ハーグ条約と日本人女性による子供の連れ去りと人種差別〜白人ハーフの子供を自慢したい〜

大和民族
https://en.wikipedia.org/wiki/Hague_Conventions_of_1899_and_1907
広告

 大和民族の雌による中間種の連れ去りは国際的な問題になってきた。外国人の夫は日本人女性を北朝鮮のような拉致や誘拐犯と感じているように見える。以下では、俺らは日本人女性による子供の連れ去りと人種差別、そして日本国の法律関係者の問題点を提示する。

広告

子供の連れ去りと人種差別

 子供の連れ去りと人種差別:大和民族の雌による中間種の子供の連れ去りには、西洋文明における人種差別意識が存在する。

白人ハーフの子供を自慢したい

 大和民族の雌による中間種の子供の連れ去りには、西洋文明における人種差別意識が存在する。大和民族の雌は白人との中間種の子供を日本列島の上で大和民族に自慢したい。だから、大和民族の雌は白人との中間種の子供を連れ去る。

大和民族の雌による子供の誘拐や拉致の問題は誘拐や拉致だけの問題でない。そこには、西洋文明における人種差別、つまり白人至上主義の問題が存在する。大和民族の雌は白人との中間種の子供を日本人に見せびらかして、ママ友同士のポケモンバトルに勝利したい。

だから、大和民族の雌は子供を西洋から日本へと連れ去る。当然、その結果、中間種の子供は精神的に病んでしまい、自分の半分がアジア人である事を恥じるようになる。個人的には、西洋人夫と日本人妻の場合、子供の親権は西洋人夫に自動的に渡せば良いと感じる。

法律の問題

 法律の問題:大和民族の法律関係者は大和民族の雌の人種差別意識をよく把握しているのに、彼らはその人種差別主義者を性的に擁護する。

良い事をしたい

 大和民族の法律関係者は大和民族の雌の人種差別意識をよく把握している。にも関わらず、彼らはこの種のナチスを強く批判せずに、ナチスを守ろうとする。なぜなら、たとえ日本人が誘拐犯や拉致犯になるとしても、大和民族の法律関係者は日本人の平民に責任や後始末をつけてもらおうとする。

正常な日本人から見ると、この種の日本人の雌を守る必要はない。なぜなら、彼女らは白人との中間種の子供を自慢したいのが見え見えである。大和民族の雌は異常者であり、彼女らは「白人ハーフの子どもを日本人に自慢したい」、でも「日本人に誘拐を擁護してほしい」という動物的衝動を持っている。

そして、なぜか 大和民族の法律関係者は良い事をしたいので、彼らはこの種の人種差別主義者を擁護して、日本人の雌を守ろうとする。個人的には、俺はこの種の雌の連れ去りや誘拐は基本的に保護されるべきでなく、(異常者でない限り)西洋人男性に有利にする必要があると感じる。大和民族の雌が責任を負えるようには見えない。

結論

 結論:国際結婚の場合、男性が子供を引き取る。

雌は責任を負えない

私はオーストラリア人の夫、6歳の娘を持つ37歳の主婦です。10年前、趣味で通っていた語学学校で、講師をしていた夫と出会いました。ハリウッド映画のイケメン俳優のように端正なビジュアル…私からの猛アプローチで、国際結婚し、翌年には待望の娘が生まれ幸せの絶頂だったはずなのに…最近は大きな悩みを抱えています。

それは…娘のビジュアルです。ハーフの場合、美形率が高いはずなのに、夫に似ているところが殆どなく、私にそっくりなんです。その事でママ友からは「ご主人って外国の人なんでしょ?」と浮気を疑われる程、コテコテの日本人顔の娘。はっきり言って、ハーフの片鱗もありません。

娘は間違いなく私達の長女なのですが(笑)私は申し訳ない気持ちで一杯です。イケメンのパパに似れば、美人になってスペシャルな人生を送れたかもしれないのに、よりにもよってへちゃむくれなママに似るなんて…本当にごめんね。将来、バイリンガルになってパパよりイケメンで素敵なダーリンと結婚するのよ!…と心の中で祈るママでした。

https://komachi.yomiuri.co.jp/t/2014/1108/688350.htm?g=06

 上記を読めばわかるけれども、上記のような動物が子供の人生の責任を負えるようには見えない。俺は国際結婚の場合、男性が結婚や子供の人生の責任を負うべきであると審判する。ホモ・サピエンスの雌は動物に近く、自己の子供の人生の責任を負えない。

上記のような動物のために、日本国や大和民族が誘拐や拉致の協力者になるべきでない。俺はこのように強く感じる。