コーカサス人種

コーカサス人種コーカサス人種
広告
コーカサス人種

チェダーマン(Cheddar Man)はY染色体ハプログループI(I2)〜青い眼と黒い肌〜

Analysis of his nuclear DNA indicates that he was a typical member of the western European population at the time, with lactose intolerance, probably with light-coloured eyes (most likely green but could be blue or hazel), dark brown or black hair, and dark to black skin.Brown eyes, lactose tolerance, and light skin are common in the modern population of the area. These genes came from later immigration, most of it ultimately from two major waves, the first of Neolithic farmers from the Near Ea...
2021.09.18
コーカサス人種

エトルリア人とエトルリア語は何であるか?〜Y染色体ハプログループと言語系統〜

 エトルリア人は謎の民族と感じられてきた。以下では、俺はエトルリア人のあり得る候補を提示する。ここでは、俺はエトルリア人が印欧語族を持つY染色体ハプログループRであった可能性を除去する。 候補 G系統  俺の認識 エトルリア人はY染色体ハプログループGを持っていた。  現在では、Y染色体ハプログループGはコーカサス山脈で確認される。ヨシフ・スターリンもまたG系統であったはずである。また、Y染色体ハプログループGは氷河期の終わりの後に欧州へと流入した人々であったはずである。 個人的には、俺はシュメール人もY染色体ハプログループGを持っていたのでないかと憶測する。この場合、セム人(Y染色体ハプログループJ)がシュメール人(G系統)の文明的な影響を受けてきたことになる。同様に、ローマ人(Y染色体ハプログループR)がシュメール人(G系統)の文明的な影響を受けてきたことになる。 この場合、エトルリア語はY染色体ハプログループG系統の語族である。もしエトルリア語がシュメール語やコーカサス地方の言語に類似しているならば、エトルリア人はY染色体ハプログループGであ...
2021.09.13
地中海小人種

ヨシフ・スターリンのY染色体ハプログループGはシュメール人のY染色体ハプログループか?〜もへもへ@gerogeroR〜

ヨシフ・スターリン 人種的な形質  俺の認識 ヨシフ・スターリンはコーカサス人種であり、彼の小人種は地中海小人種であり、彼の民族はアナトリア民族(またはコーカサス民族)である。  ヨシフ・スターリンの人種がコーカサス人種であったのは確定である。コーカサス人種が欧州小人種と地中海小人種、そして中東小人種に分割されると仮定する。この時、ヨシフ・スターリンが欧州小人種であるのか、地中海小人種であるのかが問題になる。 Joseph Stalin(born Ioseb Besarionis dzе Jugashvili) was, according to a genetic test on one of his grandsons (Alexander Burdonsky), a member of Y-DNA haplogroup G2a1a (FGC595/Z6553). グルジア人のY染色体は、ハプログループGが30.3%、ハプログループJ2が31.8%、ハプログループR1aが10.6%、ハプログループR1bが9.1%である。グルジア人 上記の文...
広告
欧州小人種

なぜフィンランド人(フィン人)はY染色体ハプログループNを持つか?〜ウラル語族〜

観察頻度はネネツ人に97%、ガナサン人に92%、ヤクート人に88%、フィン人に63%、チュクチ人に58%、サーミ人に47%、エストニア人に41%、ユカギール人に31%、ロシア人に20%などである。ウラル語族との関連が想定される。フィン・ウゴル系にN1a1、サモエード系にN1a2が多い。ハプログループN_(Y染色体)  上記の引用では、フィンランド人(フィン人)はY染色体ハプログループNを持つらしい。そして、彼らの言語はウラル語族であるらしい。けれども、フィン人の外見(人種的な形質)は完全なる欧州人(白人)である。以下では、俺はその理由を提示するつもりである。 フィンランド人 理由  俺の認識 フィンランド人はY染色体ハプログループNを持つ新モンゴロイド人種の雄に生存競争で完全に敗北した結果、彼らは自己のY染色体ハプログループと自己の語族を失った。  フィンランド人は新モンゴロイド人種の雄系統のY染色体ハプログループNを持ち、その語族(ウラル語族)を持った。フィンランド人の本来のY染色体ハプログループや語族は不明であるが、Y染色体ハプログループIでないか...
コーカサス人種

バレンティナ・アコスタ・ヒラルド(Valentina Acosta Giraldo)とコロンビアの歴史

 コロンビアの選手が可愛いと騒がれている。けれども、俺は大和民族のこの種の行為に強く反対する。以下では、俺はその理由を提示するつもりである。 誰がコロンビアの先住民か? アメリカ先住民  アメリカ先住民:バレンティナ・アコスタ・ヒラルドはアメリカ先住民でない。  バレンティナ・アコスタ・ヒラルドはアメリカ先住民でない。なぜなら、彼女の容姿はコーカサス人種的である。加えて、彼女は(俺の目からは)欧州小人種や地中海小人種に見える。 本来であれば、バレンティナ・アコスタ・ヒラルドが先住民の代わりにあの土地からコロンビアの代表として出ることは非常に不自然である。俺はコロンビアの代表や象徴は土着の原住民(モンゴロイド人種)であるべきと感じる。 大和民族の問題点 大和民族の問題点  大和民族の問題点:大和民族は中南米における白人至上主義に貢献している。  大和民族は中南米における白人至上主義に貢献している。非常に残念なことに、中南米では、白人の遺伝子が強ければ強いほどちやほやされて、高い地位に就くことができる。大和民族はバレンティナ...
地中海小人種

Y染色体ハプログループGはシュメール語に対応するか?〜ジョージア人とグルジア語(カルトヴェリ語族または南コーカサス語族)〜

 シュメール人は民族系統不明の民族であると考えられてきた。シュメール人の言語、シュメール語もまた孤立した言語であると考えられてきた。しばしば、シュメール語はドラヴィダ語族に含まれるかもしれないとも仮説として主張されてきたように思える。 以下では、俺はシュメール語はY染色体ハプログループGの言語(グルジア語)に近いのでないかと提示する。言い換えると、シュメール語はカルトヴェリ語族(南コーカサス語族)であるかもしれない。俺の個人的な憶測では、アナトリアにおける初期農耕民(電飛)はY染色体ハプログループGを持っていたように思える。 シュメール人は謎の民族と考えられてきた。けれども、俺はシュメール人は農耕を欧州に持ち込んだアナトリアを自然な生息地としたY染色体ハプログループGであったように感じた。その場合、シュメール人の人種はおそらくコーカサス人種であり、小人種は地中海小人種であったかもしれない。もしスターリンのY染色体ハプログループがG系統であったならば、スターリンはシュメール人の子孫であったかもしれない。 Y染色体ハプログループG Y染色体ハプログループGの人種 ...
2021.07.16
欧州小人種

ウクライナ人はロシア人と同じ民族であるか?〜欧州人の奇妙な民族観〜

 俺はロシア人とウクライナ人は同じ東スラブ民族であると審判する。けれども、ウクライナ人はロシア人と同じ民族に括られることを嫌っているように見える。以下では、俺はロシア人とウクライナ人の人種と小人種と民族を東洋文明の視点から提示するつもりである。 ロシア人とウクライナ人に関する生物的な事実 人種(race)  人種:ロシア人の人種はコーカサス人種である。ウクライナ人の人種はコーカサス人種である。  ロシア人の人種はコーカサス人種である。ウクライナ人の人種はコーカサス人種である。従って、ロシア人の人種はウクライナ人の人種に等しい。 小人種(subrace)  小人種:ロシア人の小人種は欧州小人種である。ウクライナ人の小人種は欧州小人種である。  ロシア人の小人種は欧州小人種である。ウクライナ人の小人種は欧州小人種である。従って、ロシア人の小人種はウクライナ人の小人種に等しい。 民族(sub-subrace)  民族:ロシア人の民族は東スラブ民族である。ウクライナ人の民族は東スラブ民族である。  ロシア人の民族は東スラ...
中東小人種

エジプト人とアラブ人(サウジアラビアなど)は同じアラブ人か〜Y染色体ハプログループEとY染色体ハプログループJ〜

 エジプト人とサウジアラビアにおけるアラブ人は同じアラブ人と見なされてきた。けれども、俺らがエジプト人とアラブ人のY染色体ハプログループを見る時、俺らはエジプト人とアラブ人のY染色体ハプログループは互いに異なると審判する。 エジプト人 Y染色体ハプログループE  エジプト人のY染色体ハプログループ:エジプト人のY染色体ハプログループはY染色体ハプログループEである。  エジプト人のY染色体ハプログループはY染色体ハプログループEである。Y染色体ハプログループEはエジプトを含む北アフリカに高い頻度で分布している。つまり、Y染色体ハプログループEは北アフリカ人のY染色体ハプログループである。 それに対して、アラブ人のY染色体ハプログループはJである。Y染色体ハプログループから見ると、エジプト人はアラブ人よりも北アフリカ人に近い。また、Y染色体ハプログループEはY染色体ハプログループAやBに近い。それに対して、Y染色体ハプログループJはY染色体ハプログループIに近い。 なお、エジプト人の人種はコーカサス人種である。エジプト人の小人種は中東小人種である...
2021.07.13
欧州小人種

ゲルマン語基層言語説は正しいか?〜Y染色体ハプログループIとY染色体ハプログループR(印欧語族)〜

 ゲルマン語基層言語説(Germanic substrate hypothesis)は、ゲルマン祖語の成立において、非印欧語の基層言語が存在したという説である。インド・ヨーロッパ語族の文脈の中でゲルマン語の独特の性質を説明しようとするもので、他のインド・ヨーロッパ語族では認識されていないように見える一般的なゲルマン祖語の語彙と構文の要素に基づき、ゲルマン祖語は非インド・ヨーロッパ語族の基層言語を包含したクレオール言語または接触言語であると主張する。ゲルマン語基層言語説  個人的には、俺はY染色体ハプログループIを持つ欧州人の言語は印欧語族でないかったと憶測する。以下では、俺はゲルマン語基層言語説は正しいかを俺の霊感で提示する。俺は欧州人の本当の言語はY染色体ハプログループIの言語であり、印欧語族でなかったと宗教的に結論づける。 ゲルマン語基層言語説は正しいか 白人の基層言語は? 俺の霊感:白人の本当の言語はY染色体ハプログループIの言語であった。  白人の本当の言語はY染色体ハプログループIの言語であった。個人的には、この言語が欧州人の言語であった...
広告