ら自身の意見としてそのまま垂れ流す。そこには、彼女ら自身の意見は存在しない。彼女らは夫が何を言っていたのかしか述べていない。

では、なぜ彼女らは外国人の夫に完全に同化してしまうのだろうか?以下では、俺らは神話における結婚の意味を提示する。神話においては、ホモ・サピエンスの雌は夫と結婚した後に初めて、彼女らは人間になる。

一見すると、この種の思考は意味不明であるように感じる。けれども、大和民族の雌が外国人の夫(特に西側白人男性)と結婚した後、「外国人の夫が言っていたことばかりを垂れ流す」様子を観察すると聞い、俺らはこの種の神話的な結婚観がそれほどおかしいと感じないだろう。なぜなら、彼女らはR系統の人間性を白人夫から宗教的に受け継いだのだから…

大和民族とは何か?神話における民族及び結婚〜橋本琴絵のY染色体ハプログループD1a2と男系子孫(父系子孫)〜
 橋本琴絵は大和民族を「Y染色体ハプログループD1a2及びその配偶者と娘」と認識した。俺の印象では、大和民族の一部はこの種の民族観の意味を把握することができない。なぜなら、彼らは神話における民族及び結婚の意味を把握することができない。その状態は文明的な民にとって非常に悪い。一見すると、橋本琴絵の呟きは愚かであるように見る。しかし、世界の文明的な人々は上記の民族観や結婚観の下で生きてきた。以下では、俺は神話における民族及び結婚の意味を "宗教的に" 提示するつもりである。大和民族は自己の民族それ自体をうまく認識できていない。だから、彼らは結婚の宗教的な意味もまた把握することができない。彼らはこの状態を未開と審判できないので、彼らは未開の状態を自由で先進的、グローバルと感じているように見える。神話と民族、男系神話における隠された前提 前提:ホモ・サピエンスの極一部の雄のみが人間(男性)である。 ここでの人間の意味は人間性(humanity)を持った対象である。つまり、ホモ・サピエンスの極一部の雄のみが人間性(humanity)を持つ...
広告

ハムダなおこの結婚の宗教的な意味

ハムダなおこの結婚の宗教的な意味

ハムダなおこの結婚の宗教的な意味:ハムダなおこはアラブ人の夫と結婚した後、彼女はアラブ系統の人間性をその夫から宗教的に受け継いだ。

 ハムダなおこはアラブ人の夫と結婚した後、彼女はアラブ系統の人間性をその夫から宗教的に受け継いだ。その結果、彼女はアラブ系統の人間性を獲得して、(アラブ系統の)人間になった。彼女の人種はモンゴロイド人種であるが、”宗教的には” アラブ人になった。

神話の世界では、ホモ・サピエンスの雌は人間性を持っていないと信仰される。だから、雌は男との結婚を通して、x系統の人間性を夫から宗教的に受け継ぐ必要があった。その結果、ホモ・サピエンスの雌はx系統の人間に宗教的になる。

今回の場合、ハムダなおこはx系統の人間に宗教的になって、x系統の人間の善悪や視点、意志や魂を宗教的に獲得することになった。その結果として、彼女はx系統の人間(アラブ人の夫)の発言を “彼女自身の意見として” そのまま垂れ流すようになった。彼女がx系統の人間(アラブ人の夫)の発言を全肯定で垂れ流す時、ハムダなおこ自身の視点(言い換えるとハムダなおこ自身の人間性)はそこには存在しない。

Y染色体ハプログループJとの結婚の宗教的な意味

 Y染色体ハプログループJとの結婚の宗教的な意味:あるホモ・サピエンスの雌がY染色体ハプログループJの夫と結婚した後、彼女はJ系統の人間性をその夫から宗教的に受け継ぐ。

 あるホモ・サピエンスの雌がY染色体ハプログループJの夫と結婚した後、彼女はJ系統の人間性をその夫から宗教的に受け継ぐ。ハムダなおこの夫の人間性の系統がJであるのかは不明である。もしハムダなおこの夫の人間性の系統がJであったならば、その時、ハムダなおこはJ系統の人間性を彼女の夫から宗教的に受け継いだことになる。

彼女はJ系統の人間性を宗教的に受け継いで、J系統の人間に宗教的になった。だから、彼女はアラブ人の夫の発言を全肯定で意味もわからず垂れ流し続けている。なぜなら、アラブ人の夫の発言や視点、善悪はハムダなおこ自身である。

そこに、ハムダなおこ自身の視点はない。そこに、ハムダなおこの自身のx系統の人間性は存在しない。アラブ人の夫のJ系統の人間性のみが存在する。ハムダなおこは自己の人間性を持っていないからこそ、アラブ人の夫の人間性のみを媒介する装置になっている。