6人に1人が外国籍の小学校 先生が「ここの子どもは本当に幸せ」と言う理由(中村靖三郎)

大和民族
https://globe.asahi.com/article/14009995
広告

 山梨県中央市に「児童の6人に1人が外国籍」という小学校がある。市立田富小学校だ。日系ブラジル人が多く暮らす地域にあり、学校には通訳もいるという。このまま日本に住む外国人が増え続けると、将来はありふれた光景になるかもしれない。そんな学校の1日を見せてもらうと、言葉の壁にぶつかりながらも、人手不足の中で奮闘する教員たちの姿があった。(中村靖三郎)

https://globe.asahi.com/article/14009995

 戦前、朝日新聞は非常に右翼的であり、戦争を煽って、日本国民を奈落のそこへと突き落とした。戦後、彼らは思想を大幅に変更して、左翼と呼ばれるようになった。しかし、俺は朝日新聞の本質は何も変わっていないと審判する。

朝日新聞の本質とは、彼らは他人と対峙することを恐れることである。以下で、上記の記事に関して、俺は朝日新聞の奇妙な点を提示する。さらに、俺は朝日新聞の心理を提示する。

大和民族の大部分は彼らがなぜ上記のようなくだらない記事を製造し続けるのか疑問に思うだろう。なお、日系ブラジル人でなく、大和民族との混血のブラジル国民である。

広告

1章 俺の違和感

 俺も上記の意見に賛成する。朝日新聞は左翼やリベラルと呼ばれてきたが、彼らはおそらくキリスト教徒でないので、彼らは左翼でもリベラルでもない。俺もまた朝日新聞を見ると、強烈な違和感と彼らの無責任さや他人事さ、そして社会や国家や文明に対する所属意識の希薄さを感じざるを得ない。

彼らはまるで他人事のように自己の社会や国家、文明、人種や民族を語っている。その結果、彼らは自己の死を認識することができない家畜のようになっている。俺が朝日新聞を見るとき、彼らは誰の味方であるのかすら認識できない。

朝日新聞の状態は、まるで子供がママやパパの作る家庭を傍観しているような状態である。この種の子供はママやパパを困らせて、彼らの気をひこうとする。たとえ家庭がめちゃくちゃになるとしても、子供たちはパパやママが彼らの後始末をしてくれると感じている。

1節 欧州や米国の状態を日本に!

 中村靖三郎の記事を見ると、彼は日本列島が欧州やアメリカのようになって欲しいと感じているように見える。欧州では、現在、イスラム教徒の中東人や地中海人や黒人の問題が生じている。当然、その問題には、欧州人による歴史的な搾取に対する怨念や復讐心も存在するだろう。

この時、中村靖三郎は日本も欧州や米国の状態になって欲しいと感じるらしい。だから、彼は欧州の状態を真似て、「児童の6人に1人が外国籍」という表現を使用した。まるでその状態が良いかのように速報している。

けれども、この状態が継続すれば、大和民族の状態はアメリカ先住民やイヌイットのような実質的に奴隷的な状態へと近づくだろう。だから、本来であれば、中村靖三郎はその状態を「白人様と同じになった」と喜ぶのではなく、アメリカ先住民の悲劇を引用して、日本列島の大和民族や縄文人が死なないように速報して注意する必要がある。

2節 多神教と生け贄

 中村靖三郎は欧州や米国の状態を日本列島に召喚したいように見える。なぜなら、彼らは白人を神として崇拝していて、彼らにとって、欧州や北米大陸の状態は善、つまり神の状態である。

欧州における非自然民は完全に失敗しているし、北米における非自然民もアメリカ先住民やイヌイットから見れば、失敗である。まともな人間から見ると、モンゴロイド人種は北米や欧州の失敗を繰り返さないようにする必要がある。

ほとんどの人間が欧州も北米も失敗したと感じているのにも関わらず、中村靖三郎はその失敗した状態を周回遅れで日本列島へと持ち込もうとする。俺らはなぜ朝日新聞は失敗した欧州の状態や北米のj応対を日本列島へと持ち込もうとすることを願うのだろうかと疑問に思う。この状態は、まるでユダヤ教徒の白人やキリスト教徒の白人がヤハウェの意志やイエス・キリストの意志を現実世界へと召喚しようとする行為である。

タイトルとURLをコピーしました