言語

言語言語

言語には、数学や平等や公平といった概念も便宜的に含まれる。言語が約束なのか、プログラムなのか、自然法則なのかは不明である。言語には、非言語的な認識も関係しているように思える。

広告
言語

種無し(しゅなし)〜自己の人種を認識していない対象〜

 大和民族の人種はモンゴロイド人種であり、その人種はアメリカ先住民やイヌイットの人種に等しい。俺が大和民族がアメリカ大陸の多様性を賛美するとき、俺は彼らは自己の人種をモンゴロイド人種と「認識」していないと審判する。なぜなら、アメリカ大陸の多様性は彼らモンゴロイド人種の虐殺と絶滅の結果である。 種無し(しゅなし)  種無し(しゅなし):種無し(しゅなし)とは、自己の人種を認識していない対象である。  種無し(しゅなし)とは、自己の人種を認識していない対象である。自己の人種を一般化して、自己の生物種や自己の小人種や自己の民族を含める。個別には、生種なし、小種無し、民無し(みん)である。 具体例  種無し(しゅなし)の具体例は大和民族である。彼らは彼ら自身の人種がモンゴロイド人種であることを認識していない。大和民族は自己の人種(モンゴロイド人種)を認識してない対象である。種なしの定義により、大和民族は種なしである。 なぜ大和民族が種なしであるのかは不明である。彼らは人種に関する鏡像認知を持っていないのかもしれない。あるいは、大和民族はソサエティ(社会...
2021.02.25
言語

対象の色は電磁波か?〜規則(関数)や状態としての対象の色〜

 以下では、俺らは対象の色を宗教的に提示する。そこでは、俺らは色を電磁波でなく、対象の状態と認識する。対象の色とは、多くの種類の電磁波から一つの種類の電磁波を取り出す規則である。 1章 対象の色(状態)  対象の色:ある対象の色とは、多くの種類の電磁波から一つの種類の電磁波を取り出している状態である。 言い換えると、ある対象の色とは、多くの種類の電磁波から一つの種類の電磁波を取り出している規則(決まり)である。俺らは対象の存在と状態と運動を認識する。俺らが対象の色を宗教的に認識する時、俺らは色を存在や状態や運動のどれかに当てはめたい。 注意点として、俺らは対象の色を電磁波それ自体を宗教的に認識しない。あくまでも、俺らは多くの種類の電磁波から一つの種類の電磁波を取り出している「状態」を「色」と認識する。例えば、ある対象がある電磁波aを発するとき、その対象の色とは電磁波aを発している状態である。その対象の色は電磁波aそれ自体でない。 この考えでは、対象の音とは、多くの種類の音(音波)から一つの種類の音(音波)を取り出している状態である。または、対象の音...
言語

アポローンは太陽神か太陽の創造主か?〜多神教における創造主〜

 古典期のアポローンは主神ゼウスとレートーとの息子であり、アルテミスとは双生児である(ギリシャ神話では姉、ローマ神話では妹とする説もある)。オリュンポス十二神には(諸説があるが)ほぼ確実に名を連ねる。古くから牧畜と予言の神、また、竪琴を手に執る音楽と詩歌文芸の神であった。光明神の性格を持つことから前5世紀には時としてヘーリオスと混同されて太陽神とされ、ローマ時代にはすっかり太陽神と化した。アポローン  上記によると、アポローンは太陽神であるらしい。英語版を見ると、アポローンはSpiritでなくGodになっている。大和民族はアポローンを太陽の中に宿る精霊(神様)と感じているように見える。 1章 太陽の創造主とは?  太陽の創造主:太陽の創造主とは、太陽システムを創造した対象である。  太陽の創造主とは、太陽システムを創造した対象である。太陽の創造主は太陽に宿る精霊でない。これは一神教における創造主が世界に宿る対象でないことに似てる。 1節 太陽システム  太陽システムとは、太陽の空間と太陽と太陽の運動法則の組みである。太陽の空間とは、...
広告
言語

テクノロジーとは何か?テクノロジーvsソサエティ

 テクノロジーの定義を提示することは俺らにとって難しい。しかし、俺らがテクノロジーをソサエティと対比させる時、俺らはテクノロジーの意味を把握しやすくなる。西洋文明は古代地中海文明と同様にハイ・テクノロジーでロウ・ソサエティの文明であった。 1章 テクノロジーに対する印象  Technology ("science of craft", from Greek τέχνη, techne, "art, skill, cunning of hand"; and -λογία, -logia) is the sum of techniques, skills, methods, and processes used in the production of goods or services or in the accomplishment of objectives, such as scientific investigation.   テクノロジーに対するざっとした印象は機械的、化学的であるように見える。物理や工学がテクノロジー的である。 通信  インター...
言語

内積とは何であるのか?〜影の矢を撃つ〜

 俺は内積が何であるかを理解できない。物理の時間では、力と距離の積が内積であり、それがエネルギを表していた。当然、俺はその意味を把握できてこなかった。 以下では、俺は内積の意味を提示してみる。なお、ここは宗教的な場所である。もし君が正確な情報を知りたいならば、君は大学へと行くか、きちんとした書籍を購入しよう。 1章 内積  ある人間が存在して、その人間は熊を矢で殺したい。その時、その人間は特殊能力として、地面に投影された「影」と矢として打てると仮定する。なお、日光は地面に対して垂直に注ぐものと仮定する。 その人間が矢を熊に直接向けるとき、熊は驚いて襲ってくるかもしれない。だから、その人間は矢を60度の方向へと向けて打とうとする。なぜなら、その人間は特殊能力として地面に投影された影を矢として撃つことができる。 1節 準備  矢の長さをaとする。その人間がaの長さの矢を熊に打ち込む時、その熊はaの損害を受けると仮定する。つまり、打ち込まれた矢の長さ=ダメージ量(または力)である。 次に、地面と平行なベクトルを影の矢の個数(弾数)と便宜的に仮定する...
言語

数とは何か?数は存在か状態か、性質か概念か?あるいはイデアか?

 数が何であるかを理解することは俺らにとって非常に難しい。人々は数を不思議な存在や概念、イデアのような何かと感じてきた。以下では、俺らは数が何であるかを提示する。これは「単数形と複数形」と「形容詞」の続きである。 1章 人間の創造  数が何であるかを考えるときに、俺らは数を前提とすべきでない。そこで、俺らは女媧による人類の創造を考えてみる。中国の神話(大和民族の先祖はその時代中国大陸で生きていた)では、女媧は人類を創造したらしい。ここでは、俺らは女媧による人類の創造を利用して、数を導入してみよう。 1節 女媧による創造  女媧(創造主)が和也と和子を創造した。和也と和子は俊と美緒を産んだ。俊と美緒は翔と和人とあかりとみゆきを産んだ。この産むという行為を永遠に繰り返していくと約束する。 2節 女媧による呼び出し 次に、女媧が和也と呼ぶとき、和也はその声に反応する。女媧が和也と和子と呼ぶとき、和也と和子はその声に反応する。同様に、女媧が和也と和子と美緒と翔とみゆきと呼ぶとき、和也と和子と美緒と翔とみゆきはその声に反応する。なお、「と」は呼び出し行為の継...
言語

なぜ単数形と複数形が英語には存在するか?

なぜ英語には複数形があるのですか? 英語には単数形と複数形があり、りんごが1個のときは「an apple」と前に不定冠詞「a(an)」を付け、 複数のときは「apples」と語尾に「s」を付けますよね。でも、ちょっと思ったのですが、そもそも単数か複数かをそうやって毎回区別して話す必要ってあるんですか?  英語には、単数形と複数形が存在して、対象達はobjects一塊りのように表現される。大和民族を含む東洋人はなぜ英語は複数形を持つかを疑問に思ってきた。以下では、俺はその理由を憶測してみる。 俺らは対象を一つの棚に例える。俺らは対象の性質を棚の引き出しに例える。例えば、対象の形という性質は棚(対象)の引き出し(性質)の一つに対応する。 1章 理由  理由:俺らはある性質を複数の対象に対応させることができない。俺らが複数形を使用して、複数の対象を一塊りとみなすとき、俺らはその一つの性質を一塊りに与えることができる。  俺らが一つの性質を複数のバラバラな対象に与えたい時、俺らはバラバラな対象をまとめ上げる必要がある。俺らは複数形を使用して、バラバラな対象...
言語

Y染色体ハプログループによる人種研究は不要では?〜Y染色体アダムの意味〜

俺はY染色体ハプログループが何かを理解していない。以下で、俺はその状態でY染色体ハプログループに関する違和感を提示する。 1章 Y染色体ハプログループへの俺の脳の現時点での運動  あるホモ・サピエンスが存在する。その人間は約70兆個の細胞から構成される。それぞれの細胞には、一つの核が存在する。その核には、46本の染色体が存在する。その内、44本は常染色体であり、それは22本の2セット(父側と母側)として認識される。 残りの2本は性染色体である。性染色体の一つはx染色体であり、もう一つはy染色体である。ホモ・サピエンスの雄は22本の2セットの常染色体とx染色体とy染色体を持つ。一方、ホモ・サピエンスの雌は22本の2セットの常染色体とx染色体とx染色体を持つ。 染色体の本体はDNA鎖である(俺は線路を想像する)。俺らが男系子孫を調べたい時、俺らはy染色体の上の目立った線路の部分に着目する(一塩基多型)。その時、y染色体のその部分は変化しにくい、かつある集団に特有ものであれば良い。なぜなら、その時、俺らは男系子孫を追うことができる。  なお、ホモ・サピエン...
言語

アイデンティティ(identity)とは何であるか?〜自己認識する(identifyする)〜

 大和民族はアイデンティティという単語を使用してきた。けれども、彼らはアイデンティティの意味を把握していない。その結果、大和民族は彼ら自身の人種がモンゴロイド人種であることを知っているが、彼らは彼ら自身をモンゴロイド人種と自己認識してこなかった。以下で、俺はアイデンティティの意味を提示する。 1章 アイデンティティ(鏡像自己)  自己認識:アイデンティティ(鏡像自己)とは、自己を映す鏡(外部自己)の中に存在する自己である。  俺らが俺ら自身を鏡に映す。そのあと、俺らはその鏡に映った対象をみる。その後、俺らはその対象を自己に一致させる。さらに、俺らは一致させた自己を俺ら自身と認識する。このようにして、俺らは俺ら自身のアイデンティティを "自然に" 形成する。 俺はアイデンティティを「鏡像自己」と呼んでいる。つまり、鏡像自己とは、自己を映す鏡の中に存在する自己である。自己を映す鏡は「外部自己」と便宜的に読んでも良いかもしれない。その鏡、つまり外部自己は実際の物理的な鏡でもあったり、宗教やパスポート、名前でもあるかもしれない。 また、アイデンティティは定義...
広告
タイトルとURLをコピーしました