アサディ・ヤスィン及びアサディみわと大和民族の雌

大和民族
https://unsplash.com/photos/VqouWpsuziE
広告

 駿河総合高(静岡市駿河区)は17日、静岡ムスリム協会代表のアサディ・ヤスィンさんと妻で同協会理事長アサディ・みわさんを招いた講演会を開いた。1年生が「多文化共生社会」について学ぶ授業の一環。245人が、イスラム教徒(ムスリム)の信仰や生活習慣を理解し、ルーツや宗教、文化を超えて互いを認め合うことの大切さを学んだ。

ヤスィンさんはモロッコ出身、みわさんは静岡市出身。結婚後、2006年に同市内で暮らし始め、現在4人を子育て中。信仰に基づいたムスリムの生活習慣を説明した。19年に同市内にできたモスク(礼拝所)の役割や、同市に長年働き掛けてことし10月に宗教に配慮した学校給食が実現したことも紹介した。

 みわさんは「一人一人の寛容さが、多文化共生の豊かな社会をつくる。自分の価値観を大切にしながら、相手を尊重する姿勢を忘れないで。世界とつながるチャンスも見逃さないで」と呼び掛けた。

https://www.at-s.com/sp/news/article/shizuoka/987807.html

 以下では、俺は異人種と結婚した大和民族の雌(今回はイスラム教系統の女性)について述べるつもりである。アサディみわはハムダなおこに似ているように感じた。彼女の夫は白人でないので、俺は人種的な侮辱を彼女から感じたことはない。おそらく、彼女の子孫も同様であるだろう。

広告

アサディみわ

大和民族の雌

 俺の認識 大和民族の雌は大和民族に民族的に依存しながら、味方のフリをしながら、彼女らは大和民族や日本国に敵対的な行為を実行する。

 今回では、アサディみわはイスラム教徒であり、その夫はモロッコ人である。上記のわかりやすい敵対行為は主に西側白人と結婚した大和民族の雌に観察される。彼女らは大和民族や日本国に依存しながら、彼らは「日本は駄目、それに対して欧米では〜」と人種的に侮辱する。

この種の雌は反論されると、白人の夫に泣きついて、彼らは日本人をチクって、白人の夫に叱ってもらおうとする。より酷い場合には、大和民族の雌は白人の夫や中間種の子供を見せびらかそうとする。彼女らは大和民族に民族的に甘えながら、彼女らは白人の夫の立場に立って、白人的な価値観を日本人に押し付けようとする。言い換えると、大和民族の雌は大和民族に民族的に依存しながら、白人の夫と一緒になって日本人を攻撃してくる。けれども、彼女らは何か問題が生じると白人の夫でなく大和民族に助けてもらおうとする。

上記の例では、アサディみわはモロッコ人の夫の立場に立って、イスラム教の考えに関して、大和民族に譲歩や強制を迫ろうとする。しかし、本来であれば、アサディみわの発言はモロッコ人の夫がすべきである。アサディみわの行為はモロッコ人の夫の霊言を実行しているように見える。アサディみわは夫を神と崇拝して、その言葉を大和民族に伝達しているように見える。日常的には、アサディみわは夫の代弁者になっている。

彼女の行為はキリシタン大名を連想させる。たとえ彼らが同じ大和民族であったとしても、彼らは日本人奴隷をスペイン人に売却した。さらに、彼らはキリスト教の教えを日本人に押し付けた。この種の行為は民族に甘えさせずに、厳しく罰される必要がある。

甘え

 俺の認識 アサディみわは大和民族に殺されないと思って、民族的に甘えすぎである。

 俺がアサディみわを見ると、俺はアサディみわは大和民族に甘えているように見える。言い換えると、アサディみわは大和民族に殺されないとタカをくくっているように見える。アサディみわは彼女自身は同じ日本人(大和民族)であるので、イスラム教を押し付けても大丈夫である(怒られない)だろうと考えているように見える。しかし、宗教の話題は非常に繊細であり、俺はこの種の甘えを悪いと判断する。

アサディみわの行為は上記の西側白人と結婚した雌にも応用される。彼女らもまた夫の代弁者になり、キリスト教の考えを大和民族に押し付けようとする。酷い場合には、彼女らは「アジア人は嫌、白人ハーフがいい」と人種的に侮辱してくる。しかし、たとえ彼女の行為が社会的な事故を引き起こすとしても、彼女らは何の応答義務も実行しない。

大和民族の宗教はイスラム教でなく、神道や儒教、そして仏教である。もしアサディみわがイスラム教を彼らに押し付けるならば、たとえ同じ民族であるとしても、アサディみわは悲惨で悲劇的な宗教戦争を覚悟する必要がある。俺の印象では、アサディみわは大和民族に民族的に甘えていて、たとえアサディみわが日本国をイスラム教国家にするとしても、アサディみわは同じ民族によって殺されないとタカをくくっているように見える。

応答

結婚

 俺の認識 もしあるホモ・サピエンスの雌が異人種や異教徒の男性と結婚するならば、その雌はその人種に所属する対象やその教徒として扱われる。

 上記の例では、俺はアサディみわをコーカサス人種に所属する対象、かつイスラム教徒として認識する。アサディみわの人種はモンゴロイド人種である。一般的に、ホモ・サピエンスの雌、特に大和民族の雌は異人種の夫と結婚すると、彼女らは夫の視点と夫の価値観を持ち、夫の代弁者になる。

にも関わらず、彼女らは大和民族に依存して、何かあれば、同じ民族として自己や自己の子供、そして夫までも助けてもらおうとする。この種の乞食行為やたかり行為や甘え行為を防止するためには、俺は人種や宗教に関するきちんとした境界を設定する必要がある。俺らはアサディみわを異なる文明に所属する主体と認識する必要がある。

日本国も東洋文明もイスラム教系統の国家や文明でない。もしアサディみわがイスラム教系統の社会を実現したいならば、その時、アサディみわは自己の国家や自己の文明を彼女自身で形成するか、中東諸国へと宗教的に政党に移動する必要がある。

父系と国籍

 俺の認識 もし日本国民の雌が外国国民と結婚するならば、その雌の国籍は日本国籍から外国国籍へと変更する。また、子孫の国籍は父系のみに与えられる。

 俺はアサディみわはモロッコ国民になるべきと審判する。さらに、アサディみわの4人の子供もモロッコ国民になるべきであると審判する。俺はイスラム教も異人種も中間種も必要としない。アサディみわは大和民族に民族的に甘えずに、彼女らは自己の国家を彼女ら自身で形成することができる。

アサディみわは白人との夫を持たないので、彼女の例は次とは少し異なる。西側白人と結婚した大和民族の雌は白人の夫や白人との中間種の子供を見せびらかして、かつ彼女らは白人みたいな容姿を持った子供を大和民族(正確には、大和民族の雄)に育てさせようとする。その言語的な表現は「子供を社会で育てさせる」である。

少なくとも、アサディみわの子孫は父系でコーカサス人種系統であり、かつイスラム教徒である可能性がある。日本列島の上の大和民族(原住民)はその子孫を育てる義務を持っていない。また、人種的托卵それ自体は人種的、かつ民族的な侮辱である。

電飛

website

記事

pdf