東洋小人種

広告
大和民族

天皇のY染色体ハプログループはD1a2であるのか?〜日本書紀及び古事記、そして日本神話〜

 大和民族の一部は天皇のY染色体ハプログループがD1a2でないかと期待している。一般的に、大和民族は次のように教育されてきた。弥生人が文明的であり、縄文人が未開であった。その弥生人は日本列島へと自然に移動して、縄文人を虐殺し征服した。 しかし、分子遺伝学の発達によって、大和民族の雄の3割から4割がY染色体ハプログループD1a系統(D1a2)を持つことが明らかになった。この事実は意外性を俺らに与えた。なぜなら、もし縄文人が本当に未開であったならば、その時、弥生人のY染色体ハプログループO1b2のみが大和民族の雄で観察される必要がある。 実際、アメリカ先住民は欧州人や地中海人によって完全に支配され、強姦・虐殺されてきたので、ヒスパニックと呼ばれる交雑集団のY染色体ハプログループはR1bである。しかし、日本列島における縄文人は違っていた。さらに、天皇のY染色体ハプログループもD系統でないのかという疑惑?まで生じてきた。以下では、俺は天皇のY染色体ハプログループの意味を提示するつもりである。 天皇 どこから?  俺の認識 たとえ天皇のY染色体ハプログルー...
大和民族

日本人のフィジカルが韓国人よりも劣っているのはなぜ?元Kリーグのトレーナーが驚いた育成年代の「食」〜栗田シメイ〜

 韓国人のフィジカルは日本人よりなぜ優れているのか――。ことサッカーという競技において、ライバル関係にある両国のその問いを解き明かすことは容易ではない。抽象的なイメージの域を出ないが、世界最高峰のプレミアリーグで活躍するソン・フンミン(トットナム)など、一部の選手を切り取るとそんな印象を持つ人もいるのではないだろうか。  上記では、朝鮮民族(韓国人)の体格は大和民族の体格よりも優れていると指摘されている。実際、俺の知人を見ても、彼らはガッリしとした骨格を持っている。以下では、俺は上記の記事から見る大和民族の問題を提示する。 問題点 問題点  俺の認識 大和民族は食の概念それ自体を持っていない。  大和民族は食それ自体を認識していない。それだけでなく、彼らは自己の国家も自己の文明も、自己の人種も自己の民族も認識していない。食は肉体を作るために存在するが、大和民族は食を生きるためや美味しいからという嗜好品と感じている。ノリや雰囲気でワイワイ楽しめれば良い。 大和民族はたんぱく質やカルシウムが彼らの肉体を作ることをうまく認識していないように...
大和民族

秋田美人が色白なのはロシア人(白人)の影響か?〜大和民族の心理〜

 大和民族の一部は秋田美人が色白なのはロシア人(白人)の影響であると言ってきた。以下では、俺はこの発言に対する俺の認識と大和民族の心理を提示する。 秋田美人 秋田美人  俺の認識 秋田美人の肌が白いのは高緯度の影響である。  彼女らの先祖が低い紫外線の環境で生活してきた。その結果、彼女らの肌の色が白くなった。例えば、朝鮮人の肌の色も白い。満州人の肌の色も白い。そして、モンゴル人の肌の色も(日焼けしなければ)白い。 また、白人の肌の色も白い。なぜなら、彼らの先祖は高緯度で生きてきて、彼らは低紫外線の環境で生活してきた。その結果として、彼らの肌の色は白くなった。 この事実は動物にも応用できる。北方の動物、例えば白熊は白い体毛を持つが、インドにおけるナマケグマは黒い体毛を持つ。そして、その中間のグリズリーは茶色の体毛を持っている。 大和民族の心理 俺の認識  俺の認識 大和民族は彼ら自身が醜いのは白人の遺伝子を持っていないからと感じている。  または、大和民族は秋田美人の色白に嫉妬して、彼女らを貶すために白人の遺伝子を持ち出す。つ...
広告
大和民族

佐々木崇の不要不急の商売は次々と潰れていく〜東京都医師会(町田市医師会)〜

 ツイッターで、上記の文章が上げられて、炎上した(pdf)。以下では、俺は大和民族の医者の問題点を提示する。なお、以下の文章は一般論であり、佐々木崇への批判でない。この問題は木下喬弘や小野昌弘や西浦博にも言える。 佐々木崇 問題点  俺の認識 大和民族は正当な統治者を嫌い、ジャニーズやAKBのような素人統治者を好む。  言い換えると、大和民族はちゃんとした統治者を嫌い、彼らは身近で応援できてちやほやできる "先生" を好む。しかし、その先生は正当な統治者でなく、かつ統治能力を持っていない。その結果、先生が国家システムの統治者をやるので、佐々木崇のような世間知らずで、統治者としては無能が生じてくる。 統治者としての先生、つまり医者や学者や弁護士はジャニーズやAKBのような身近なアイドルである。ジャニーズやAKBは見るに耐えないほど幼稚であり、低水準である。けれども、大和民族はブサイクで醜いアイドルをちやほやできればそれで良いので、彼らはアイドルやモデルに肉体のデザインを求めていない。実際、ジャニーズやAKBの体型は悪く、K-popのアイドルと並べると、本当...
大和民族

大坂なおみ選手寄稿〜聖火台で感じた「日本人であること」〜

「落ち着いて、落ち着いて……」。震える手で聖火を引き継ぎながら、私は自分に言い聞かせていた。小さな炎は幾多の試練をくぐり抜けて、ここまでたどり着いたのだ。数知れない人たちの手を渡ってきただけではない。全世界が団結し、実現不可能と思われた東京五輪を開催にこぎ着けた。聖火台への階段を慎重に上りながら、私は世界の目が自分に注がれていると感じた。この炎は人々の心に希望をともす。無観客ではあっても、皆が見...  俺は上記の記事に強く反対する。以下では、俺は上記の記事に対する応答を提示する。H.S. Kim(xcvbnm67890)は上記の記事に好意的であるが、彼は朝鮮民族であり、日本列島の上の原住民を嫌っているのだろう(Kimは自分を "日本人" と嘘ついてる)。 なお、大坂なおみの寄稿は日本国への感謝(アメリカ的なお世辞)も含まれているだろう。なぜなら、彼女は悪い人間でなく、優しい心を持っている。ここでは、俺らはこの種の "優しさ" を考慮しない。 大坂なおみ 俺の認識  俺の認識 大坂なおみは日本人でなく、日本国民である。  日本国民とは、日...
2021.08.26
大和民族

なぜ石川優実(ishikawa_yumi)のフェミニズムやKuTooは失敗したのか?

 石川 優実(いしかわ ゆみ、1987年〈昭和62年〉1月1日 - )は、日本のフェミニスト、元女優、元グラビアアイドル。女優活動時には石川 由美子名義も使用していた。 芸能界における#MeToo活動や、ハイヒールやパンプスの強制について問題提起した#KuToo活動を行った。2019年、BBCの「100人の女性(英語版)」に選出。「#KuToo」は同年の新語・流行語大賞トップテンに入選した。石川優実  以下では、俺はなぜ石川優実の活動が失敗したのかを提示する。石川優実は典型的な大和民族であり、まともな政治活動を実行できない。 石川優実 問題点  俺の認識 石川優実は自己の活動の正当性を認識してこなかったので、彼女の活動は失敗した。  石川優実は自称フェミニストであるらしい。しかし、もし石川優実がフェミニストであるならば、彼女は彼女はキリスト教徒であると彼女自身の言葉ではっきりと表現する必要がある。俺の印象では、石川優実は意味もわからず、歴史的な正当性や宗教的な正当性を完全に無視して、政治活動を実行してきた。 そのため、石川優実の活動は卓球の世界でサ...
大和民族

Y染色体ハプログループO1b2はいつどこで発祥したのか?〜藤原家(中臣鎌足)〜

 wikipediaによると、Y染色体ハプログループO1b2は朝鮮民族と満州族、そして大和民族に観察される。このとき、俺らはY染色体ハプログループO1b2は北方で発祥したと推理したくなる。 けれども、もしY染色体ハプログループO1b2が稲作を営んできた民族、または稲作を伝播した民族であったならば、Y染色体ハプログループO1b2は必ずしも北方でなかったように思える。以下では、Y染色体ハプログループO1b2に関する可能性を提示するつもりである。 Y染色体ハプログループO1b2 可能性  俺の認識 もしY染色体ハプログループO2が北方系統であったならば、Y染色体ハプログループO1b2は南方であった可能性もあるかもしれない。  漢民族のY染色体はプログールはO2である。それに対して、朝鮮民族と満州族、そして大和民族のY染色体ハプログループはY染色体ハプログループO1b2である。現在におけるY染色体ハプログループO1b2の地理は北方である。 けれども、この状態から、Y染色体ハプログループO1b2が北方系統であったと推理することは危険である。なぜなら、Y染色体...
大和民族

万波中正(日ハム)と日焼けサロン行き過ぎ〜人種差別?〜

  北海道日本ハムファイターズ・中田翔選手の暴行問題を受け、再注目を浴びている球団公式ツイッターによる「円陣動画」。コンゴ出身の父を持つ万波中正選手が声出し役を担った円陣では、チームメイトとみられる人物が「日サロ行きすぎだろお前」と発言した。野球ファンの間では、これが万波選手に向けられたものではないかとして、物議を醸している。  以下では、俺は上記の速報について述べる。大和民族の一部は差別(キリスト教の単語)と騒いでいるが、大袈裟である。俺は大和民族は男性的でなく、小さなことを大袈裟に騒ぐ、嘘つきの民族であると審判する。 問題点 問題点  俺の認識 一般的に、他人の外見に言及することは東洋文明における礼に反するので、次からしないようにすれば良い。  上記では、日焼けサロンに行き過ぎという発言が言及されている。万波中正はモンゴロイド人種とネグロイド人種の中間種(メラネシア的中間種)であるので、その発言がネグロイド人種への礼を欠いた発言(西洋的には人種差別)でないかと言及された。個人的には、俺はその発言は少し礼を欠いた発言であると感じるので、次回からは注意が...
大和民族

はあちゅう(伊東春香)の訴訟と文春〜福永活也弁護士と総務省で提言された 情報開示請求の濫用〜

 《他の作業はいったん後回しにして、アンチアカウント対策(訴訟準備)に集中します》  昨年5月30日、ブロガー・作家の「はあちゅう」こと伊藤春香氏は、自身のブログでこう宣言した。同日には《誹謗中傷が成立するかどうかは、明確な基準があるわけではなく、訴えてみないとわからない》《片っ端からいきます》とツイート。直前にはSNSでの誹謗中傷を受けていたプロレスラーの木村花さんが自ら命を絶つ事件も起こっており、徹底抗戦を誓う姿勢は多くの支持を集めた。 【画像】はあちゅう氏の訴訟宣言「片っ端からいきます」 その後、宣言通りプロバイダに発信者情報の開示を請求し、昨年11月の時点で開示決定が出た投稿やアカウントは約240件。東京地裁では今も連日、はあちゅう氏を原告人とする開示請求や訴訟が行なわれている。しかし、その中には首を傾げたくなるような訴訟も提起されているようだ。  上記の記事によると、はあちゅうという作家?は誹謗中傷に関する訴訟を何回も訴え出てきた。しかし、人々は彼女の訴訟の乱発さと訴訟の内容から彼女の行為の善性それ自体を疑っているように見える。以下では、俺はこの種の訴訟の乱発に関する...
2021.09.13
広告