コーカサス人種

コーカサス人種コーカサス人種
広告
欧州小人種

デービッド・アトキンソンと民間議員〜菅義偉とイギリス国籍(英国国籍)〜

デービッド・アトキンソン(David Atkinson、1965年5月10日- )は、在日イギリス人の経営者。小西美術工藝社社長。三田証券株式会社社外取締役。金融アナリストの経歴を持つ日本の観光・文化財活用・経済政策の専門家。英国出身。菅義偉内閣総理大臣のブレーンの一人で、菅が内閣官房長官時代から観光政策や経済政策に関して助言を行ってきており、2020年に政府の成長戦略会議の議員に起用された。デービッド・アトキンソン  上記によると、デービッド・アトキンソンはイギリス人のイギリス国民である。菅政権において、彼は日本国における民間議員(民間統治者)に採用された。以下では、俺はこの問題を提示するつもりである。また、俺は大和民族の思考の問題点(認識に関する正しさの欠如)を提示するつもりである。 デービッド・アトキンソン 人種  俺系統の認識 デービッド・アトキンソンの人種はコーカサス人種である。  デービッド・アトキンソンの小人種は欧州小人種である。デービッド・アトキンソンの民族はイギリス民族である。おそらく、デービッド・アトキンソンの部族はイングランド部族...
コーカサス人種

アーリア人とは誰であるか?〜Y染色体ハプログループR及び印欧語族を持つコーカサス人種〜

 アーリア人とは、Y染色体ハプログループRを持つコーカサス人種である。より正確には、アーリア人とは、Y染色体ハプログループR及び印欧語族を持つコーカサス人種である。感覚的には、アーリア人とは白人(欧州人)である。以下では、俺はアーリア人いついて述べるつもりである。 定義 ・定義  俺系統の認識(定義) アーリア人とは、Y染色体ハプログループR及び印欧語族を持つコーカサス人種である。  アーリア人は西アーリア人と東アーリア人に分類される。西アーリア人とは、Y染色体ハプログループR1b及び印欧語族を持つコーカサス人種である。東アーリア人とは、Y染色体ハプログループR1a及び印欧語族を持つコーカサス人種である。 西欧の白人と東欧の白人がアーリア人である。また、イベリア人やイタリア人やギリシア人を含む西地中海人の一部は西アーリア人である。ローマ人を含む古代地中海人は西アーリア人であった。また、ペルシャ人の人種はコーカサス人種でありペルシャ人はY染色体ハプログループR1a及び印欧語族をを持つので、アーリア人である。前者は狭義のアーリア人であり、後者は広義のアーリア...
2022.01.20
コーカサス人種

アケメネス朝ペルシアはY染色体ハプログループR1aを持つか?〜キュロスとダレイオス〜

 2500年前に、アケメネス朝ペルシアは古代中東地域を統一した。この行為は中東地域の先進性を表している。その一方で、欧州大陸は近世から近代になるまで2500年間未開であったとされる。しかし、俺がアケメネス朝ペルシアを印欧語族とY染色体ハプログループから捉えると、欧州人(アーリア人)の先進性が浮かび上がる。 アケメネス家 Y染色体ハプログループ  俺の認識 アケメネス家はY染色体ハプログループR1aを持っていた。  一般的に、アケメネス朝ペルシアは印欧語族を持つ民族によって建国された。アケメネス家がその一族である。キュロスはアケメネス朝ペルシアを実際に建国した。ダレイオスは(血が繋がっているのかは不明であるが)その後の統治者であった。このキュロスが印欧語族を話す人間であった。 もしキュロスが印欧語族を持っていたならば、キュロスのY染色体ハプログループはR1aであった可能性がある。なぜなら、しばしば、語族はY染色体ハプログループに対応する。ペルシャからインドには、Y染色体ハプログループR1aが観察される。もしキュロスがY染色体ハプログループR1aを持っていた...
2022.01.20
広告
コーカサス人種

スカンディナヴィア狩猟採集民(Scandinavian Hunter-Gatherer )

スカンディナヴィア狩猟採集民 遺伝  俺の認識 スカンディナヴィア狩猟採集民は西部狩猟採集民と東部狩猟採集民の交雑である。  西部狩猟採集民がスカンディナヴィアに南から移動した。次に、東部狩猟採取民がスカンディナヴィアにノルウェー沿岸から移動した。両者はそこで交雑した。その後、新石器時代に、スカンディナヴィア狩猟採集民は初期欧州農耕民と西部草原牧畜民と交雑した。 スカンディナヴィア狩猟採集民のY染色体ハプログループはI2である。スカンディナヴィア狩猟採集民のミトコンドリアハプログループはUである。俺はスカンディナヴィア狩猟採集民のY染色体ハプログループはI1であると勘違いしていた。また、スカンディナヴィア狩猟採集民のY染色体ハプログループはR出なかったので、彼らは父系で交雑した。 身体的特徴  俺の認識 スカンディナヴィア狩猟採集民は西部狩猟採集民と東部狩猟採集民よりも明るい色素を持っていた。  俺の印象では、スカンディナヴィア狩猟採集民はより高緯度で生活していた。だから、スカンディナヴィア狩猟採集民は高緯度に自然に適応して、より明るい色素を...
コーカサス人種

エリック・ゼムール(Éric Zemmour)はユダヤ人かフランス人か?〜極右で反移民〜

エリック・ゼムール Éric Zemmour was born on 31 August 1958 inMontreuil, at that time in theSeinedepartment, now part ofSeine-Saint-Denis. His parents wereBerber JewsfromAlgeriawithFrench citizenshipwho came tometropolitan Franceduring theAlgerian War.1958年8月31日、セーヌ=サン=ドニ県モントルイユにアルジェリア系ユダヤ人の家庭に生まれた。アルジェリア戦争の際に一家はフランスに渡った。祖先は1000年もの間アラブ人と共存してきたベルベル系ユダヤ人であるというÉric_Zemmour 人種  俺の認識 エリック・ゼムールの人種はコーカサス人種である。エリック・ゼムールの小人種は中東小人種である。エリック・ゼムールの民族は北アフリカ民族である。  上記によると、エリック・ゼムールはアルジェリアからフランスへと移動したらしい。も...
2022.01.20
コーカサス人種

コーカサス狩猟採集民(Caucasus hunter-gatherer )

 この前まで、俺はコーカサス狩猟採取民と言う単語を知らなかった。けれども、コーカサス狩猟採取民の遺伝子は西部草原牧畜民に影響を残しているように感じる。なぜなら、東部狩猟採取民はコーカサス狩猟採取民と等しい割合で交雑したらしい。中間種が形成されたので、東部狩猟採取民の人種的な形質は大きく変化したように感じる。 コーカサス狩猟採取民 ハプログループ  俺の認識 コーカサス狩猟採取民はY染色体ハプログループJ1やJ2を持っていた。コーカサス狩猟採取民はミトコンドリアハプログループKやHを持っていた。 Jones et al. (2015) analyzed genomes from males from western Georgia, in the Caucasus, from the Late Upper Palaeolithic (13,300 years old) and the Mesolithic (9,700 years old). These two males carriedY-DNAhaplogroup:J*andJ2a, later re...
2022.01.20
欧州小人種

西部草原牧畜民(Western Steppe Herders)

 俺は西部草原牧畜民が現代の欧州人の直接的な先祖であると感じる。 西部草原牧畜民 ハプログループ  俺の認識 西部草原牧畜民の雄はY染色体ハプログループR系統を持つ。  実際には、西部草原牧畜民の雄はY染色体ハプログループR1bを持つかもしれない。個人的な印象では、西部草原牧畜民の雄はY染色体ハプログループR1bを持ち、東部狩猟採集民がY染色体ハプログループR1aを持つ。多くの例外が存在するが、西部草原牧畜民はミトコンドリアハプログループUを持つ。 人種的な形質  俺の認識 西部草原牧畜民は明るい色の肌を持つ。  wikipediaを読むと、時代や文化に応じて、西部草原牧畜民は異なる髪の色や目の色を持つように感じる。例えば、初期青銅器におけるヤムナ文化では、西部草原牧畜民は茶色の眼と黒い髪を持った。一方、縄目土文化では、青い眼が観察されたらしいが、彼らが西部草原牧畜民であるのかは俺にとって不明である。 個人的な印象では、俺は東部狩猟採集民が金髪を持っていたように感じる。一方、西部草原牧畜民は金髪を持っていなかったのでないかと(現...
2022.01.20
コーカサス人種

初期欧州農耕民(Early European Farmers)〜Y染色体ハプログループG2a〜

初期欧州農耕民(早期欧州農耕民) ハプログループ  俺の認識 初期欧州農耕民の雄はY染色体ハプログループG2aを持っていた。  個人的には、俺はこのY染色体ハプログループG2aがシュメール人の雄のY染色体ハプログループでないかと勘ぐる。下記でも述べるが、初期欧州農耕民は農耕民であったらしい。俺の勝手な印象では、シュメール人も牧畜民というよりは農耕民であったように見える。 人種的な形質  俺の認識 初期欧州農耕民の身長は高くなかった。  俺の印象では、初期欧州農耕民の人種的な形質は不明である。けれども、wikipediaによると、彼らは明るい肌の色と黒い髪と茶色の眼を持っていた。 欧州における西部狩猟採集民は高い身長を持っていたらしい。初期欧州農耕民が欧州へと移動した後、欧州における平均身長は低下した。しかし、その後、西部草原牧畜民の流入によって、欧州における身長は上昇した(wikipedia)。 移動経路  俺の認識 初期欧州農耕民はアナトリア半島からバルカン半島、西側地中海、そして欧州の西部へと移動した。 ...
2022.01.20
コーカサス人種

西部狩猟採集民(Western Hunter-Gatherer)〜チェダーマン〜

西部狩猟採集民 人種的な形質  俺の認識 西部狩猟採集民は青い眼と暗い肌を持っていた。  上記の事実?は俺の「感覚」に反する。なぜなら、青い眼も白い肌も高い緯度で生まれたと感じる。もしある主体が青い眼を持つならば、その主体は強い日差しを見続けることができない。だから、その主体は北方に住んでいる。また、もしある主体が白いを持つならば、その主体は紫外線量の低い地域、つまり北方に住んでいる。俺はこのように推測する。 にも関わらず、西部狩猟採集民は暗い肌と青い眼を持ってる。暗い肌はそれを持つ先祖が紫外線量の多い地域に住んでいたことを暗示する。俺は暗い肌と青い眼は何らかの交雑の結果を暗示しているように感じてしまう。 ハプログループ  俺の認識 西部狩猟採集民はY染色体ハプログループIとミトコンドリアハプログループUを持っていた。  個人的には、俺はこの西部狩猟採集民が欧州大陸における自然なホモ・サピエンスの一つであるように感じる。Y染色体ハプログループIが欧州大陸における自然なホモ・サピエンスの一つである。 末路 Once wid...
2022.01.20
欧州小人種

東部狩猟採集民(Eastern Hunter-Gatherer)

 欧州人はY染色体ハプログループR系統を持っている。R系統はQ系統と共通先祖(QRやP)を持っている。さらに、P系統はNO系統との共通先祖(K2)系統を持っている。俺が欧州人を見るとき、俺は欧州人はどこからきたのかと疑問に感じる。 現代欧州人の遺伝子はステップ草原地帯の牧畜民と東部狩猟採集民とその他(アナトリア農耕民など?)から構成されているらしい。 東部狩猟民 身体的特徴  俺の印象 東部狩猟採集民は白人に近い身体的特徴の一部を持っていたかもしれない。  wikipediaの引用を見ると、身体の色に関しては、東部狩猟採集民は白人的であったように感じる。東部狩猟採集民は茶色の眼と明るい肌を持っていた。一部は金髪と青い眼を持っていた。けれども、wikipediaの引用からは、その東部狩猟採集民がコーカサス人種の身体的な形質を持っていたのかは不明である。 According to a study by Haak et al. (2015), EHGs have about 75% Ancient North Eurasian (ANE) and ...
2021.11.28
欧州小人種

アレクサンドル・ルカシェンコは最後の独裁者か?〜ポーランドと移民〜

アレクサンドル・グリゴリエヴィッチ・ルカシェンコ(ベラルーシ語:Алякса́ндр Рыго́равіч Лукашэ́нкаアリャクサーンドル・ルィホーラヴィチ・ルカシェーンカ、ロシア語:Александр Григорьевич Лукашенко、Alexandr Grigor'evich Lukashenko、1954年8月30日- )は、ベラルーシの政治家で大統領(1994年- )。また、ロシア・ベラルーシ連盟国の初代最高国家会議議長(2000年- )でもある。欧米からは「ヨーロッパ最後の独裁者」と呼ばれる。アレクサンドル・ルカシェンコ アレクサンドル・ルカシェンコ 人種  俺の認識 アレクサンドル・ルカシェンコの人種はコーカサス人種である。 小人種  俺の認識 アレクサンドル・ルカシェンコの小人種は欧州人種である。 民族  俺の認識 アレクサンドル・ルカシェンコの民族は(東)スラブ民族である。 Y染色体ハプログループ  俺の認識 アレクサンドル・ルカシェンコのY染色体ハプログループはR1a系統であるか...
欧州小人種

カイル・リッテンハウス(Kyle Rittenhouse)と無罪

【11月20日 AFP】米ウィスコンシン州で昨年、警察の暴力に反対する人々が行っていた抗議デモの現場で男性2人を射殺し、1人を負傷させたとして、殺人などの罪に問われたカイル・リッテンハウス(Kyle Rittenhouse)被告(18)に対し、陪審は19日、無罪評決を言い渡した。  上記の西側白人が彼の行為に関して無罪になったらしい。大和民族の一部はその無罪をなぜか喜んでいる。以下では、俺は大和民族の行為に対する違和感を提示する。 裁判と宗教 宗教  俺の認識 もし大和民族がキリスト教徒でないならば、たとえカイル・リッテンハウスがキリスト教系統の法制度で無罪になったとしても、彼らは喜ぶのは宗教的に善でない。  まず、罪という考えはキリスト教系統の考えである。加えて、米国の法制度はキリスト教系統の法制度である。たとえ東洋文明における東洋人がカイル・リッテンハウスが無罪になろうが、有罪になろうが、彼らはキリスト教徒でないので、彼らには関係ない。 大和民族の一部はカイル・リッテンハウスの無罪を喜んでいるが、俺の印象では、彼らはキリスト教徒ですらないだ...
欧州小人種

ポール・ゴサール(Paul Gosar)共和党下院議員アリゾナ州〜移民の攻撃〜

ポール・ゴサール 人種  俺の認識 ポール・ゴサールの人種はコーカサス人種である。  ポール・ゴサールの人種がコーカサス人種であるのは確定的である。 小人種  俺の認識 ポール・ゴサールの小人種は欧州小人種である。  下記で述べるように、ポール・ゴサールの母系には、バスク人が存在するらしい。 民族  俺の認識 ポール・ゴサールの人種は(西)スラブ人種である。 Gosar was born inRock Springs, Wyoming, on November 27, 1958.He is the oldest of the seven sons and three daughtersborn to Antone John Gosar and Bernadette M. (née Erramouspe) Gosar. His paternal grandparents wereSlovenianand his maternal grandparents wereBasqueimmigrants fromBanca, ...
欧州小人種

マルティン・ルターはY染色体ハプログループI1を持っていたか?〜宗教改革とプロテスタント〜

 マルティン・ルターは宗教改革を実行した。その結果、キリスト教プロテスタント派が生じた。キリスト教それ自体はイエス・キリスト(パウロ)によって形成されただろう。個人的な印象では、キリストやパウロはY染色体ハプログループJ系統を持っていたように感じる。同様に、ユダヤ教もイスラム教の創始者もY染色体ハプログループJ系統を持っていたように感じる。 俺が電街を検索した後、俺はマルティン・ルターはY染色体ハプログループI1を持っていたという情報に遭遇した。当然、この情報の信憑性は不確かでる。けれども、俺はたとえ彼がI系統であるとしても、俺はあまり驚かない。以下では、俺はこの情報を実際と仮定して、俺系統の意味を提示する。 マルティン・ルター Y染色体ハプログループI1  俺の認識 もしマルティン・ルターはがY染色体ハプログループI1を持っていたならば、ユダヤ教とキリスト教とイスラム教はJ系統かJ系統の親系統(IJ)によって創造された。  上記でも述べたが、ユダヤ教やキリスト教、そしてイスラム教はY染色体ハプログループJ系統によって創造された可能性が高い。これらの...
2022.01.20
コーカサス人種

ゾロアスター教のザラスシュトラはY染色体ハプログループR1aを持つか?〜アヴェスターと印欧語族〜

 ザラスシュトラはゾロアスター教の開祖であるらしい。普通に考えると、ザラスシュトラはペルシャ人であったように思える。けれども、もしザラスシュトラがY染色体ハプログループR1aを持ち、かつ印欧語族であったならば、ザラスシュトラの神(創造主)は欧州人(スラブ民族)であっただろう。以下では、俺はこの意味を提示する。 ザラスシュトラ Y染色体ハプログループ  俺の認識 もしザラスシュトラがY染色体ハプログループR1aを持っていたならば、ザラスシュトラの創造主(神)は欧州人の父(R1a)であっただろう。  言い換えると、ゾロアスター教では、欧州人の父がゾロアスター教における創造主であった。ザラスシュトラの父の父の父...を辿っていくと、欧州人の父が登場する。その父がザラスシュトラの創造主であった。その父が善悪や世界に対する認識をザラスシュトラに授けた。 紀元前1000年頃にイラン北東部で話されていたと思われる、インド・イラン語派の方言で記述されている。これは『アヴェスター』以外に用例が見つかっていないため、アヴェスター語と呼ばれる。アヴェスター また、...
2022.01.20
欧州小人種

ノーベル化学賞のベンジャミン・リスト(Benjamin List)と北海道大学化学反応創成研究拠点

ベンジャミン・リスト(Benjamin List、1968年1月11日- )はドイツの有機化学者。ケルン大学名誉教授。フランクフルト・アム・マイン出身。プロリン触媒を用いたアセトアルデヒドの不斉アルドール反応を開発した。 2021年10月6日にデイヴィッド・マクミランとともにノーベル化学賞を受賞した。1993年にベルリン自由大学卒業後、1997年にフランクフルト・アム・マイン大学から化学の博士号を取得。スクリプス研究所で博士研究員となった後、1999年に同助教授。2003年からマックス・プランク石炭研究所に在籍。2005年には学習院大学、2008年には成均館大学校で客員教授となった。2018年からは北海道大学化学反応創成研究拠点で主任研究者を、2020年5月からは同大学の特任教授を務める。ベンジャミン・リスト  ベンジャミン・リストという白人がノーベル化学賞を受賞した。彼は北海道大学化学反応創成研究拠点に所属していたらしい。以下では、俺はこの事実に対する正しい認識を提示する。 ノーベル化学賞 ノーベル化学賞  俺の認識 ベンジャミン・リストに対す...
コーカサス人種

チェダーマン(Cheddar Man)はY染色体ハプログループI(I2)〜青い眼と黒い肌〜

Analysis of hisnuclear DNAindicates that he was a typical member of the western European population at the time, withlactose intolerance, probably with light-coloured eyes (most likely green but could be blue or hazel), dark brown or black hair, and dark to black skin.Brown eyes, lactose tolerance, and light skin are common in the modern population of the area. These genes came from later immigration, most of it ultimately from two major waves, the first ofNeolithicfarmersfrom theNear East, ano...
2022.01.20
コーカサス人種

エトルリア人とエトルリア語は何であるか?〜Y染色体ハプログループと言語系統〜

 エトルリア人は謎の民族と感じられてきた。以下では、俺はエトルリア人のあり得る候補を提示する。ここでは、俺はエトルリア人が印欧語族を持つY染色体ハプログループRであった可能性を除去する。 候補 G系統  俺の認識 エトルリア人はY染色体ハプログループGを持っていた。  現在では、Y染色体ハプログループGはコーカサス山脈で確認される。ヨシフ・スターリンもまたG系統であったはずである。また、Y染色体ハプログループGは氷河期の終わりの後に欧州へと流入した人々であったはずである。 個人的には、俺はシュメール人もY染色体ハプログループGを持っていたのでないかと憶測する。この場合、セム人(Y染色体ハプログループJ)がシュメール人(G系統)の文明的な影響を受けてきたことになる。同様に、ローマ人(Y染色体ハプログループR)がシュメール人(G系統)の文明的な影響を受けてきたことになる。 この場合、エトルリア語はY染色体ハプログループG系統の語族である。もしエトルリア語がシュメール語やコーカサス地方の言語に類似しているならば、エトルリア人はY染色体ハプログループGであ...
2022.01.20
地中海小人種

ヨシフ・スターリンのY染色体ハプログループGはシュメール人のY染色体ハプログループか?〜もへもへ@gerogeroR〜

ヨシフ・スターリン 人種的な形質  俺の認識 ヨシフ・スターリンはコーカサス人種であり、彼の小人種は地中海小人種であり、彼の民族はアナトリア民族(またはコーカサス民族)である。  ヨシフ・スターリンの人種がコーカサス人種であったのは確定である。コーカサス人種が欧州小人種と地中海小人種、そして中東小人種に分割されると仮定する。この時、ヨシフ・スターリンが欧州小人種であるのか、地中海小人種であるのかが問題になる。 Joseph Stalin(born Ioseb Besarionis dzе Jugashvili) was, according to a genetic test on one of his grandsons (Alexander Burdonsky), a member of Y-DNA haplogroup G2a1a (FGC595/Z6553). グルジア人のY染色体は、ハプログループGが30.3%、ハプログループJ2が31.8%、ハプログループR1aが10.6%、ハプログループR1bが9.1%である。グルジア人 上記の文...
2022.01.20
欧州小人種

なぜフィンランド人(フィン人)はY染色体ハプログループNを持つか?〜ウラル語族〜

観察頻度はネネツ人に97%、ガナサン人に92%、ヤクート人に88%、フィン人に63%、チュクチ人に58%、サーミ人に47%、エストニア人に41%、ユカギール人に31%、ロシア人に20%などである。ウラル語族との関連が想定される。フィン・ウゴル系にN1a1、サモエード系にN1a2が多い。ハプログループN_(Y染色体)  上記の引用では、フィンランド人(フィン人)はY染色体ハプログループNを持つらしい。そして、彼らの言語はウラル語族であるらしい。けれども、フィン人の外見(人種的な形質)は完全なる欧州人(白人)である。以下では、俺はその理由を提示するつもりである。 フィンランド人 理由  俺の認識 フィンランド人はY染色体ハプログループNを持つ新モンゴロイド人種の雄に生存競争で完全に敗北した結果、彼らは自己のY染色体ハプログループと自己の語族を失った。  フィンランド人は新モンゴロイド人種の雄系統のY染色体ハプログループNを持ち、その語族(ウラル語族)を持った。フィンランド人の本来のY染色体ハプログループや語族は不明であるが、Y染色体ハプログループIでないか...
コーカサス人種

バレンティナ・アコスタ・ヒラルド(Valentina Acosta Giraldo)とコロンビアの歴史

 コロンビアの選手が可愛いと騒がれている。けれども、俺は大和民族のこの種の行為に強く反対する。以下では、俺はその理由を提示するつもりである。 誰がコロンビアの先住民か? アメリカ先住民  アメリカ先住民:バレンティナ・アコスタ・ヒラルドはアメリカ先住民でない。  バレンティナ・アコスタ・ヒラルドはアメリカ先住民でない。なぜなら、彼女の容姿はコーカサス人種的である。加えて、彼女は(俺の目からは)欧州小人種や地中海小人種に見える。 本来であれば、バレンティナ・アコスタ・ヒラルドが先住民の代わりにあの土地からコロンビアの代表として出ることは非常に不自然である。俺はコロンビアの代表や象徴は土着の原住民(モンゴロイド人種)であるべきと感じる。 大和民族の問題点 大和民族の問題点  大和民族の問題点:大和民族は中南米における白人至上主義に貢献している。  大和民族は中南米における白人至上主義に貢献している。非常に残念なことに、中南米では、白人の遺伝子が強ければ強いほどちやほやされて、高い地位に就くことができる。大和民族はバレンティナ...
地中海小人種

Y染色体ハプログループGはシュメール語に対応するか?〜ジョージア人とグルジア語(カルトヴェリ語族または南コーカサス語族)〜

 シュメール人は民族系統不明の民族であると考えられてきた。シュメール人の言語、シュメール語もまた孤立した言語であると考えられてきた。しばしば、シュメール語はドラヴィダ語族に含まれるかもしれないとも仮説として主張されてきたように思える。 以下では、俺はシュメール語はY染色体ハプログループGの言語(グルジア語)に近いのでないかと提示する。言い換えると、シュメール語はカルトヴェリ語族(南コーカサス語族)であるかもしれない。俺の個人的な憶測では、アナトリアにおける初期農耕民(電飛)はY染色体ハプログループGを持っていたように思える。 シュメール人は謎の民族と考えられてきた。けれども、俺はシュメール人は農耕を欧州に持ち込んだアナトリアを自然な生息地としたY染色体ハプログループGであったように感じた。その場合、シュメール人の人種はおそらくコーカサス人種であり、小人種は地中海小人種であったかもしれない。もしスターリンのY染色体ハプログループがG系統であったならば、スターリンはシュメール人の子孫であったかもしれない。 Y染色体ハプログループG Y染色体ハプログループGの人種 ...
2021.07.16
欧州小人種

ウクライナ人はロシア人と同じ民族であるか?〜欧州人の奇妙な民族観〜

 俺はロシア人とウクライナ人は同じ東スラブ民族であると審判する。けれども、ウクライナ人はロシア人と同じ民族に括られることを嫌っているように見える。以下では、俺はロシア人とウクライナ人の人種と小人種と民族を東洋文明の視点から提示するつもりである。 ロシア人とウクライナ人に関する生物的な事実 人種(race)  人種:ロシア人の人種はコーカサス人種である。ウクライナ人の人種はコーカサス人種である。  ロシア人の人種はコーカサス人種である。ウクライナ人の人種はコーカサス人種である。従って、ロシア人の人種はウクライナ人の人種に等しい。 小人種(subrace)  小人種:ロシア人の小人種は欧州小人種である。ウクライナ人の小人種は欧州小人種である。  ロシア人の小人種は欧州小人種である。ウクライナ人の小人種は欧州小人種である。従って、ロシア人の小人種はウクライナ人の小人種に等しい。 民族(sub-subrace)  民族:ロシア人の民族は東スラブ民族である。ウクライナ人の民族は東スラブ民族である。  ロシア人の民族は東スラ...
2021.12.18
中東小人種

エジプト人とアラブ人(サウジアラビアなど)は同じアラブ人か〜Y染色体ハプログループEとY染色体ハプログループJ〜

 エジプト人とサウジアラビアにおけるアラブ人は同じアラブ人と見なされてきた。けれども、俺らがエジプト人とアラブ人のY染色体ハプログループを見る時、俺らはエジプト人とアラブ人のY染色体ハプログループは互いに異なると審判する。 エジプト人 Y染色体ハプログループE  エジプト人のY染色体ハプログループ:エジプト人のY染色体ハプログループはY染色体ハプログループEである。  エジプト人のY染色体ハプログループはY染色体ハプログループEである。Y染色体ハプログループEはエジプトを含む北アフリカに高い頻度で分布している。つまり、Y染色体ハプログループEは北アフリカ人のY染色体ハプログループである。 それに対して、アラブ人のY染色体ハプログループはJである。Y染色体ハプログループから見ると、エジプト人はアラブ人よりも北アフリカ人に近い。また、Y染色体ハプログループEはY染色体ハプログループAやBに近い。それに対して、Y染色体ハプログループJはY染色体ハプログループIに近い。 なお、エジプト人の人種はコーカサス人種である。エジプト人の小人種は中東小人種である...
2021.07.13
欧州小人種

ゲルマン語基層言語説は正しいか?〜Y染色体ハプログループIとY染色体ハプログループR(印欧語族)〜

 ゲルマン語基層言語説(Germanic substrate hypothesis)は、ゲルマン祖語の成立において、非印欧語の基層言語が存在したという説である。インド・ヨーロッパ語族の文脈の中でゲルマン語の独特の性質を説明しようとするもので、他のインド・ヨーロッパ語族では認識されていないように見える一般的なゲルマン祖語の語彙と構文の要素に基づき、ゲルマン祖語は非インド・ヨーロッパ語族の基層言語を包含したクレオール言語または接触言語であると主張する。ゲルマン語基層言語説  個人的には、俺はY染色体ハプログループIを持つ欧州人の言語は印欧語族でないかったと憶測する。以下では、俺はゲルマン語基層言語説は正しいかを俺の霊感で提示する。俺は欧州人の本当の言語はY染色体ハプログループIの言語であり、印欧語族でなかったと宗教的に結論づける。 ゲルマン語基層言語説は正しいか 白人の基層言語は? 俺の霊感:白人の本当の言語はY染色体ハプログループIの言語であった。  白人の本当の言語はY染色体ハプログループIの言語であった。個人的には、この言語が欧州人の言語であった...
中東小人種

ペルシャ人(イラン人)はアーリア人であるか?〜印欧語族とY染色体ハプログループR1a〜

 一般的に、ペルシャ人はアラブ人でなく、ペルシャ人と考えられてきた。けれども、俺らがペルシャ人やアラブ人を観察する時、彼らは同じ中東小人種に分類されるように感じてきた。実際、ペルシャ人の肌の色も骨格も体格や筋肉も欧州人とは異なる。 だから、俺らはペルシャ人とアラブ人の違いは遺伝的な違いでなく、文化的な違いであると感じてきた。例えば、ペルシャ人は印欧語族を持つ民族であり、アラブ人はセム語族を持つ民族である。しかし、俺らがY染色体ハプログループに関する情報を見る時、ペルシャ人とアラブ人は遺伝的にも異なることがわかった。 ペルシャ人の一部はY染色体ハプログループR1aを持つ一方、アラブ人はY染色体ハプログループJを持つ。では、ペルシャ人はアーリア人であるのだろうか?以下では、俺はペルシャ人のY染色体ハプログループR1aの意味を提示するつもりである。なお、以下では、俺はアラブ人をエジプト人を除き、サウジアラビアやレバントのアラブ人とした。 ペルシャ人(イラン人) ・Y染色体ハプログループR1a  ペルシャ人の男系(父系):ペルシャ人の男系(父系)はY染色体ハプロ...
2022.01.20
欧州小人種

ラーム・エマニュエル(Rahm Emanuel)はユダヤ人か?〜次期駐日大使〜

 The Rahmfather holds dual citizenship of Israel and the United States. His ancestry is Eastern European Jewish.  以下では、俺はラーム・エマニュエルの生物的事実を提示する。ラーム・エマニュエルはユダヤ教徒の南方の欧州人、または北方の地中海人のアメリカ国民である。上記によると、彼は二重国籍者であるらしい。 ラーム・エマニュエルの生物的事実 ラーム・エマニュエルの人種  ラーム・エマニュエルの人種:ラーム・エマニュエルの人種はコーカサス人種である。  ラーム・エマニュエルの人種はコーカサス人種である。彼の写真から、ラーム・エマニュエルがコーカサス人種であるのは確定である。 ラーム・エマニュエルの小人種  ラーム・エマニュエルの小人種:ラーム・エマニュエルの小人種は欧州小人種、または地中海小人種である。  Emanuel's paternal grandfather was a Moldovan Jew who emigr...
2022.01.20
中東小人種

ツタンカーメンのY染色体ハプログループR1bはコーカサス人種系統か?〜白人(欧州人)系統のY染色体ハプログループ〜

 2011年、スイスの研究機関iGENEAによりツタンカーメンの属するY染色体ハプログループが判明したと発表され、R1b1a2-M269という現在の西ヨーロッパの住民に見られる父系血統で、現在のエジプト人にはほとんど見られないハプロタイプであることが分かった。ツタンカーメン#ツタンカーメンのミイラ  上記の速報により、一部の人々はツタンカーメンは白人(欧州人)であったと主張したいように見える。しかし、俺はY染色体ハプログループRそれ自体がコーカサス人種系統でなく、モンゴロイド人種系統である可能性もあると憶測する。以下では、俺はツタンカーメンのY染色体ハプログループRを解釈する。 ツタンカーメンのY染色体ハプログループ ツタンカーメンのY染色体ハプログループRの意味  意味:ツタンカーメンのY染色体ハプログループRはモンゴロイド人種系統である可能性もある。  ツタンカーメンのY染色体ハプログループRはモンゴロイド人種系統である可能性もある。上記では、ツタンカーメンのY染色体ハプログループRは西欧州由来であると指摘されている。しかし、コーカサス人種系統の...
2022.01.20
欧州小人種

アルバート・アインシュタインのY染色体ハプログループがE1b1b1であったことはユダヤ人(ユダヤ教徒)を示唆するのか?

 Albert Einsteinis alleged to belong to YHaplogroup E.Tested Einsteins from Germany belong to E1b1b1b2* (cluster SNP PF1952, formerly known as the E-Z830-B or "Jewish cluster").A patrilineal descendant of Naphtali Hirsch Einstein (1733–1799), Albert Einstein's great-grandfather, Prince-Bishopric of Augsburg of the Holy Roman Empire, was tested and belonged toE-M35(E1b1b1).  上記の情報が事実であるのかは不明である。以下では、俺はアルバート・アインシュタインのY染色体ハプログループがE1b1b1であったことについて提示する。 アインシュタインのとY染色体ハプログループ アインシュタインのY染色体ハプ...
2022.01.20
欧州小人種

ナフタリ・ベネット(Naftali Bennett)はユダヤ人なのか?〜jewの日本語訳はユダヤ教徒では?〜

 Naftali Bennett was born inHaifa, Israel, on 25 March 1972. He is the youngest of three sons born to Jim and Myrna (Lefko)Bennett, American-Jewish immigrants whomoved to IsraelfromSan Franciscoin 1967, a month after theSix-Day War. His father'sAshkenazi Jewishroots come from Poland, Germany, and the Netherlands. His maternal grandparents moved to San Francisco from Poland 20 years before the outbreak ofWorld War II, and relocated to Israel as seniors, settling on Vitkin Street in Haifa. Throug...
広告