大和民族

大和民族大和民族
広告
大和民族

木原貴行とゲーデルの不完全性定理の動画と発達障害(アスペルガー)〜名古屋大学大学院情報学研究科数理情報学専攻自然情報学科数理情報系 准教授〜

 俺が上記の動画を見たとき、俺は木原貴行の話し方に非常に驚いた。木原貴行は攻撃的でなく悪い人間でない。そして、彼は基本的に無害で真面目であるように見える。 しかし、俺はこの種の人間が教師でかつ先生と呼ばれているのを見ると強烈な違和感を覚える。以下では、俺は木原貴行の話し方に関して思ったことを提示する。 なお、俺は上記の動画の内容を全く理解できないということを述べておく。しかし、上記の動画は丁寧に、かつある程度一生懸命作られているように感じる。 俺の審判  俺の審判:木原貴行は何らかの精神疾患や知的障害を持っているように見える。  木原貴行は非常に知的な人間であり、かつ悪い人間でないが、もし上記の動画の話し方が演技やネタでないならば、または日本語を母国語としているのにこの話し方ならば、俺は木原貴行の病気を疑った。その病気は数学者や科学者に多いタイプであり、発達障害やアスペルガー的であると感じた。電網用語では、アスペ。 木原貴行は悪い人間でないが、彼の話し方は漫画やアニメのように演技がかっている。彼の声はどこか上ずっている。悪くいうと、...
大和民族

保坂修司によるニューズウィークの記事の駄目さ〜イスラエル人女優が「クレオパトラ」役、でもホワイトウォッシングとは言えない?〜

 <1963年『クレオパトラ』の主演はエリザベス・テイラーで、白人のユダヤ教徒、シオニストだった。ガル・ガドットを主演に新たなクレオパトラ映画の製作が発表され、批判も出ているが、話はそう単純ではない>  俺が保坂修司による記事を読んだ後、俺は大和民族の学者の能力の低さに驚かされる。以下では、俺は保坂修司による記事の問題点を提示する。その問題点とは、保坂修司は白人の視点を左から右へと流して、一生懸命説明しているだけであることである。 上記の記事では、クレオパトラを演じるのがガル・ガドットと呼ばれるユダヤ教徒の白人になった。この選択がホワイト・ウォッシングであると批判された。その批判に対して、保坂修司はある種の疑問を提示した。 保坂修司とユダヤ人  保坂修司とユダヤ人:もし保坂修司がキリスト教徒でないならば、保坂修司がユダヤ人という単語を使用するのは歴史的にも宗教的にも文明的にも正当でない。  「jew」がユダヤ人になるのは西洋文明の視点であり、それは東洋文明の視点でない。保坂修司だけでなく、大和民族の学者のほとんどは「人種や宗教や文明が異なるとき、人種...
大和民族

中川翔子のストーカー被害と日本国の法律

   タレントの中川翔子さんが3月5日、自身のYouTubeチャンネルで、ストーカー被害について告白する動画を投稿した。2018年9月、中川さんをつきまとったとして、男性がストーカー規制法違反の疑いで逮捕された。中川さんによると、この事件以外にも、表に出ていない「ストーカー被害」が何度も発生しており、そのたびに引っ越しを余儀なくさせられたという。「一人とかじゃなくて何人もなんですよ。わたしが大好きなお店だったり、サロンだったりに突撃して、『中川翔子を出せ』『中川翔子と約束している』『中川翔子と結婚している』と大声を出して暴れたり」(中川さん)マンションのエレベーターで身体を掴まれたり、盗聴・盗撮もされたこともあったという。このときは、すぐに猫を飼える物件が見つからず、生きがいだった飼い猫「マミタス」と半年も離れ離れに暮らすことになってしまったそうだ。中川さんは「もう、どうにかなりそうでした。本当に辛くて」「奪われた時間、精神的苦痛とかで言うと、一生取り戻せないんですよね。もっと一緒にいられたのに、マミタスと。その歪んだ行動が、どれほど人の人生を奪わせるか」と頭を抱え...
2021.03.06
広告
大和民族

相場英雄の説教体質とその意図〜「日本人は貧乏になった」その残酷な事実に気付かない人が多すぎる〜

 いまや日本社会は外国人労働者なしには成り立たない。それは健全なのか。作家・相場英雄氏は最新刊『アンダークラス』(小学館)で、外国人技能実習生の問題を取り上げた。相場氏は「日本人は貧乏になった。だから労働力を外国人に頼らざるを得ない。その事実に気付いていない人が多すぎる」という――。(前編/全2回)  以下では、俺は上記の記事を読んだ後に感じた違和感を提示する。 説教体質  説教体質:相場英雄は説教体質であり、日本人や日本国に説教して、気持ちよくなりたいだけに見える。 貧困になったことを喜ぶ  大和民族の一部は「日本国はもう豊かでない!」や「貧困化する日本国」を喜んでいるように見える。彼らは彼ら自身の予想や予言が的中することに熱中している。彼らは自己の洞察が「スバリ的中」することに熱中している。 日本国の衰退や貧困化は事実である。けれども、もしそれが事実であるならば、相場英雄は日本国の衰退を残念に思うと初めに述べる必要がある。その後、彼らは日本国の将来がどうあるべき出るかをきちんと提示する必要がある。 相場英雄や日本国の報道機関、あるいは...
大和民族

大阪大学の菊池誠(キクマコkikumaco)と御用学者wikiと発達障害(アスペルガー)?

 東日本大震災に関して、菊池誠は御用学者と呼ばれた。その行為に関して、菊池誠はヒステリックに叫んで怒ってきた。以下で、俺は菊池誠の行為に関する俺の違和感を提示する。 御用学者wikiとその不公平  俺の認識:菊池誠の怒りは不公平で非相互的である。 不公平性  菊池誠は御用学者と呼ばれて、彼はヒステリックに怒ってきた。けれども、彼の怒りは不公平である。なぜなら、彼は他人をトンデモやデマや馬鹿や阿呆とレッテルを貼り、人種的、民族的に侮辱してきた。 菊池誠は彼自身は他人を侮辱しても良いが、他人によって侮辱されるのは悪い(レッドカード)であると主張している。もし菊池誠が他人をトンデモと侮辱するならば、菊池誠が「御用学者」と侮辱されることは別に不公平でなく、相互的である。 菊池誠の動物的な感情とは、「僕は他人を馬鹿って言っても良いが、他人は僕を馬鹿というのは駄目」と言っているようなものである。他人をトンデモと侮辱してきた失礼な動物が「御用学者」と呼ばれるのは自然であり、予想できたことである。 ソサエティ的思考の欠如  たとえ俺が上...
2021.03.03
大和民族

橋本聖子会長による女性理事11人増で比率40%実現へ〜東京五輪組織委〜

 東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会が来週にも、女性理事を11人増やして割合を40%に引き上げる方針を固めた。複数の大会関係者への取材で26日わかった。森喜朗前会長の女性蔑視発言を受け、18日に就任した橋本聖子会長が推進する男女平等の施策の一環。 男女平等の意味  男女平等の意味:男女平等の平等はキリスト教の「創造主の下では皆平等である」に由来する。  男女平等の平等はキリスト教の「創造主の下では皆平等である」に由来する。日本国も大和民族もキリスト教国家でないので、彼らは男女平等を採用する必要はない。俺の印象では、大和民族はなぜ白人が男女平等を推進しているのかすら認識してない。 彼らはなんとなく白人のモノマネをしているだけである。白人が男女平等を実行するのはヤハウェやイエス・キリストの目的と意志の結果である。大和民族は宗教それ自体を認識していないので、彼らはなぜ白人が男女平等をやるのかを認識していない。 大和民族は未開の原住民であり、彼らは白人の状態=善な状態を感じているように見える。だから、白人の状態=善な状態であり、男女平等=...
大和民族

東京大学の押川正毅(物理学者)と人種差別〜コロナで過熱するアジア人差別(BTS)と大澤昇平〜

 押川正毅の人種はモンゴロイド人種であり、彼の小人種は東洋小人種である。おそらく、彼の民族は大和民族である。現在、コロナの影響のためか、欧州や北米におけるモンゴロイド人種に対する人種的な暴力が蔓延している。 けれども、押川正毅はこの暴力に対する無関心を貫いてきた。大澤昇平が「中国人は採用しない」とtwitterで呟いた後、押川正毅はアスぺのようにヒステリックに騒ぎ、彼を差別主義者と糾弾して、大澤を解雇へと追いやった。にも関わらず、押川正毅は大澤の発言よりもはるかに悪質である実際の暴力をほぼ批判せずに無視してきた。 この種の押川の行為は非常に不公平であり、押川は色付きのサッカー選手にばかり違反カードを出すが、白人の選手には違反カードを出さないことに類似する。そして、押川正毅の不公平な行為は非常に悪い(レッドカード)。以下では、俺はこの種の不公平な行為に関する押川正毅の心理を提示する。なお、彼の心理は彼特有でなく、大和民族の科学者や数学者(大栗博司や牧野純一郎、菊池誠や竹山美宏、岩田健太郎)に広く一般化される。 押川正毅の行為〜不公平〜  押川正毅の行為:押川正...
大和民族

医師の井上秀太郎は天才か?〜大和民族(日本人)を含む東洋人の試験天才?に思うこと〜

 上記は井上本人の呟きでない。だから、俺は彼の試験の点数に関して何も言うつもりはない。しかし、俺は上記の呟きを見るとき、特に天才という単語を見るとき、俺は強烈な違和感を覚える。大和民族の "天才" の大部分は天才でないように見える。 俺が大和民族が試験の点数で天才伝説を作っているとき、俺は彼らの東南アジア的な幼稚性と田舎っぽさに非常に驚かされる。以下では、俺は日本人と試験に関する違和感を提示する。なお、俺は井上秀太郎自身に関して何も批判しない。 俺が違和感を覚えるのは日本人に過去の試験に関して話させるときである。上記の呟きを見ると、俺は笑ってしまう。あんなに難しい試験を簡単に通過できる人々がなぜここまで幼稚な話題に熱中できるのだろうかと感じる。 井上秀太郎は天才か?  俺の認識:井上秀太郎は現時点では天才でない。  俺の考える天才はニュートンやアインシュタインのような人物である。あるいは、ソサエティでは、ブッタやキリスト、チンギス・ハンやリンカーンなどである。天才はどちらかというと、人類史に残るような偉人である。 俺の認識では、...
大和民族

「完璧な文体でナチスの政策を肯定した小論文」とヒトラーファンの女子高生の話〜田島圭祐(tajimakeisuke)と田野大輔〜

 大和民族の未成年の一部はナチスを肯定したり、ヒトラーを崇拝したりする。そして、その種の行為は青年期における厨二病の一種として処理される。 上記では、ある女子高生がナチスを予備校時代に肯定した論文を書いて、予備校講師の田島が困惑したと書かれている。この種の行為に対して、田野大輔という幼稚な社会学者(また社会学者)は上記の呟きをつぶやいて、逆にナチス的であると批判された。 以下では、俺はナチスに関する大和民族の問題における奇妙な点を提示する。その奇妙点とは、大和民族の視点とは、なぜか白人視点であることである。 問題点〜白人視点〜  問題点:大和民族がナチスについて語るとき、彼らは彼らの視点を戦中のドイツ人(ナチス)視点か、ナチスを糾弾する戦後のドイツ人視点に置こうとする。 白人視点の大和民族  誰もロマのような有色人として虐殺される側に立とうとしない。彼らはナチスとしてユダヤ教徒の白人やスラブ民族を虐殺する側か、戦後のナチスを糾弾するドイツ人側に立とうとする。この種の行為は外部から見ると非常に奇妙であり、病的であるように見える。ユダヤ教徒...
広告
タイトルとURLをコピーしました