孫正義育英財団の金子生弥(kaneko ikuya)は数学の天才か?〜テレンス・タオを含む東洋人の天才性について〜

大和民族
https://masason-foundation.org/cpt_testimonial/金子生弥/
広告

 金子生弥は非常に若いのにも関わらず、彼はカルテックの博士号を取得する道に乗っているらしい。周りの日本人は金子生弥を天才と持ち上げたり、彼の若年の才能に嫉妬したりしているように見える。しかし、俺がこの種の東洋人の天才を見るとき、俺は強烈な違和感を覚える。

以下では、俺は金子生弥に対する俺の違和感を提示する。なお、俺は金子生弥に対して完全に部外者であり、彼の行為を妨害するつもりはない。俺はこの種の東洋人の早熟な天才が日本人のノリや雰囲気で持ち上げられるとき、俺は強烈な違和感を覚える。

さらに悪い事に、大和民族の学者は多神教のために、金子生弥を天才を超えて神様として崇拝し始める。

広告

金子生弥に対する俺の認識

 金子生弥に対する俺の認識:たとえ金子生弥がリーマン予想と解決するとしても、俺は金子生弥を天才と認識しないだろう。

 たとえ金子生弥がリーマン予想と解決するとしても、俺は金子生弥を天才と認識しないだろう。その時、俺は金子生弥を非常に高い才能を持った数学者と認識するだろう。以下では、俺は俺の認識を提示する。

なぜガリレオやニュートンやアインシュタインは天才?

 人々はガリレオやニュートンやアインシュタインを天才と感じてきた。なぜなら、白人がそういったからである。しかし、俺の認識では、ガリレオやニュートンやアインシュタインは自己の文明の創造に貢献したので、彼らは天才として認識される。

古代ギリシア人は地中海人であると感じるが、近代以降の欧州人は自己のロゴス(推理の西洋的な方法)を持ち、自己の実験(科学実験)を持ち、そして自己の言語や自己の数学的な記号を持ってきた。結局、アインシュタインが少し毛色が異なるが、ガリレオやニュートンが天才扱いされてきたのは、欧州人が自己の科学文明(科学に関する社会システム)を創造してきたからである。

金子生弥やテレンス・タオの優秀さはこの種の自己の文明を創造する能力でない。金子生弥やテレンス・タオは白人がお授けになった社会システムの優秀な選手でしかないように見える。金子生弥やテレンス・タオの優秀さは西アフリカ人の運動選手の優秀さに似ている。

金子生弥は天才か?

 もし金子生弥が(彼が所属する)自己の社会システムや自己の文明を形成できないならば、金子生弥は天才でない。俺は金子生弥が西洋文明に所属しているのか、東洋文明に所属しているのかすら審判できない。俺の印象では、金子生弥は、大栗博司などと同様に、彼は自己や文明それ自体を認識できないように見える。

だからこそ、この種の自称天才は「数学は人類の言語である」などと寝ぼけた発言を繰り返す。彼らは文明が何であるかを認識できないので、彼らは数学的な記号が欧州人の産物であることすら認識できない。金子生弥も大栗博司も天才であるらしいが、彼らは東洋文明における独自の数学的な記号や数字すら創造しようとしていないように見える。

彼らは欧州人に完全に言語的な主導権を握られているが、彼らはその状態すら認識できない。自己の言語や自己の記号で学問できないならば、国家も文明も不要であるだろう。彼らは学問をするために、自己の言語や自己の数学亭記号を整備しようという発想すら持っていない。

 東洋人の自称天才は自己の人間社会を形成する意思を持っていないように見える。東洋人の自称天才は「自分は受験勉強さえしてれば良い」というキモオタの最強版であるように感じる。この種のキモオタはサッカーの授業中に立ちんぼするが、他人の競技の成績を欲しがり、その恩恵を受けようとする。