東洋地域(場)

広告
大和民族

カルチCalci(Calcijp)という関西人の医者の行為

 Calcijpは関西人であり、彼の職業は医者であるらしい。俺がCalcijpの発言を観察するとき、俺は関西人の独特な性質に気づいた。以下では、俺はCalcijpの性質を提示する。 Calcijpの発言 預言者話法  左の呟きは典型的な関西人の発言である。彼らはLGBTが恫喝のネタに使われるだろうと予想する。しかし、Calcijpは何もせずに傍観する。 関西人は未来を正確に預言しようとするが、彼らはその未来を彼ら自身の意志で制御しようとしない。彼らはLGBTが恫喝のネタになることが善であるか、悪であるかを判断できない。彼らは東南アジア人のように傍観するだけである。 たとえ俺が「LGBTが恫喝のネタになるならば、それを防止すれば良い」と提案するとしても、彼らは「だって、〜」と言って何もしない。関西人は未来を予言して、関西人の預言に沿って、他人が動いてくれることを期待するのみである。もしLGBTが関西地域における同和のように恫喝のネタに使用されるならば、その時、Calcijpは「ほらみろ、俺の言った通りだろ」と預言者を気取る。 祟り話法  ...
2021.04.27
日本社会

なぜ自衛隊は睡眠と休養を軽視するか?〜睡眠を重視する米軍との比較(paya_paya_kun)〜

 左の発言は実に日本的(大和民族的)である。以下では、俺はなぜ自衛隊は睡眠と休養を軽視するかを提示する。正確には、俺はなぜ自衛隊は睡眠と休養を軽視し続けるかを提示する。 上記の問題は自衛隊だけでなく、野球のような運動競技や学問、役所や官僚にも応用される。当然、日本企業における労働慣習にも応用される。大和民族は未開であり、自己の民族をきちんと認識できない。 その結果、彼らは彼らの民族の欠陥性をきちんと把握できてこなかった。 善悪の欠如  俺の印象:自衛隊は善悪を判断できないので、彼らは睡眠を軽視する。  正確には、自衛隊は自己の宗教を持っていないので、彼らは自己の善悪(レッドカード)の基準を持っていない。そのため、彼らは睡眠を軽視することが善か悪かを判断できない。その結果、彼は睡眠を軽視し続ける。 睡眠は善か悪か?  自衛隊において、適切な睡眠や休養は軽視されてきた。なぜなら、彼らは彼らの言葉で、「睡眠をとることは善であるか、悪であるか」をきちんと表現できない。これは睡眠を軽視する日本人だけでなく、ぱやぱやくんのように睡眠を重視する日本...
大和民族

京都大学の山口雄也(Yuya__Yamaguchi)と大和民族の病人崇拝〜白血病(がん)の人間は崇拝されるべきか?〜

 大和民族は多神教徒の未開の民であり、彼らはあらゆる対象を神様として崇拝する。俺がは山口雄也に対する大和民族の態度を見た後、俺は山口雄也は病人として崇拝されていると審判した。以下では、俺は大和民族の病人崇拝を提示する。 病人崇拝とは?  俺の認識:病人崇拝とは、ホモ・サピエンスが病人を神様として崇拝する行為である。  病人崇拝とは、ホモ・サピエンスが病人を神様として崇拝する行為である。つまり、大和民族の多神教社会では、大和民族は病人を神様として崇拝している。ここでは、白血病に侵された山口雄也が神様である。 弊害  病人は神様である。だから、病人に対する批判は神様に対する冒涜となる。なぜなら、病人に対する伐採は神様に対する冒涜と認識される。その結果、病人はどんなに失礼なことをやっても、レッドカード(悪)を出されず、神や人権や差別などの単語によって擁護される。 一般的に、多神教は未開で遅れた宗教であると認識される。なぜなら、多神教徒は何でもかんでも神様として崇拝してしまう。その結果、俺らが何らかの対象を批判する時、その対象を神様として崇拝する日本人...
広告
大和民族

御神木の伐採と大和民族の多神教の弊害〜木を神様と崇拝する未開の民と大湫神明神社と天満社〜

 7月11日深夜、岐阜県瑞浪市大湫町の大湫神明神社で、「ご神木」とされた高さ40メートル超、幹回り11メートルの大スギが倒れる事件があった。続く豪雨で地盤が緩んだためとみられる。近隣の家が巻き込まれたが、幸い怪我人などは出ていない。この木は、推定樹齢1200~1300年で県の天然記念物にも指定されていたという。  東京都八王子市の神社「天満社」の境内や近くの宮司宅の敷地から、樹木の枝葉が周囲の国道や市道にはみ出し危険だとして、国土交通省相武国道事務所と八王子市は20日、行政代執行法に基づき、強制的に伐採する異例の代執行を始めた。近隣住民から苦情が相次ぎ、行政指導を繰り返したが、改善がみられないと判断した  大和民族は多神教徒の民族であり、彼らはあらゆる対象を神様として崇拝する。彼らは木も神様として崇拝する。以下では、俺は神木を引用しながら大和民族の多神教の弊害を提示する。 御神木とは?  御神木:御神木とは、多神教徒の大和民族が神様として崇拝する木である。  御神木とは、多神教徒の大和民族が神様として崇拝する木である。つまり、大和民族の社会では、木(...
大和民族

弁護士の 三浦義隆(lawkus)は自己の宗教や善悪を持っているか?〜大和民族の弁護士の信仰心の欠如〜

 弁護士の三浦義隆はtwitterをlawkusという名前で使用している。俺が彼の呟きを見た後、俺は強烈な違和感を覚えてきた。以下では、俺は弁護士の三浦義隆に対する俺の強烈な違和感を提示する。 宗教の欠如  俺の違和感:三浦義隆は自己の宗教や自己の善悪(レッドカード)を明らかにせずに法律を使用している。  三浦義隆は自己の宗教や自己の善悪(レッドカード)を明らかにせずに法律を使用している。この種の違和感は、三浦義隆だけでなく、大和民族の法律関係者の全てに共通する。彼らが自己の宗教も善悪も明らかにせずに法律を語る。 三浦義隆はキリスト教徒か?  大和民族の法律関係者は法律を引用するが、日本国の法律はなぜかキリスト教を基盤としている。もし彼らがキリスト教由来の法律を引用するならば、彼らはキリスト教の信仰を持ち、彼らはキリスト教に対する責任を負う必要がある。 俺の印象では、大和民族の法律関係者はキリスト教を信仰していないのに、彼らはキリスト教由来の法律を日本列島の上のキリスト教徒でない大和民族の日本国民に適用している(当然、縄文民族の日本国民にも)。...
2021.04.20
大和民族

なぜ青識亜論(BlauerSeelowe)の議論や論点整理はくだらないか?〜大和民族と宗教〜

 青識 亜論(せいしき あろん、1月7日- )は、徳島県の論客。表現の自由を重視する立場を取り、「リベラリスト」、「インターネットシーライオン」、「フェミニストにしてアンチフェミ」ないし「アンチフェミでネトウヨ」を自称している。青識亜論  青識亜論は電網論客であり、彼は議論をtwitterの上で実行してきた。俺が彼を見るとき、俺は大和民族は未開の民族であると結論づけた。以下では、俺は青識亜論の問題点を提示する。 青識亜論の問題点  青識亜論の問題点:青識亜論は自己の実現したいソサエティを彼自身の言葉で表現できない。  青識亜論は自己の実現したいソサエティを彼自身の言葉で表現できない。言い換えると、青識亜論は自己の宗教や宗教が与える彼の善悪が何であるかをを彼自身の言葉で表現してない。外部から見ると、青識亜論はどのようなソサエティを形成したいのかをはっきりと表現できていない。 キリスト教のソサエティを実現したいか?  俺の印象では、青識亜論は「君はキリスト教のソサエティを日本列島に実現したいのか」という質問に回答できない。青識亜論は「君はユダヤ教の...
大和民族

大栗博司の探求する精神(職業としての基礎科学)とソサエティ対テクノロジー

 俺は大栗博司の探求する精神(職業としての基礎科学)を読んでいない。しかし、俺は大栗博司を含む大和民族の科学者や数学者に関する違和感を提示する。俺はこの書籍の感想(電飛)と現代の記事(電飛)、そして幻冬社の記事(電飛)を読んだ。 俺の霊感では、大栗博司は(科学者にも問題があるが)基礎科学の重要性を訴えている。基礎科学はすぐには役に立たないが、歴史を考慮すれば、人類の発展に貢献する。だから、地球上における国民が基礎科学に投資することは非常に有益である。 俺の霊感では、彼はこのようなことを強く主張したい。また、彼は東日本大震災やコロナウイルスの猛威に関して "社会" と基礎科学との関係も考えるようになった。俺は彼の書籍を読んでいないが、このようなことが書かれているのでないかと(読む前に)憶測している。 人類と社会〜俺らの実現したいソサエティはどこ?〜  俺の違和感:大栗博司を含む大和民族は自己の実現したいソサエティ(社会)を持っていない。  大栗博司は科学と社会の関係や人類への科学の有用性を主張する。しかし、俺は彼はどのような社会に所属しているのかをいま...
大和民族

オレチャン瀬戸孝輔(selfcomestomine)と進化心理学

 オレチャンは進化心理学を使用する電網論客である。俺が彼の発言を読んだ後、俺は強烈な違和感を覚えた。以下では、俺はオレチャンの行為に対する俺の違和感を提示する。 オレチャンは教祖か?  俺の印象:オレチャンは進化心理学を霊言として使用して、教祖になりたいように見える。  オレチャンは進化心理学を使用して、教祖になりたいように見える。オレチャンは進化心理学に関する呟きの実際(事実)に関して批判されてきたように見える。けれども、俺はオレチャンのちょっとした悪質性はオレチャンの考えを科学や学問を装って語ることであるように思える。 科学は善悪を教えるか?  日常的には、科学的な行為とは自然界に関する情報の製造行為である。科学という営みにおける対象とは物質(エネルギを持つ対象)である。科学者は物質を目や実験設備によって知覚・検出する。検出された資料(data)に推理(論理や科学的な推論)を適用して、結論を導き、さらに実験で検証して、自然界に関する情報を拡張していく。 科学における対象は物質である。だから、俺らは対象の行為の善悪を扱えない。俺らは物質に対す...
ホモ・サピエンス生物種

ダウン症児は自己の死を認識するか?〜信州大学の玉井真理子と大正大学の玉井邦夫〜

 ダウン症の長男が診断された病名は、1000万人に1人ともいわれる極めてまれながんだった。「あんたはもうすぐ死ぬの。分かってるの?」36歳のわが子の余命を主治医から宣告されたのは、2019年1月のことだ。「あと1年くらい」母は東京の病院から山梨県甲府市にある自宅に帰ると、言葉にならない声で何事かを叫び、台所の食器を割り、壁にいくつもの傷をつけた。3年前にがんと診断された時も、この時の「余命1年」の宣告も母はわが子にすべて告知した。知的障がいがあったとしても、自分の命のことを知るべきだと考えたからだ。けれども、当の本人は「とんかつを食べて病気に勝つ」「俺は死なない。俺は元スーパースターだから」と落ち込むことはなかった。「あんたはもうすぐ死ぬの。死ぬってどういうことか分かってるの?」母は行き場のないいら立ちをわが子にぶつけた。母である玉井真理子さん(58)は信州大学医学部保健学科准教授で、生命倫理や臨床心理を専門としている。夫は日本ダウン症協会代表理事で、大正大学心理社会学部教授の玉井邦夫さん(60)である。「よく病人が明るかったり前向きだったりすると、周りはそれに励まされる、それが救い...
広告