真鍋淑郎は日本人か?〜日本出身の愛媛のアメリカ国民のノーベル物理学賞〜

大和民族
https://ja.wikipedia.org/wiki/真鍋淑郎#/media/ファイル:Crafoord_Prize_EM1B0732_(42329290061).jpg
広告

真鍋 淑郎(まなべ しゅくろう、Syukuro Manabe、1931年9月21日 – )は、日本出身のアメリカ合衆国気象学者。2021年ノーベル物理学賞受賞。 地球温暖化などを研究。愛媛県宇摩郡新宮村(現四国中央市)生まれ。1953年東京大学理学部卒。1958年同大大学院博士課程修了。同年アメリカ国立気象局(現・米国海洋大気庁)に入り、後に主任研究員に。後にアメリカ合衆国国籍を取得[1]

https://ja.wikipedia.org/wiki/真鍋淑郎

 真鍋淑郎がノーベル賞を受賞したらしい。以下では、俺は真鍋淑郎は誰であるのかを提示する。一般的に、大和民族は未開の民であり、彼らは家畜と同様に自己の人種や自己の小人種、そして自己の民族を彼ら自身で認識することができていない。

広告

真鍋淑郎

真鍋淑郎

 俺の認識 真鍋淑郎は日本人(大和民族)のアメリカ国民である。

 日本人とは大和民族の要素である。アメリカ国民とは、アメリカ国籍を所有する人間である。日本国民とは、日本国籍を所有する人間である。真鍋淑郎は日本人の日本国民でない。

今回の受賞では、アメリカ国民がノーベル賞を受賞した。日本国民はノーベル賞を受賞していない。大和民族がノーベル賞を受賞した。

正確には、真鍋淑郎の人種はモンゴロイド人種である。真鍋淑郎の小人種(下位分類)は東洋小人種(新モンゴロイド人種)である。真鍋淑郎の民族は大和民族である。真鍋淑郎の部族は四国部族?(西日本人)である。

良い応答

良い応答

 俺の認識 「同じ日本人が受賞して喜ばしい」と言えば十分である。

 正確には、国籍が異なるが、同じ日本人(大和民族)が受賞して嬉しいと素直に言っておけば十分である。愚かな大和民族は「真鍋淑郎はアメリカ人だっ!」と幼児的なマウンティング(馬乗り)をかましてくる。個人的には、俺は白人様から送られるこの種の賞を好まない。

真鍋淑郎はアメリカ国民であるが、国民国家の制度は西洋由来の考えである。だから、俺らは真鍋淑郎がアメリカ国民であることを無視することができる。また、真鍋淑郎の人種はアメリカ先住民やイヌイットと同じモンゴロイド人種である。真鍋淑郎がアメリカ大陸で生活してることは自然であるだろう。今回の件は人種的にはケニア人がカメルーンでノーベル賞を受賞したことに例えられる。