NHKアイアンロード村上恭通〜金髪スキタイ人とヒッタイトはイラン系か?[再放送]

コーカサス人種
https://unsplash.com/photos/oqxLAmRAFto
広告

 俺はNHKのアイアンロードの再放送を視聴した。この番組では、スキタイやヒッタイトという単語が使用されてきた。では、スキタイやヒッタイトとは一体誰であったのだろうか?

以下では、俺はスキタイ人が誰であるのか、ヒッタイトが誰であったのかを提示するつもりである。結論では、俺らはスキタイ人は欧州人(白人)の人種的な形質を持ち、Y染色体ハプログループRに属していただろうと憶測する。

広告

スキタイ人

スキタイ人

 スキタイ人:スキタイ人は欧州人(白人)の人種的な形質を持ち、かつY染色体ハプログループRを持っていた。

 スキタイ人は欧州人(白人)の人種的な形質を持ち、かつY染色体ハプログループRを持っていた。電飛によると、アルタイ山脈から見つかった紀元前5世紀のミイラは金髪であった。この髪の色は時間経過による脱色でないと仮定すると、俺はこのミイラの人種はコーカサス人種であって、この小人種は白人小人種(欧州小人種)であったと憶測する。

 現代ヨーロッパにおけるY染色体ハプログループR1a1はスキタイ時代のヨーロッパ東部から中央アジアにかけて広く住んでいたイラン系遊牧民の子孫を示している。ヨーロッパの各集団のうちスラヴ語派の各民族にはこのR1a1が非常に濃く含まれており、特に中央アジアとポーランドの全土、およびロシアの西部に集中している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/スキタイ#子孫

また、上記からもわかるように、スキタイ人のY染色体ハプログループはR系統であった。R系統の言語は印欧語族であるので、スキタイ人は印欧語族を持つ遺伝的な集団に所属していただろう。また、下位分類では、スキタイのY染色体ハプログループRはR1aであった。

この事実はスキタイ人のY染色体が現在におけるスラブ民族のY染色体ハプログループR1aに所属していることを示している。おそらく、スキタイ人はスラブ民族のであっただろう。つまり、スキタイ人の人種はコーカサス人種であり、スキタイ人の小人種は欧州小人種であり、スキタイ人の民族はスラブ民族であった。

スキタイ人はイラン系(ペルシャ系)であったか?

 俺の印象:スキタイ人はイラン系(ペルシャ系)でなかった。

 スキタイ人はイラン系(ペルシャ系)でなかった。一般的に、スキタイ人はイラン系やイラン語派?系統の集団であると言われてきた。けれども、俺らがこの種の単語に接するとき、俺らは現在のイラン人(ペルシャ人)を連想すべきでない。

上記でも述べたように、スキタイ人はイラン系(ペルシャ系)でなく、スラブ系であったはずである。スキタイがイラン系民族でなく、ペルシャ人がスキタイを始めとするY染色体ハプログループR系統によって言語的にも父系的にも征服された民族である。その結果、ペルシャ人の言語が印欧語族になってしまった。

ウクライナあたりにペルシャ人が存在して、暴れまわっていたのでなく、おそらくスラブ民族が暴れまわっていた。そして、彼らはしばしば南下してギリシア人(地中海小人種)やペルシャ人(パルティアやアカイメネス朝ペルシャ)を実際に困らせていた。

スキタイ人の社会

 俺の印象:スキタイ人は統治と軍事に長けていたが、製造を苦手としたかもしれない。加えて、スキタイ人は自己の官僚機構を形成できなかったはずである。

 スキタイ人は統治と軍事に長けていたが、製造を苦手としたかもしれない。加えて、スキタイ人は自己の官僚機構を形成できなかったはずである。一般的に、遊牧民の社会は自己の文字を持たず、かつ自己の発達した官僚制度も持たない。

官僚制度や文字は農耕民族に特徴的であるように感じる。スキタイ人の文字の未発達や官僚制度の未発達はスキタイ人が農耕民族でなかったことを暗示する。実際、欧州大陸における白人も長い間を文字を持ってこなかった。さらに、白人の王様は文盲が多かった。

俺はこの原因は白人の遊牧民や狩猟民族性であると審判する。モンゴル人も文字を長い間持ってこなかった。NHKによると、スキタイは製鉄所を持っていたが、この製鉄所は米軍の基地と同じような形態、つまり移動可能な遊牧民型製造所であったはず。さらに、番組の中では、スキタイは高度な文明を持っていたと指摘されたが、官僚機構は持っていなかったはずである。

ヒッタイト人

ヒッタイト人のY染色体ハプログループ

 ヒッタイト人のY染色体ハプログループ:ヒッタイト人のY染色体ハプログループはR系統であっただろう。

 ヒッタイト人のY染色体ハプログループはR系統であっただろう。正確には、ヒッタイト人のY染色体ハプログループはR1a系統であっただろう。ヒッタイト人の言語は印欧語族に所属する。俺の語族の数え上げ仮説によると、印欧語族はY染色体ハプログループRに対応する。

時刻と位置(アナトリア)を考慮するとき、ヒッタイト人のY染色体ハプログループはR1a系統であっただろう。ただし、下記で述べるように、ヒッタイト人のY染色体ハプログループRと小人種的な形質は互いに異なっていたかもしれない。

ヒッタイト人の人種及び小人種

 俺の憶測:ヒッタイト人の人種はコーカサス人種であり、ヒッタイト人の小人種は地中海小人種であった。

 ヒッタイト人の人種はコーカサス人種であり、ヒッタイト人の小人種は地中海小人種であった。ただし、Y染色体ハプログループはR系統であり、コーカサス人種系統のハプログループでなかったかもしれない。

ヒッタイト人は手先が器用で製造に強かった。製造に強いのは地中海人種の特徴である。例えば、ローマや古代ギリシアはすばらしい建築や彫刻を製造した。地中海小人種は器用な手先を持ち製造に強い。古代ギリシアの建築や彫刻、古代ローマにおける建築や彫刻は地中海人種の業績である。同様に、鉄の製造もまたヒッタイトと呼ばれた地中海人種の業績であったかもしれない。

一般的に最も北方の民族は軍事と王様に向いていて、南方は文字や商業を得意とする。その中間の民族が製造に強い。東洋における民族、モンゴル人は軍事と王様(チンギス・ハン)、南方(香港や華南地域)は商業と経済が発達、その中間に製造上手な民族が存在する。大和民族は製造上手である。なぜなら、彼らは南方と北方の民族の中間あたりに位置する民族である。